« 愛媛県西条の「たぬきまんじゅう」を食べてみた | トップページ | シャコバサボテンを頂いたのだ »

2009年11月12日 (木)

中国のパン屋の話

2009070509570000 中国のとある経済特区にあるパン屋さんです。

現地では有名店らしいです。

これは台湾に近い中国経済特区での話です。

現地の中国人は、何かの食品を扱う店(パン屋のようなお店やレストランなど)をまず見る場合、経営者は誰か?というのをよく聞くことがあるそうです。

オーナーは中国人?台湾人?韓国人?ってな具合にデス。

先入観の評価として、台湾人や韓国人のお店は大丈夫。のような先入観があるようです。

写真のパン屋も経営者は台湾人。

安心して清潔で美味しい物が買える。。。。と現地の人は言います。

それだけ自国のオーナーのお店は、信用されていない傾向があるようです。

全てではないと思いますが、ワタシの何度か行っている訪中の際にも、経験している事です。

「台湾人のお店はきれいで、美味しいものを売っています。」とよく言われますよ。

自国のお店をあまり信用していないなんて、なんだかなぁ~と思った次第でございます。

*全てがそうだとは申しておりませんです。誤解のなきように。。。。

« 愛媛県西条の「たぬきまんじゅう」を食べてみた | トップページ | シャコバサボテンを頂いたのだ »

中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/46743428

この記事へのトラックバック一覧です: 中国のパン屋の話:

« 愛媛県西条の「たぬきまんじゅう」を食べてみた | トップページ | シャコバサボテンを頂いたのだ »