« COLD STONE(アイス屋)に行ってみた | トップページ | ギターエフェクターですよ! »

2009年6月 8日 (月)

米国、「ランボー 怒りの脱出作戦」をリアルにやるのか?

【ソウル8日時事】

朝鮮中央通信は8日、北朝鮮の中央裁判所(最高裁に相当)が、拘束中の米国人女性記者2人に対し、12年の労働教化刑を言い渡したと伝えた。

オバマ米政権が北朝鮮の核実験を受け、テロ支援国再指定検討など制裁強化の動きを見せていることに反発した形だ。

今後、米国は身柄解放に向け、北朝鮮との交渉を働き掛ける方針だが、難航するとみられる。

この米国人女性記者2人は、政治的捕虜みたいなものでしょう。

さすが、じょんいる君、やる事が汚いですね。

場合によったら、映画「ランボー 怒りの脱出」バリの、リアルな作戦をしちゃうのでしょうかね。

チキンレース、どこまでエスカレートしちゃうんでしょうかね。

世界は混沌としてきています。

自分の感性を最大「ま~っくす!!」にして情報を判断しないといけませんね。

« COLD STONE(アイス屋)に行ってみた | トップページ | ギターエフェクターですよ! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/45276352

この記事へのトラックバック一覧です: 米国、「ランボー 怒りの脱出作戦」をリアルにやるのか?:

« COLD STONE(アイス屋)に行ってみた | トップページ | ギターエフェクターですよ! »