« 金融崩壊の時期が迫ってきているのか? | トップページ | 民主党 福島のぶゆき 当選祝勝会に行ってきた »

2009年9月10日 (木)

谷人事院総裁が辞任へ-公務員改革で対立

人事院の谷公士総裁(69)は10日、辞任する意向を固め、既に8月11日の人事院勧告後、辞表を内閣に提出していたことを明らかにした。

谷氏は時事通信の取材に対し、「公務員制度改革に関する私の主張に対し、事実に反する批判が相次いだため、機会をみて職を辞するつもりだった」と話した。

谷氏は、人事院の主要機能を内閣に移管し、各府省の幹部人事を一元化するという「内閣人事局」を新設する現内閣の方針に強く反発。

今年1月には政府の国家公務員制度改革推進本部への出席を拒否し、「政府の会議をボイコットした」などとして自民党内から辞任を求める声が相次いだ。

また、郵政事務次官退職後に民間企業、公益法人役員への再就職を繰り返した経歴が、典型的な天下りだとの批判も受けた。

今年5月には銃弾のようなものが同封され、辞職を迫る谷氏あての脅迫文書が同院に郵送される事件も起きており、同氏周辺は「心労が尽きなかったのではないか」と話している。(時事通信)

脅迫文書のような事はいけませんねぇ~

しかし、辞任でいいんじゃない?

別にあなた、必要ないから。。。。。

税金の無駄遣いも減るしぃ~

本当に今の国家を憂いている、中堅若手にでも任せなさい。

あなたはいらない。。。。。

« 金融崩壊の時期が迫ってきているのか? | トップページ | 民主党 福島のぶゆき 当選祝勝会に行ってきた »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/46173401

この記事へのトラックバック一覧です: 谷人事院総裁が辞任へ-公務員改革で対立:

» 谷公士 経歴 [芸能ニュースフラッシュ!!]
公務員制度改革に反対したことで与党内から辞任を求める声が上がっている人事院の.... 公務員制度改革に反対したことで与党内から辞任を求める声が上がっている人事院の谷公士(まさひと)総裁は2日午前、記者団に「当面は辞めるつもりはない」と述べ、辞任する考えがないことを強調した・・・・。誰が任命したん?こんなたちの悪い奴を!(続きを読む) 人事院総裁は渡りのプロ? 笑えない、税金泥棒の親分衆の一人だった谷公士人事院総... 人事院総裁は渡りのプロ? 笑えない、税金泥棒の親分衆の一人だった谷公士人事院... [続きを読む]

« 金融崩壊の時期が迫ってきているのか? | トップページ | 民主党 福島のぶゆき 当選祝勝会に行ってきた »