« 台風18号が気になる | トップページ | (´Д`)ノ チャイニーズスタンダードってか »

2009年10月 6日 (火)

亀井金融担当相 「家族間の殺人事件増加」で経団連を批判

亀井静香金融・郵政担当相は5日、東京都内で行われた講演会で、「日本で家族間の殺人事件が増えているのは、(大企業が)日本型経営を捨てて、人間を人間として扱わなくなったからだ」と述べ、日本経団連の御手洗冨士夫会長に「そのことに責任を感じなさい」と言ったというエピソードを紹介した。御手洗会長は「私どもの責任ですか」と答えたという。

会員制情報誌「内外ニュース」主催の講演会で述べた。

亀井担当相は御手洗会長との会談時期については明らかにしなかったが、関係者によると、8月の衆院選前とみられる。

亀井担当相は講演で「昔の大企業は苦しい時に内部留保を取り崩して下請けや孫請けに回した。

今はリストラだけをしている」と話し、昨秋以降の経済危機で、派遣契約解除などをした大企業の批判を展開。

「(大企業が)小泉改革に便乗して日本型経営を捨てたことが社会をおかしくした。

責任を感じなければだめだ」と企業の経営姿勢や経団連を批判した。

【毎日新聞】

_72 亀井金融担当相の言う事にも一理ありますな。

確かに小泉・竹中路線を支持した経団連(大企業)は、働くもの不在のやり方でした。

企業が儲かれば、それでいい。。。って考え。

竹中さんが言っていた、「企業が儲かれば末端まで潤う」。

しかし、その考えの末端までの配慮・考えはなかった。

国民は騙されたのですな。

だから現状の今がある。

今の庶民の現状を、御手洗さんには理解できないでしょうな。

« 台風18号が気になる | トップページ | (´Д`)ノ チャイニーズスタンダードってか »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

現在でも、小及び弱小企業は従業員の生活にも責任を持つのが経営者だ!という理念を持っている経営者は大勢居ますが、中から大そして大大企業になるにつれ資本主義一辺倒で従業員に責任を感じる経営者は少なくなっていきます。
結局、ゼニコ第一主義で従業員の生活や人生に思いを寄せる矜持を持った経営者が減って行きます。
使い捨ての道具ぐらいにしか思っていないのでしょう…
企業理念をもう一度思い起こし考え直しをして欲しいですね。

>よんじゃるさま

大企業は企業の利益還元を、もう少し従業員サイドに回しても良いかと思いますね。

利益を上げていくのは、もちろん経営方針や経営手腕もあるでしょうが、従業員が必死になって働くからこそ、利益が生まれてくるのです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/46410019

この記事へのトラックバック一覧です: 亀井金融担当相 「家族間の殺人事件増加」で経団連を批判:

« 台風18号が気になる | トップページ | (´Д`)ノ チャイニーズスタンダードってか »