« キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! 「霞が関」は大ばか | トップページ | 著名資産家 ジョージ・ソロス氏のお言葉 »

2009年10月31日 (土)

金融 タイムリミット迫る

30日(金曜日)夜に9行(米銀行)が経営破綻しこれで今年に入り115行が破綻した事になりますが、この破綻リスクがじわりじわりと主要金融機関に波及してきており金曜日のニューヨーク株価市場が急落したものです。

今金融市場では二つの『シティ』問題があり一つは週明けにも破産法を申請すると言われており、問題はありませんがもう一つの『シティ』は大きくて潰せないとあぐらをかいている間に不良債権が急増し、この10ー12月期に一兆円もの損失を計上するのではないかとも言われており、かさ上げ決算でこの有様ですから、もしまともな決算をすれば数兆円の赤字を計上する事態になり一気に経営危機に陥ります。

今アメリカだけでなく世界中の金融機関は薄氷の上に立っているようなものであり一旦どこかで亀裂が走れば全ての金融機関が水面下に沈む事になります。

地銀の破綻が準主要金融機関に波及するのも時間の問題でありこれが主要金融機関に波及すれば世界中の金融システムは止まります。

チックタック、チックタックと時計は『時』を刻んでいます。

(Nevada)

世界の金融システムは、上記のように”薄氷の上”の状態であることには間違いなく、その事実は必ず自分たちにも影響します。

ワタシが以前から言っている、年末に訪れるであろう「阿鼻叫喚生地獄」。

金融システムの崩壊が、阿鼻叫喚生地獄へのプロローグになるかもせれませんな。

« キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! 「霞が関」は大ばか | トップページ | 著名資産家 ジョージ・ソロス氏のお言葉 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/46634022

この記事へのトラックバック一覧です: 金融 タイムリミット迫る:

« キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! 「霞が関」は大ばか | トップページ | 著名資産家 ジョージ・ソロス氏のお言葉 »