« ワタシの中のトップ オブ ザ ギター | トップページ | 跳ね損なった跳ね馬 »

2009年6月12日 (金)

鳩山総務相が辞任(事実上の更迭)

鳩山邦夫総務相は12日午後、首相官邸で麻生太郎首相に会い、日本郵政の西川善文社長の続投に反対している問題にけじめをつける形で辞表を提出し、首相はこれを受理した。

事実上の首相による更迭だ。

鳩山氏の更迭で西川氏の進退問題はひとつの決着をみることになるが、問題への対応で混乱したとの批判は避けられず、同時に自民党総裁選から首相を支えてきた有力者がまた内閣を去ることで、衆院選を控え首相の求心力がさらに低下するのは避けられない。

一方「首相に罷免されることが分かっていても主張は変えないか」との質問には、「そうだ。そんなことで自分の信念を曲げたら男ではない。首相は(鳩山氏の主張を)分かってくださると信じている」と訴えた。

また「かんぽの宿」譲渡問題に関し「国民共有の財産が棄損されることを絶対許してはならない」とも強調した。

さらに、首相サイドが、西川氏の鳩山氏に対する謝罪で「手打ち」を図ろうとしていたことを明らかにし、「西川氏が謝るべきは国民に対してであり、私に対してではない」と、西川氏の謝罪では解決にならないことを指摘した。

(産経ニュース)

また本当の政治家(ちょっと風変わりでしたが)が抹殺されてしまいました。

正論がまかり通らない今の与党。

失望しました。

この件については、よほど大きな権力・金が蠢いているのでしょう。

これでもまだ、「今の与党に国政を任せておけば、将来のワタシ達は安心だ。」な度々思っている人がいるのでしょうかね?

私には、その心理がわからない。。。。。。

« ワタシの中のトップ オブ ザ ギター | トップページ | 跳ね損なった跳ね馬 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/45316887

この記事へのトラックバック一覧です: 鳩山総務相が辞任(事実上の更迭):

« ワタシの中のトップ オブ ザ ギター | トップページ | 跳ね損なった跳ね馬 »