« シャコバサボテンを頂いたのだ | トップページ | 外務省貯蔵ワイン7千本、在庫削減へ »

2009年11月13日 (金)

一人親世帯の54%「貧困」=先進国で最悪-厚労省調査

厚生労働省は13日、世帯主が18~64歳で子どもがいる世帯の相対的貧困率が2006年時点で12.2%だったと発表した。

このうち、一人親世帯の相対的貧困率は54.3%に上った。記者会見した山井和則政務官は「経済協力開発機構(OECD)に加盟する先進30カ国中最悪の水準で、恥ずかしい数字だ」と語った。

一人親世帯の過半数が「貧困状態」という結果について山井氏は、「子どもを抱えながらでは正社員になれず、パートなどで勤務している母子世帯が多いため」と分析。

「労働者派遣法の改正や子ども手当などで改善に取り組む」と語った。

(時事通信)

このような数字に誰がした?

このような世の中に誰がした?

そうです、旧政権の自民党デス。

今の世の中のシステムを推進し作ったのは自民党デス。

« シャコバサボテンを頂いたのだ | トップページ | 外務省貯蔵ワイン7千本、在庫削減へ »

独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/46753492

この記事へのトラックバック一覧です: 一人親世帯の54%「貧困」=先進国で最悪-厚労省調査:

« シャコバサボテンを頂いたのだ | トップページ | 外務省貯蔵ワイン7千本、在庫削減へ »