« 「しがみつかない生き方」だそうでございます | トップページ | 古いポルシェパラノイアですが何か? »

2009年9月12日 (土)

人間のクズ

人はここまで破廉恥になれるものか。

衆院選後にバタバタと「駆け込み」天下りに走った揚げ句、次々に「玉突き」人事をやった農水官僚OBたちのことである。

発端は、7月に退任した林野庁の内藤邦男・前長官(56)の天下り人事。

今月1日付で所管の独立行政法人「農畜産業振興機構」副理事長に就任すると、ハジき出された前任の高橋賢二・元農水技術会議事務局長(57)が、財団法人「日本食肉流通センター」理事長に転職。

それで、前任の山本徹・元林野庁長官(66)が財団法人「日本穀物検定協会」会長に横滑りした。

最後にポストを追われた前任会長の浜口義曠・元事務次官(76)は、年も年だし悠々自適のセカンドライフだ。

どいつもこいつも前任者の任期途中での交代だから「駆け込み」が狙いなのはミエミエ。

玉突きに見せかけて、レッキとした「渡り」である。

農水省では2日付で白須敏朗・前次官(58)も、所管の社団法人「大日本水産会」会長に納まったことが発覚している。

今回の「駆け込み」「玉突き」で、連中はいくらカネをせしめるのか。

「まず内藤、高橋、山本各氏の“玉突きトリオ”ですが、天下り法人での諸手当も含めた役員報酬は、年1600万~1900万円程度とみられています。白須前次官は年1800万円。任期はいずれも2年なので、4人合わせて約1億5000万円です。また、白須氏は事務次官の退職金7000万円、内藤氏は林野庁長官の退職金6000万円を受け取る。8年近く天下り法人会長に君臨した浜口氏は約3000万円。高橋氏、山本氏は2人で2000万円程度とみられ、今回のドタバタ人事だけで、計3億3000万円が、彼らのフトコロに入る計算になります」(霞が関事情通)

もちろん、カネの出どころはほとんどが国民の税金だ。

民主党はこいつらを何とかしなきゃダメだ。

(日刊ゲンダイ2009年9月9日掲載)

ワタシも、人様に何か言えるほど、立派な事をしてきた人間じゃぁありません。

悪い事も沢山してきた人間でございます。

しかし、そんなワタシでさえ「こいつら人間のクズだ」と言える奴らがいますな。

上記の記事のような人間達でございます。

« 「しがみつかない生き方」だそうでございます | トップページ | 古いポルシェパラノイアですが何か? »

心と体」カテゴリの記事

コメント

科学技術費や科学研究費は無駄遣いそのものでまったくいらない。そもそも昔から日本では国民が科学をまったくできない状態が続いている。つまり、日本では国民に対して科学が全く解放されていない。科学者のふりをするのは特権階級の大学教授や理化研のような汚職研究所員に限られている。それも莫大なカネを国民からふんだくるだけで、自分は名前を載せるだけで研究していない。日本では学生の結婚を破壊したり就職を破壊したり悪事の限りを犯す大学教授が暴力団組長として犯罪権力をふるっているのである。こんな最悪の日本では科学研究費はヤクザのタカリと同じである。科学が大学人や研究所員のクイモノにされている最悪のこの国に科学技術費も研究費もまったくいらない。

>清子さま

メッセージありがとうございます。

>自分は名前を載せるだけで研究していない。

この事は私も経験がありますから良くわかります。
確かに何か大きな権力などが蠢いている感じはありますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/46189074

この記事へのトラックバック一覧です: 人間のクズ:

« 「しがみつかない生き方」だそうでございます | トップページ | 古いポルシェパラノイアですが何か? »