« 今の日本の閉塞感は、我々有権者の責任でもある | トップページ | ワレワレ庶民も目を覚ます時が来たようだ! »

2009年8月 2日 (日)

’92 ポルシェ911RSについて語る

P2150059 ’92 911RSもスポーツカーとして、良い車でした。

ワタシも、911RSは’92から’01まで9年間所有してましたから、良さはよくわかってます。

ワタシのRSは赤でした。

真っ赤なポルシェってのも、モモエちゃんが歌っていたように、結構田舎道などでも、絵になるモンです。笑

ぜい肉をそぎ落と計量化された肉体は、ライトウェイト?と思わせる動力性能を体感できました。

パワステなし、エアコンなし、アルミを多用したボディ、軽量フルバケットシート。

ほとんどサーキットユースを前提に設定された足回り。

一般道での走行では、胃下垂になるくらいのハードな設定です。

巨乳の女の子は、胸が弾んで痛いので、このクルマには乗りたくないと言われるありさまです。猛爆!

今では、ハードすぎて所有はしたくないけど、当時を思い起こせば、最高の車でしたな。

« 今の日本の閉塞感は、我々有権者の責任でもある | トップページ | ワレワレ庶民も目を覚ます時が来たようだ! »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/45809492

この記事へのトラックバック一覧です: ’92 ポルシェ911RSについて語る:

« 今の日本の閉塞感は、我々有権者の責任でもある | トップページ | ワレワレ庶民も目を覚ます時が来たようだ! »