« 『脱官僚』『脱官僚依存』『天下りや渡りの禁止』の理解 | トップページ | トヨタも堪え時 »

2009年11月 8日 (日)

日本でモノを作らない限り、日本は豊かにならない

最近になって値下げ合戦が酷くなり、990円のジーンズが売られたり、500円のワイシャツが店先に並んでいる。こんなコストで作れるのは中国の糸を使った中国製の生地で、縫製はカンボジアの工場で行なっているもののようです。こんなコストではたして採算に合うのかと思うのですが、中国にしてもカンボジアにしても格安の労賃で働かされている事になる。

日本で物価がじりじり下がり始めたのは90年代からですが、100円ショップが出来たり、価格破壊商品がスーパーに並び始めて物価が上がらなくなった。

昨日もカインズホームに軍手を買いに行ったのですが、一つ185円なのに20組の軍手は400円もしない値段だった。一つが20円足らずの軍手とは原価はどうなっているのでしょうか?

電動工具も前は1万円近い値段だった電動工具セットが3000円台で売られている。これは完全な価格破壊であり、中国や東南アジアからデフレが世界に輸出されているのだ。

これは製造設備などの資本や技術は先進国から持ち込んで、工場用地や人件費はただ同然で働かせているからこのような価格破壊が起きているのだろう。

普通なら景気対策を行なえば景気が良くなってインフレ気味になって価格も上がってくるのですが、日本では90年代からそれが止まってしまった。

国内で製造されていたものもそっくり東南アジアや中国に機材を運んで製造させれば数分の一で製造できるのだから、この流れはなかなか止まらない。

冷戦の崩壊で旧共産圏の労働力が資本主義市場に供給されるようになって世界的な価格破壊が起きた。

供給の過剰がより価格破壊を促進するようになって、990円のジーンズまで現れるようになったのだろう。

500円のワイシャツなど洗濯代のほうが高くなるから使い捨てのようなものだ。

しかし中国や東南アジアで作られる物はブランド化される事は無く、品質が良くなってブランド品として付加価値がつくことは無いようだ。

衣類ばかりでなく自動車などの耐久消費財も同じであり、グローバル企業の下請けとして作られるか、コピー商品として自動車が作られてロシアやアフリカなどに売られている。

縫製などや自動車の組み立てなどはどうしても人手がかかるから、旧共産圏の格安の労働力で作られるようになったのですが、その為に先進国にデフレが蔓延してしまった。

アメリカでもスーパーで売られている商品はメイド・イン・チャイナで溢れている。

日本でもカインズホ-ム見かけた電動工具もメイド・イン・チャイナであり今までの半値から三分の一で売られている。

昔は生産する人と消費する人が同じ国内だったから物価が上がっても給料も上がったからバランスすることが出来た。

しかし今では生産する人と消費する人が国が異なり、消費する人から生産する人に金が流れるから、日本は20年もそれが続いた結果、消費する金が減ってきてデフレが酷くなってきた。

日本政府は一生懸命に橋や道路を作って景気を喚起しましたが、仕事はドンドン中国やベトナムに行ってしまって、地方の工場は閉鎖されて若者には仕事が無くなってしまった。

もちろん一部のグローバル企業は旧共産圏に工場を移転させる事で利益を上げてきましたが、国内の工場も非正社員化を進めて賃金が低下した。

このような状況では従来型の景気対策を行なっても効果は少なく消費は増えない。

国内から仕事が減っているのだから税収も落ち込むのは当たり前のことであり、新しい産業を興して仕事と雇用を増やさなければならない。

アメリカやイギリスは金融を新たな産業として金融立国を目指しましたが、リーマンショックで経済に破壊的ダメージを与えてしまった。

行き過ぎたグローバル化は、新興国の経済を活発化させる良い面もありますが、先進国の仕事を無くして貧困化を招く結果をもたらしている。

アメリカはドルの基軸通貨を利用してアジア諸国の米国債を買わせてマネーを還流させて経済を活発化させてきましたが、日本は国債を国内の資金で買っているから、海外に流れ出たマネーが還流してこない。

(株式日記/一部抜粋)

ワタシのような極小企業経営となると、モロにグローバル化の影響を受けます。

日本の社会のベース(底辺)は、ワタシの会社のような極小企業・中小企業が、国民の雇用の大部分を占めているはずです。

その底辺がジリ貧(低賃金)なのですから、そこで働く人たちの購買意欲が増えるはずはありえません。

だから世の中にお金が循環しないんですよ。

株式日記の記事にもあるように、グローバル化された社会(日本)では、モノの対価は海外に行ってしまう。

日本国内で、ある程度お金が循環しないと、現在のような閉塞感あふれた状況になってしまうのは当然です。

何事も行き過ぎは良くないですな。

いい塩梅ってのが良いと思われ。。。。

« 『脱官僚』『脱官僚依存』『天下りや渡りの禁止』の理解 | トップページ | トヨタも堪え時 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/46709355

この記事へのトラックバック一覧です: 日本でモノを作らない限り、日本は豊かにならない:

« 『脱官僚』『脱官僚依存』『天下りや渡りの禁止』の理解 | トップページ | トヨタも堪え時 »