« プロのドラム奏者のスティック(必見!!) | トップページ | 両副国土交通相よ、駄馬を乗りこなせ! »

2009年9月24日 (木)

テレビ・新聞よりも株式日記のコメントのほうが的を得ている

八ツ場ダム建設中止問題では前原国土交通大臣が中止の決断を下しましたが、当初は地元が建設反対でゴタゴタして、今度は国が建設中止を決断すると地元が反対している。

もめるのは仕方がないにしても構想から現在に至るまで60年も時間がかかっている。

60年も経てば当時は必要だった事業でも時代が変われば必要なくなり自然を守る事が大切になってきている。

同じような問題は成田空港でも同じであり未だに完成していない。

国の政治力の無さと一坪地主の反対で滑走路がなかなか完成しない。

八ツ場ダムにしても成田国際空港にしてもどうしてこれほど揉めるのだろうか?

以前は全学連の反政府運動の象徴となりヘルメット姿の学生が反対運動を繰り広げた。

マスコミはそれを煽ってTBSなどは全学連に協力して処分されたほどだ。

建設を決めても予定年度内に出来なければ途中でも建設を中止して止めるようにしないと、出来た時には必要がなくなっている事になるだろう。

橋や道路も同じであり50年60年経っても出来ないものは元々必要も無いから出来ないのだ。

成田空港もパンク状態なのですが地元が反対するのならば途中でも建設を中止して東京湾のど真ん中に作ればいいのだ。

地元も地元でゴネまくれば補償金が積み上げられて地元にばら撒かれる。

八ツ場ダムにしても当初は2100億円のダムが工事の延期で4800億円に膨らみ、完成した頃には1兆円になっているだろう。だから建設するといえば反対し、建設を中止すればそれにも反対するのだ。

要するに地元に国から補償金をどれだけ引っ張ってくるかが問題なのだ。

成田だって国が廃港にすると決断したら地元は反対するだろう。


前回の参院選挙や今回の衆院選挙で自民党が大敗したのは、公共事業によるバラマキ政策が限界に来ているということであり、国がいくらカネをばら撒いても建設業者や農協などの中間利益団体が吸い取ってしまって末端に届かないから地方が疲弊してしまっている。

つまり所得の再分配システムが自民党方式では上手く行かなくなって来ていると言うことだ。

トリクルダウンとは「しずくが下にしたたり落ちる」という意味ですが、中間利益団体がみんな吸い上げてしまって途中で消えてしまう。

企業減税で大企業はバブル期以上の利益を上げても従業員の給与には反映せず株主報酬や役員報酬に消えてしまう。

小泉竹中内閣では派遣の規制緩和をしたからよけいに格差が広がってしまった。

民主党が選挙で大勝利するようになったのは、自民党のバラマキ方式が上手く行かなくなったからであり、民主党のバラマキ方式は中間利益団体を経由せずに直接国民にばら撒くという方式だ。

農家への戸別所得補償もそうだし子育て手当てによる年間31万円の給付も同じだ。

消費が低迷している以上は国民に直接配った方が消費は増える。

自民党のバラマキ方式の公共工事も法人への減税も景気には機能しなくなった。

それに対して民主党方式のバラマキはいくらでも出来る。問題は財源ですが、今まで利益を得てきた中間利益団体に吐き出してもらう必要があるだろう。

天下り団体への予算配分も減るだろうし公共事業も減る。

だから農協も土建屋も倒産するが農民は戸別所得補償で利益を得る。

この戦略を編み出したのが小沢一郎であり、自民党の弱点を突く戦略だった。

農協や土建業者はもはや集票組織としては弱体化してしまった。農業補助金はみんな農協に消えてしまうし公共事業は土建業者に行ってしまって地方は疲弊してしまった。

それに対して戸別所得補償や子育て支援は景気対策であると同時に選挙対策としても非常に上手く行った。

自民党も補正予算を組んで15兆円の景気対策を打ちましたが、自動車メーカーや家電メーカーは潤っても国民には直接は回っては来ない。

自動車メーカーも家電メーカーも利益を独占してしまって派遣切りなどで従業員などの平均給与は下がる一方だ。

自民党議員は二世議員や古手議員ばかりになって民衆の怒りに鈍くなってしまって、真剣に雇用対策に手を打っているとは思えない。

副島氏が指摘しているように小池百合子議員のように地元の選挙区でも危なくなっていることに気がつくのが遅すぎた。

自民党はどうして国民の怒りに気がつかないような政党になってしまったのだろうか?

農協の幹部達は農業などやってはおらず、全国の駅前の、ビル持ち、土地持ち、アパート経営者で、金融資産家みたいなやつらだそうです。

だから専業農家と農協との利害対立は大きくなっているのであり、農協は兼業農家のための団体だ。

兼業農家にしても一人45万円ずつ配ると言えば民主党に票が流れる。

このように民主党のバラマキ方式で選挙で大勝利しましたが、本当に子供一人に31万円も配れるのだろうか?

農家にも45万円ずつ配れるのだろうか?

もし実行できなければ嘘をついたとして叩かれるだろう。

今まで自民党が配ってきたところから財源を回して捻出する必要がある。

それが八ツ場ダムの建設中止の意味だ。

(株式日記)

偏ったマスコミ報道を見ているより、「株式日記」のほうが的を得てるね。

ちなみにワタシは新聞は取っておりません。ハイ。。

« プロのドラム奏者のスティック(必見!!) | トップページ | 両副国土交通相よ、駄馬を乗りこなせ! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

今日も障害者ナンタラ協会で補助金使い込みが発覚し逮捕されたニュースが流れていましたが、最終的に政治献金にも流れていた事が判明したとの事で呆れ返っていましたが、当の政治家や秘書は連絡が取れず雲隠れしているとの事…
所詮、自民党政治は国民の血税をタライ回しして貪っていた事が明らかになりました。
八ツ場ダムも政官業の血税むしりの成れの果てだと云う事は明確ですからメディアがナンボ愚策を練ろうとも国民は騙されません。
全国メディアは報道しませんが八ツ場ダムには七つから八つの天下り団体が関係し町会議に至るまで血税を貪っている事は明らかになっています。また、テレビに出ていた素人風住民が実は町会議員だった事も明白になりました。
ヤッテラレマセン…

>よんじゃるさま

””全国メディアは報道しませんが八ツ場ダムには七つから八つの天下り団体が関係し町会議に至るまで血税を貪っている事は明らかになっています。また、テレビに出ていた素人風住民が実は町会議員だった事も明白になりました。””

こりゃぁひどいですねぇ。

マスコミじゃなくてマスゴミですね。

こういった手法で世論誘導なんて、汚いですね。

世の中の旧政権の毒気を抜くのには時間がかかりそうですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/46299920

この記事へのトラックバック一覧です: テレビ・新聞よりも株式日記のコメントのほうが的を得ている:

« プロのドラム奏者のスティック(必見!!) | トップページ | 両副国土交通相よ、駄馬を乗りこなせ! »