« 中国の売り上げが急減速している | トップページ | 今度はスマトラ島で大地震発生! »

2009年9月30日 (水)

諏訪の間欠泉って自噴じゃなかったのね

長野県の諏訪湖畔にある人気観光スポット、「諏訪湖間欠泉センター」(諏訪市湖岸通り)は10月1日から、間欠泉の噴出時間を30分から1時間早めることになった。

朝早くから行動したいという観光客や観光業者からの要望に応えた。

噴出時間はこれまで午前10時が最初で計6回だったが、来月から午前9時半、同11時、午後0時半、同2時、同3時半、同5時に変更する。5時からの噴出は10月~3月は休止となる。

センターの間欠泉は、もともと1983年に市が温泉掘削し噴出したもので、当時は高さ50メートルまで自噴で湯が上がり、世界でも有数の高さを誇ったという。1990年に観光客に楽しんでもらおうと諏訪市が同センターをオープンした。

しかし、その後、自噴は止まり、93年からはコンプレッサー(圧縮機)で圧縮空気を送って人工的に噴出させている。地震など自然現象によって湯量には増減があり、現在は人工噴出でも高さ3~13メートル程度にとどまっているが、若干持ち直しているという。

市観光課では「これをきっかけに観光客がまた増えてくれれば」と話している。問い合わせは同センター((電)0266・52・8282)へ。

(2009年9月30日16時13分  読売新聞)
2009082915020001
諏訪湖の間欠泉って、今は自噴じゃないんですねぇ。
8月に家族旅行で諏訪湖に行ったのですが、その時にも間欠泉を見てきました。
間欠泉の噴出時間がピタリと書いてあったので、「どこかで操作してるな」と話していたのです。
やはりそうでしたか。。。。
25年前に行った時の諏訪湖周辺は大観光地だった記憶があったのですが、今回行った時には何か寂れた感じがありましたな。
諏訪湖に泊まったのですが、病院のすぐ隣のホテル。
あのサービスで¥19,000近くは高すぎですね。
いくら夏休みでも高すぎる。
¥13,000が妥当な所ですね。
ちょっと残念に感じてしまったワタシでした。

« 中国の売り上げが急減速している | トップページ | 今度はスマトラ島で大地震発生! »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/46354011

この記事へのトラックバック一覧です: 諏訪の間欠泉って自噴じゃなかったのね:

« 中国の売り上げが急減速している | トップページ | 今度はスマトラ島で大地震発生! »