« 相模湾周辺での極小規模地震が増えている | トップページ | 中国の売り上げが急減速している »

2009年9月30日 (水)

南太平洋・サモアでM8.3の巨大地震発生!

【読売シドニー支局】

29日午前6時48分(日本時間30日午前2時48分)ごろ、南太平洋の米領サモア諸島沖でマグニチュード8・3の強い地震があった。

米地質調査所(USGS)によると、震源は同諸島ツツイラ島の南西159キロ地点で、深さは約33キロ。

ハワイの太平洋津波警報センターは、米領サモアのパゴパゴで1メートル60センチ、サモアの首都アピアで70センチの津波を観測した。

ロイター通信によると、米領サモアを襲った津波で14人の死者が出たとのラジオ報道があるほか、ニュージランド・ヘラルド紙(電子版)は、サモアのウポル島南東部の村で約40人が死亡したとの未確認情報があると報じている。

巨大地震が発生しました。

被災地の方々には心よりお見舞いを申し上げます。

M8オーバーの地震なので、地震の揺れは地球全体に広がります。

日本においても、相模湾をはじめ、大地震の可能性のある地域にとっては、心配のレベルがひとつ上がる地震です。

スマトラ沖地震のように、未曾有の被害にならない事を祈ります。

« 相模湾周辺での極小規模地震が増えている | トップページ | 中国の売り上げが急減速している »

地震予知関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/46351572

この記事へのトラックバック一覧です: 南太平洋・サモアでM8.3の巨大地震発生!:

« 相模湾周辺での極小規模地震が増えている | トップページ | 中国の売り上げが急減速している »