« アメリカ大暴落説の可能性について | トップページ | 前原国交相 八ッ場ダムの建設中止を明言 現地視察の方針 »

2009年9月17日 (木)

「密約」調査、次官に命令…岡田外相

岡田外相!!次官に命令!!!

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

核持ち込みや沖縄返還に関し日米間に「密約」があったとされる問題で、岡田外相は17日未明、外務省の藪中三十二次官に対し、国家行政組織法に基づき、11月末までに徹底調査し、報告するよう命じた。

対象となるのは、〈1〉1960年の安保条約改定時に交わされたとされる核持ち込みに関する「密約」〈2〉朝鮮半島有事の際の戦闘作戦行動に関する「密約」〈3〉72年の沖縄返還時に交わされたとされる有事の際の「核持ち込み」に関する「密約」〈4〉沖縄返還時の原状回復補償費の肩代わりに関する「密約」――の4分野。

調査は当面、職員が省内などに残されている資料を調べる。

さらに、外部の有識者を交えた調査委員会を設置し、「密約があった」と証言しているOBからの聞き取りや、米国での調査も実施するとした。

外相はこれに先立ち、首相官邸で記者会見し、「外交は国民の理解と信頼に裏付けられる必要がある。

密約問題は早期に事実を解明する責任がある」と述べた。

(読売新聞)

早速、岡田外相がやってくれましたね!

長期に続いた旧政権の国民不在の傲慢政治にメス!

真実を教えてくだされ~!!

« アメリカ大暴落説の可能性について | トップページ | 前原国交相 八ッ場ダムの建設中止を明言 現地視察の方針 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/46233415

この記事へのトラックバック一覧です: 「密約」調査、次官に命令…岡田外相:

« アメリカ大暴落説の可能性について | トップページ | 前原国交相 八ッ場ダムの建設中止を明言 現地視察の方針 »