« 食糧備蓄のススメ・・備えあれば憂いなし | トップページ | とある神社で見つけたシュールな案内板 »

2009年8月12日 (水)

とあるアマチュア地震予知研究者からのメッセージ

とある観測データが異常を繰り返し記録しているのは、これから起きる事態で、国内M6超、海外M7超が、まだ続々と発生することを示している。

もう、どうにも止まらないという感じ。

おそらく、M6~7が繰り返されながら、最終的に南海トラフ1707年地震の再現ということになるのだろう。

宝永時代も連日連夜揺れ続けていて、やがて天地を切り裂くような巨大地震が発生し、大津波で数万人が死亡した。

Mは8.7だったが、今回は9を超えるかもしれない。

1000年スパンのフォッサマグナ活動も重なっているし、同じく1000年スパンの中央構造線の動きもある。

結局、奈良時代に起きた超巨大地殻変動の再現になるかもしれない。

(東海アマ)

ワタシは、ここのHPを全て信頼しているわけではありませんが、後続があるだろうという観点では一致しています。

仮に、もう一発、駿河湾付近で、M6クラスが起きるとすれば、ほぼ間違いなく、東海地震に結びついてくると、結論付けてもいいかと思っています。

まず、三度目の正直にならない事を心配しています。

« 食糧備蓄のススメ・・備えあれば憂いなし | トップページ | とある神社で見つけたシュールな案内板 »

地震予知関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/45904436

この記事へのトラックバック一覧です: とあるアマチュア地震予知研究者からのメッセージ:

« 食糧備蓄のススメ・・備えあれば憂いなし | トップページ | とある神社で見つけたシュールな案内板 »