« 蓄熱暖房って知ってる? | トップページ | ワタシの家の「光モノ3兄弟」 »

2009年11月22日 (日)

60年 VS 2か月

しかし、新政権が誕生して何日経つというのか…?経ったというのか…?メディアを始めとして野党や胡乱な輩が民主党の政策決定途中経過を見て決定結果論の如く総攻撃をしているが、私から云わせれば、まだ、「何日しか経っていないんだよ…まだ、決定ではないんだよ…これから詰めていくんだよ…」と云いたい。(外国人参政権付与問題を除けば)

よく、失われた10年とか20年とか云われるが、私から云わせれば失われた30年だと思っている。そもそも、バブルを仕掛けるべく動き出した30数年前の政治政策決定過程から日本の富国政治というものは空洞であったように思う。国の800兆円を超す借金の増え方を見れば一目瞭然である。

バブルで最終的に得をしたのは誰だったのか…?バブル崩壊で得をしたのは誰だったのか…?失われた10年でバブルで得た日本資産は何処へいったのか…?日本企業資産が喰い潰された後に仕掛けられた郵政民営化の真の目的は何だったのか…?その結果として日本社会の現状はどうなっているのか…?政権交代は何故?起きたのか…?政権交代が起きて何が変わろうとしているのか…?等々、大局的視点で政治を見つめ振り返れば長期政権自民党下に於ける政官財業メディアが癒着一体と為って行なってきた戦後政治の腐敗はいつから起きたのか…?何故?起きたのか…?背景には何が在ったのか…?結果として日本社会はどうなったのか?

国民は冷静に振り返り見つめ直し新政権をどのように育て監視していくのか考えなければ為らない。目先の揚げ足取りで右往左往しても何の解決にも為らない事を自覚すべきだろう。

よく、民主党批判の中に経済戦略が無いと云うが、では、これまでの自民党政治で経済は良くなったのか…?国民は疲弊しなかったのか…?格差は拡がらなかったのか…?等々考えれば60数年対2ヶ月である…新しい政治の在り方を試行錯誤して努力している事は明らかなのに‥何を部分的に抜き出して鬼の首でも獲ったように誇らしげに責める理由が何処にあろうか…!余りにも稚拙過ぎて開いた口が塞がらない…

と、云いつつも民主党のバラバラでフラフラの視点の定まらない現況は確かに国民に不安を抱かせるものではある。

60数年の弊害を引き継ぎ立て直すのだから少々の強引さは必要である。4年間の国民との約束であるマニフェスト政権公約を強引に推し進める力強さを見せて貰いたい…!

ひとりよがりごとのつぶやき

(なんでんかんでん)

上記記事にもあるように、60年対2カ月でっせ。

それで今、結果を民主党に求めて行くってのは、ちと酷ってモンでしょうよ。

バラバラ・フラフラに感じるのは、民主党政権の中にも、長期自民党政権が続いたために、激変させることに戸惑いを感じている人もいるのではないのでしょうかね。

例えば「こんな事、俺が仕切っちゃっていいわけ?」って感じ。

または

「日本の歴史を変えちゃうけど、そこに俺が出ちゃっていいわけ?」などと感じてもおかしくはないですわな。

しかし、ワタシは言いたい。

「歴史を変える為に仕切っちゃっていいのはあなたです。」

「やってみはなれぇぃ~」

ワタシはそれを見届けたい。。。。

« 蓄熱暖房って知ってる? | トップページ | ワタシの家の「光モノ3兄弟」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/46831456

この記事へのトラックバック一覧です: 60年 VS 2か月:

« 蓄熱暖房って知ってる? | トップページ | ワタシの家の「光モノ3兄弟」 »