« 新型インフルエンザ/毒性変化の懸念 | トップページ | ちょいと出かけてくるニダ! »

2009年10月16日 (金)

鳥インフルエンザを忘れていないかい?

農林水産省は16日、埼玉県越谷市の「宮内庁埼玉鴨場(かもば)」で飼育されているアヒルやカモの一部から、鳥インフルエンザが疑われるウイルスが見つかったと発表した。

ウイルスの型は確定していないが、高病原性の可能性もある。高病原性鳥インフルエンザへの感染が確認されれば、今年2月の愛知県豊橋市のウズラ飼育農場以来となる。

農水省によると、14日から県が実施していた鳥インフルエンザに関する定期検査で、カモなどの一部が陽性の反応を示した。現在、動物衛生研究所(茨城県つくば市)で詳細な検査を進めている。

赤松広隆農水相は16日の閣議後会見で、高病原性と確認された場合は「直ちに対策本部を立ち上げたい」と述べ、適切な対応を取る姿勢を強調した。

(時事通信)

「新型(豚)インフルエンザ」のおかげで、すっかり隠れてしまっていた「鳥インフルエンザ」。

なにやら、怪しげな気配が出てきています。

鳥インフルエンザは強毒性といわれるタイプで、ヒト→ヒトへの感染が始まったら、今の新型インフルエンザの比じゃなく致死率が高そうです。

徹底した防疫体制をして欲しいものです。

そして、嘘偽りのない情報公開が必要です。

« 新型インフルエンザ/毒性変化の懸念 | トップページ | ちょいと出かけてくるニダ! »

独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/46500154

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥インフルエンザを忘れていないかい?:

» Chi-ki.info 地域情報サイト『チーキ』 かい [Chi-ki.info 地域情報サイト『チーキ』]
名前:かい 電話:029-851-3786 住所:茨城県つくば市東新井28-4 [続きを読む]

« 新型インフルエンザ/毒性変化の懸念 | トップページ | ちょいと出かけてくるニダ! »