« 中国経済特区の中で生きる人々 | トップページ | 100円ショップの物が中国では250円? »

2009年4月 9日 (木)

中国経済特区の中で生きる人々 その2

2009040417390000 路地裏商店街でのワンショット。

ホタテ1個が1元(約15円)、しかも殻なし。

ホタテを買いに来た人は、真剣にこのホタテを見比べています。

鮮度を見てるのかな?

いや

大きさを見てるんですよ。

ワタシには、この大きさの違いはわからなくらいです。

たぶん2ミリ・3ミリの大きさを見比べているのではないのでしょう?

恐るべし!

2008090620520000 こういったホタテが高級店に行くとこうなります。

20倍~30倍になった値段がついていますね。

だから、高級店ではお客が入れば笑いが止まりませんわな。

ケタの違うお金持ちが出てくるのも頷けます。

« 中国経済特区の中で生きる人々 | トップページ | 100円ショップの物が中国では250円? »

中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/44614550

この記事へのトラックバック一覧です: 中国経済特区の中で生きる人々 その2:

« 中国経済特区の中で生きる人々 | トップページ | 100円ショップの物が中国では250円? »