« テレビ・新聞よりも株式日記のコメントのほうが的を得ている | トップページ | 鳩山政権のひとつの試練・・JAL再建問題 »

2009年9月25日 (金)

両副国土交通相よ、駄馬を乗りこなせ!

馬淵澄夫(民主党)、辻元清美(社民党)両副国土交通相は24日、国交省職員らに就任あいさつを行った。

両氏とも舌鋒(ぜっぽう)鋭く自公政権を攻撃してきたため、職員らは戦々恐々だったが、「みなさんのお力をお借りしたい」と友好ムード。

省内には「拍子抜け」の雰囲気さえ漂った。

馬淵氏はゼネコン勤務経験などを振り返り「私は土木屋のはしくれ」と自己紹介。

「皆さんの協力なしにかじ取りはできない。今は同じ船に乗る同志として、国家の背骨をしっかりと形作りたい」と呼びかけた。

辻元氏も祖父がトラック運転手、伯父が船員だった思い出を披露して「皆さんの仕事に親しみを覚える」と述べ、「『脱官僚』という言葉はあまり好きではない。

政治家が悪かったんよ、と思う。

政と官のいいパートナーシップを築くきっかけの一人になりたい」と協調を呼びかけた。【毎日新聞・大場伸也】

お二人とも出だしは上々ですな。

駄馬も乗りこなしてなんぼ。

強力な武器になるかもしれません。

辻元氏は個人的には好きな政治家ではないけど、「政治家が悪かったんよ」との発言は、「そうかもなぁ~」と思いますよ。

延々と続いた旧政権が、官僚に依存しすぎた為に起きた現在の官僚機構だとも言えます。

官僚本来の立位置に戻してやれば、けっこう彼らも仕事をするかもしれません。

まぁ~定年真近、天下り目前の腐れ官僚には無理かもしれませんが。。。。

« テレビ・新聞よりも株式日記のコメントのほうが的を得ている | トップページ | 鳩山政権のひとつの試練・・JAL再建問題 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/46306063

この記事へのトラックバック一覧です: 両副国土交通相よ、駄馬を乗りこなせ!:

« テレビ・新聞よりも株式日記のコメントのほうが的を得ている | トップページ | 鳩山政権のひとつの試練・・JAL再建問題 »