« 自民・公明サンよ、100年安心の年金プランはどうなったの? | トップページ | ご乱心でござる~! »

2009年5月26日 (火)

カリフォルニアがえらいことになっとるでぇ!

2009年5月19日に米国のカリフォルニア州で行われた予算に関する住民投票で、大半が否決されたことにより、大幅な歳出削減を行わなければならなくなりました。

こちらなどによると、以下のようなもののどれかが(まだ決定していない)廃止、削減、あるいは実行されます。

教育
・大幅な教育予算削減
・授業の削減
・教育関係者数万人の削減


医療・生活保護
・低所得者に対しての医療保険の削除
・障害者に対しての医療保険の削除
・生活保護の廃止


消防員
・1700人の消防隊員解雇


州資産の売却
・フットボールスタジアム
・遊園地
・刑務所など


治安
・刑務所の閉鎖と売却
・重犯罪を除く約4万人の囚人を釈放

囚人の釈放はそれだけで、2億ドルの経費削減効果となるようなので、アメリカの他の州でも追従すれば、

囚人には夢のような話です。

しかも、再収監もされないようなら犯罪者パラダイスとしか言いようがないですね。

マッドマックスの世界が近いですね。

日本が同じようなことになるとは言いませんが、日本でも国や地方の税収入は大幅に減少することは避けられなく、部分的には似たような道を辿る可能性はあるかもしれません。

しかもわりとすぐに。(クレアなひとときより)

日本の地方自治体も、財政難のところがほとんどで、いつかこういった事が起きるとも限りませんねぇ。

アメリカのまねごと大好きのニッポンですから、なおさらですな。

« 自民・公明サンよ、100年安心の年金プランはどうなったの? | トップページ | ご乱心でござる~! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/45138575

この記事へのトラックバック一覧です: カリフォルニアがえらいことになっとるでぇ!:

« 自民・公明サンよ、100年安心の年金プランはどうなったの? | トップページ | ご乱心でござる~! »