« 中国のファーストフード店(小籠包) | トップページ | ワタシの家の芝生 »

2009年5月 9日 (土)

新型インフルエンザ/違った視点から見てみる

とうとう、新型インフルエンザの国内感染者が出てしまったようですね。

まぁ、間違いなく出るのはわかっていた事なので、驚きはしませんがね。

ここで、ワタシが一番憂慮している事があります。

発熱者の診療拒否の事例が、相次いでいるという事です。

ワタシが憂慮するのは、病院が診療拒否をしている事じゃなくて、ひょっとしたら、一般の病院のほとんどが、新型インフルエンザに対しての診療対策を持っていない(勉強していない)のではないのだろうか?

と言うことなんですよ。

これは、国家・県・医師会などの上層組織がちゃんと指針を示して、一般病院に新型インフルエンザの診療対策を持ってもらうのが重要なんだと思います。

今回の新型インフルエンザが、比較的症状の軽いタイプだから、まだ良かったものの、強毒性と言われる鳥インフルエンザだった場合、現状の医療対策だったら、間違いなくアウトですよね。

それを考えると、本当にゾッとするんですよ。

やっぱり、この国の上層(国家・自治体・組織)は、なぁ~んにも役に立ちそうもないですな。

いつも言っているように、自分の身は自分で守るしかないと再認識してしまいました。

« 中国のファーストフード店(小籠包) | トップページ | ワタシの家の芝生 »

独り言」カテゴリの記事

コメント

「諸君、担当医は、院長命に背き患者の診察を放棄した。受け入れ態勢がないから医療は出来んと言って患者の診察を勝手に断りよった。これが病院か。病院は受け入れ態勢がなくても受け入れをしなければならないのだ。検査キットがない、やれタミフルがない、リレンザがないなどは診察を放棄する理由にならぬ。

(中略)

担当医には応召義務があるということを忘れちゃいかん。病院は公立である。市長が守って下さる・・・」

以下、訓示は一時間以上も続いたため、当直明け通常勤務後の残業の連続で、抵抗力の落ちている医師がウイルスに罹り、病気で抵抗力の落ちた入院患者および外来患者に伝染する事態となった。

…。
……。
………。

発熱外来に必要な物資を供給するために、その他の一般病院の方では供給制限をかけられた結果として、検査キット、リレンザ、タミフルといった物資が枯渇してしまったり、また、隔離室(一般の病室と別ルートの空調が必要)も確保出来ていなかったりするために、一般病院での患者の診察や治療が出来ない状態だったりします。

検査キットや薬が無かったら、診察も治療も出来ませんよね?

>都筑てんが さま

今回、危機管理の甘さが露呈している事を感じますね。

空港や港湾の水際作戦も結構ですが、その先の国内感染対策がホントお粗末です。

ワタシの住んでいる自治体に、新型インフルエンザ対策について電話したんですが、担当部署があってないようなもので、結局、保健所に電話してください。。。。などと言い出す始末です。

酷いモンです。。。。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/44948760

この記事へのトラックバック一覧です: 新型インフルエンザ/違った視点から見てみる:

« 中国のファーストフード店(小籠包) | トップページ | ワタシの家の芝生 »