« 娘(中2)の焼いたバナナマフィン | トップページ | 新型インフルエンザ/毒性変化の懸念 »

2009年10月15日 (木)

埋蔵金はやはりあった!///長文失礼!

霞ヶ関埋蔵金の事は2,3年前から話題になっていますが、与謝野財務大臣がその存在を否定するなどしてよく分からないのですが、今日の朝日新聞の記事によれば公益法人に2400億円もの埋蔵金が隠されていたそうです。

埋蔵金そのものは景気対策の補正予算にも使われていたからちゃんとあるのでしょうが、全体の規模はまだよくわかりませんが100兆円以上あるらしい。

独立行政法人などに預けられている基金が使いきれずに貯まっているのでしょう。

一般会計と特別会計とあわせると444兆円にもなるそうですが、一般会計の88兆円の国家予算は大赤字なのに特別会計は余剰金を出すほど余っている。

中には無駄使いしているのもかなりあるから埋蔵金が100兆円という説があってもおかしくは無い。

特別会計と言うのは使い道が決まっていると言う事で特別会計と言うのだそうですが、多くが年金や保険などの積立金だ。

それらを除いた基金といった形で繰り越されて積み立てられているのを純粋の埋蔵金と言うのですがどれくらいあるのだろう。

毎年10兆円の使いきれない金が出ていると言う事ですが、これなら消費税を上げなくとも済みそうな感じだ。

公益法人にも国からの補助金が出ていますが、その使い残しが数千億円残っている。

独立行政法人や公益法人などは枠は出来るだけ多く取りたいし、使うのは少なく使おうとするから使い残しが出る。

会計検査院などが毎年検査しているのかと言うとそうではなく、参議院からの要請で調べたら2400億円出てきたと言うのだからあきれます。

問題なのは自民党政権時代に担当大臣たちは何をしていたのかと言う事です。

与謝野財務大臣のように「埋蔵金は絶対に無い」と否定したのは官僚たちの意見を代弁したものなのか、本人が全く知らなかったのか、それとも惚けていたのかはわからないが、予算を担当する大臣でありながら予算業務の事は分からないのだろう。

与謝野大臣は自民党内では随一の政策通と言われてきた人ですが、それでも事務次官から埋蔵金はないと言われれば「絶対に無い」と言うしかないのだろう。

調べようにも政府が調べる気が無いのだから調べようが無い。

今回の政権交代で民主党政権ではこのような隠された部分を解明するのが役目であり、パンドラを箱を開けることが民主党の役割だ。

独立行政法人や公益法人や天下り先機関は増える一方であり、官僚は天下り先を作る事が仕事のようになってしまった。

予算や補助金を持参金代わりに交付するのでしょうが、これでは国家予算がパンクするのは当然だ。

だから財務官僚たちは消費税の税率を上げる事に必死ですが、税収が上がってもそれだけ補助金や基金として消えていくだけなのだろう。

天下りを無くそうというのは公務員制度全部を変えないと出来ませんが、民主党にそれが出来るのだろうか?

自民党では長期政権で政官が一体になってしまったから公務員制度改革は頓挫してしまった。

しがらみの無い民主党で無ければ出来ませんが、ずる賢い官僚たちに丸め込まれてしまうのは時間の問題だろう。

********************

今のところ前原国土交通大臣ががんばっていますが、原口総務大臣や藤井財務大臣などは官僚たちに丸め込まれているような気がする。

長妻厚生労働大臣も孤立無援で補正予算の切込みが出来ずに立ち往生している。

補正予算の切り込みも大事なのですが、臨時国会対策など大丈夫なのだろうか? 多くの法案の改正成立が必要なのですが大臣、副大臣、政務官と補正予算の切り込みに時間を使いすぎているような気がする。

予算をいじるとなると金が絡む問題だから日本中が大騒ぎになる。

陳情団が民主党に押しかけているし、前原流のトップダウンの決断も関係者の話を聞いてからにしろと苦情が出ている。

無駄使いをカットするにしても関係団体からの反対運動が大きくなるだろうし、やらなければ民主党への失望感が強まる。

江田憲次議員が言うように、国家経営の大リストラは国民の支持がなければ出来ないし、民主党も官僚の抵抗を押し切るにはかなりの蛮勇が必要だ。

一番たちが悪いのは強いものの味方であるマスコミだ。

マスコミは記者クラブで官僚たちからコントロールされた存在であり、官僚の利権に踏み込むには官僚を敵にする覚悟がいるが、記者クラブ頼みの取材しか出来ないマスコミには無理だろう。

(株式日記)

やはり政権交代しないと、こういった事は判らないのですね。

そこまで、自民党政権は腐れ官僚に支配されてきたのか。。。。。

自民党政権の頃だったら、ワタシだって大臣になれますわな。

官僚の言いなりになって発言していれば良いんだからね。

現鳩山政権の大臣達は、本当に苦労しているのでしょうね。

ワタシが見た所、前原国土交通大臣は「命賭けてんなぁ~」と思います。

原口総務大臣や藤井財務大臣などは官僚達に、いい感じに丸め込まれているような気がしますな。

長妻厚生労働大臣も孤立無援、「もっと援軍を送ってやれよ!」と思う事がしばしばあります。

何から何まで解っている人はいないのだから、大臣周辺にその道に秀でたブレーンをもっとしっかりおくべきです。

そうでないと、せっかくの政権交代が腐れ官僚達の悪知恵に押しつぶされてしまいます。

頑張れ!!鳩山政権!!!!

民意は鳩山にアリ!

腐れ官僚どもにはナシ!!

« 娘(中2)の焼いたバナナマフィン | トップページ | 新型インフルエンザ/毒性変化の懸念 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

長妻大臣は可哀想ですね。厚生省と労働省とを
一人の大臣が担当するのは普通でも大変ですが、民主党は社会福祉を掲げて政権交代を果たしたのですから余計に責任と仕事量は増えます。民主党は何故厚生労働省に人員を増やさないのか不思議でなりません。少しは気を配れよ!という感じです。

>よんじゃるさま

最近の長妻厚生労働大臣の疲れた顔をテレビで見るたびに、どえらい壁が目の前にあるんだろうなぁ~と感じます。

厚労省の中をもう少し区分けして、数名で各部門の担当大臣のようにすると良いのですがね。

このままでは長妻大臣、過労・心労で倒れるよ。

心配です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/46492303

この記事へのトラックバック一覧です: 埋蔵金はやはりあった!///長文失礼!:

« 娘(中2)の焼いたバナナマフィン | トップページ | 新型インフルエンザ/毒性変化の懸念 »