« 豚インフルエンザ→新型インフルエンザへ | トップページ | 新型インフルエンザ/アメリカで感染爆発か? »

2009年4月28日 (火)

新型インフルエンザ/メキシコの医師からのメッセージ(必読!)

ワタシの信頼しているブログからです。

4/25 メキシコ国立衛生研究所の呼吸器と集中治療の専門医

「当地では豚インフルエンザは重大な事態となっている。集中治療室に次々と運ばれてくる患者の死を回避できない。医師も看護スタッフも賢明に頑張っているがどうすることもできない。実は、たとえ抗ウィルス治療とワクチンを大量に投与したとしても、まったく効果が出ていない。これは非常に恐ろしいことだ。私たち医師と医療スタッフへの感染リスクも高まっている。」
4/25 メキシコの大病院の医師

「メキシコ市はひどい状況だ。制圧できたなどというのは夢のまた夢の話だ。メディアはまるで真実を伝えていない。ワクチンはまったく効いていないし、公式発表では死亡者20名となっているが、実際は200名以上が亡くなっている。パニックを回避したい気持ちはわかるが、真実を発表しないとだめだ。」

4/25 オアハカ市在住

「とにかく真実の情報が乏しすぎる。近所では医者が死んで閉鎖された病院があるし、医療関係の友人が、オアハカでは19人が死んだと言っていた。
それなのに、この街はいつもの通りにパスや飛行機が行き交い、野球場は若者たちで満員だ。メキシコの経済状態が悪いのは知っている。これ以上悪化させたくはないのだろう。パニックを起こしたくない気持ちもわかる。でも、パニックは情報不足から起こるのだ。」

4/26 医師

「私はメキシコ州の医師だだが、以前から呼吸器感染症で死んだ若者たちが出ていた。しかし、それは政府の警報発令以前に起こったために必要な検査が行われなかったので報告されてはいないものだ。われわれ医師は、警報が発令される1週間前にはこれが起きていることを知っていて、ワクチン接種を受けるように言われた。 政府がパニックを引き起こしたくないのはわかるが、個人的には、警報を出すのが遅すぎた。」

4/27 北メキシコの医師

「私はワクチン管理の責任をもつ医師だ。この2週間、高熱、筋肉痛、咽喉炎、せき、の症状の患者を診るようになったが、私たちは豚インフルエンザのことを知らなかったので、その診断ができなかった。日曜日に最初の死人が出たが、今となってはあれがインフルエンザかどうか確かめる手段がない。今切実に欲しいものは、薬や医療器具だ。私たちはそれらを決定的に欠いている。薬局にはタミフルがないので、他の薬を代用しなければならない。

薬があれば人々を助けることができる。この地域のすべての医学界を代表し、我々が薬物療法を行えるようになることをお願いしたい。」
上記のブログを書いている人は、とても嘘を書いているような人ではありません。
言葉がありません。。。。。

« 豚インフルエンザ→新型インフルエンザへ | トップページ | 新型インフルエンザ/アメリカで感染爆発か? »

独り言」カテゴリの記事

コメント

いつも楽しく拝見しています。
 自分もいつか来るパンデミックに供えて、マスクを購入しました。しかし、メキシコだけに異常に死者が発生したことには理由が有るようです。

参照: 記事 メキシコ単身者の「豚インフルエンザ」罹患体験記 +
     http://www.mypress.jp/v2_writers/beep/story/?story_id=1827087

>愛読者さん

タミフルにしても、リレンザにしても、処方されて有効なのは、発症して48時間でしたっけ?

そうです、治療薬ではないのですからね。

世界的に見て、本当に心配なのは、途上国や貧困国と言われている国々に暮らす人々でしょう。

せめてワタシ達もマスクは用意しておかなければいけませんね。

実際に、ワタシの住むところのドラッグストアは、昨日夕方、マスクが入荷待ちになりました。
(すぐ入荷するとは思いますが。。。。)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/44822195

この記事へのトラックバック一覧です: 新型インフルエンザ/メキシコの医師からのメッセージ(必読!):

« 豚インフルエンザ→新型インフルエンザへ | トップページ | 新型インフルエンザ/アメリカで感染爆発か? »