« ”ちょいワル親父”仕様のゴルフⅣ | トップページ | 日本でモノを作らない限り、日本は豊かにならない »

2009年11月 8日 (日)

『脱官僚』『脱官僚依存』『天下りや渡りの禁止』の理解

『脱官僚』『脱官僚依存』『天下りや渡りの禁止』と官僚社会・霞ヶ関の改革を謳って久しいが、同じ穴の狢で血税を共に貪って来た前政権自民党には出来なかった事を、今回政権選択選挙で無血維新政権交代劇で政権与党に成った民主党は成し遂げようと必死に試行錯誤していると思う。

『脱官僚』『脱官僚依存』『天下りや渡りの禁止』などと何故?忌み嫌われ国民の怒りを買い国会でも幾度となく騒がれて来たのか?

それは、堕落した長期政権自民党政治が官僚に依存し過ぎた結果、政治家が主導権を失い、官僚達が主導権を持ち、自分達の既得権益網を勝手に広げ退職後の再就職先まで血税で賄う法人を企業と結託し幾重にも張り巡らせ国民の血税を貪って来たからに他ならない。

長期政権与党であった自民党議員達は官僚に踊らされ甘い汁を吸わされ籠絡され官僚社会主義国家日本という体制を許し、民主主義、国民主権の選挙による国民の代表が主導する議会制民主主義の根幹を揺るがせ堕落疲弊させた結果、国民だけが苦しみ長期政権自民党政治家と官僚と癒着企業達だけが血税で一生涯に渡って楽をする歪な社会を作り上げてしまったからでもある。

国民は、この歪な官僚社会主義国家と化した日本を‥自民党と官僚により国民主権を侵害されボロボロになった日本を‥国民が疲弊するばかりの日本社会を立て直して欲しいと願い国民は怒りに震え無血維新革命政権交代劇を果たしたのであると私は思う。

では、今般、騒がれている郵政や人事院の長に元官僚を政治家大臣が指名したという事で野党やメディアが鬼の首でも獲ったように民主党の主張している『脱官僚』『天下りや渡りの禁止』に反しているのではないかという反論をしているが、よく、考えて貰いたいものである。

国民の怒りは官僚が官僚の手によって官僚達の既得権益や優遇制度を官僚主導で行い、そこで企業とも結託し長期政権自民党政治家に文句を言わせない為に利権構造を作り国民の血税を国民の為でなく官僚や長期政権自民党政治家の私腹を肥やす為に使われ国民生活を疲弊させて来た事に怒っているのであって、政治家大臣が主導して利害の無い必要指名人事であれば血税を貪られる事は無い訳だから国民が怒る根拠は無い訳である。

元官僚だから公的役職に就いては駄目だ!と言うのであれば職業選択の自由を奪うものであり、社会に貢献する機会を奪うものであり牽いては能力を埋もれさせるものでもあり社会的損失にも繋がり決して許されるものでも無いと思う。

先にも述べたように政治家大臣が主導して利害の無い必要指名人事であれば、能力の有る人材の起用登用目的と言う事であれば、社会の為、国民の為に貢献する事であるから反対する理由は無いものと思える。

『脱官僚』『脱官僚依存』『天下りや渡りの禁止』という言葉に込められた国民の怒りの真意を思い考えれば、言葉尻だけを取り上げて民主党に反論する野党やメディアの底の浅さが露呈し稚拙さだけが浮き彫りになって来る。

こんな社会は淋しいばかりで、決して将来を担う子供達の手本には成らないし、成り得ない…。

物事の真実を見つめる努力を怠る事無く、政治を政治家を官僚を監視する姿勢を怠っては為らないし国民は肝に銘じるとともに忘れては為らないと思う。

地方に於いても知事や市町村長や各議員と公務員の監視を市民は怠っては為らないし、肝に銘じるとともに忘れては為らないと思う。

言葉に込められた真意を思考すれば、物事の判断の基準になるのだが、悲しい事かな‥恣意的論調に惑わされ流され扇動される国民が多い事も現実であり憂うべき事でもある………

ひとりよがりごとのつぶやき

(なんでんかんでん)

「脱官僚」「脱官僚依存」っていう言葉のワタシなりの解釈をば。。。。

上記記事の”なんでんかんでん”サンのコメントのほうが的を得ていますから、ワタシの意見は参考までに。。。

「脱官僚」「脱官僚依存」という事は、官僚に一切頼らず・意見も聞かずって事ではないと思うのですよ。

今までの大臣サンほとんどが、官僚の敷いたレールの上を歩いていただけのようなものでした。

そうではなくて、大臣の指令のもと、官僚が雑務から政策実行までを実現させていく

現場で動くのは、官僚でいいのです。

内閣・与党・国会で国の方向性を決めて、担当大臣が官僚に実行の指示を出す

官僚は決まった方向性・官僚に指示に従って国民の為に働く。

国民の為に働く。

国民の為に、とにかく汗を流す。

ただそれでいいと思います。

大臣が官僚に意見を求める事もいい事だと思っています。

官僚だって「プロ」なんですから。

ただ、最終決定を下すのは、官僚ではない

政府・与党・国会。

そういった感じでしょうかな。

官僚は国民に雇われた従業員。しっかり働いてください!」そんな感覚をワタシは持っています。

そして国民は、今の国会議員をワタシ達の代表として中央に送っているのです。

どちらの指示を仰ぐのが当然かわかるでしょう。。。。。

« ”ちょいワル親父”仕様のゴルフⅣ | トップページ | 日本でモノを作らない限り、日本は豊かにならない »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

私の駄文を取り上げて頂きありがとうございます。

>よんじゃるさま

ワタシには文才がないので、思っている事の半分も文章になりません。
時々、参考に使わせてくださいませ。

よろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/46708007

この記事へのトラックバック一覧です: 『脱官僚』『脱官僚依存』『天下りや渡りの禁止』の理解:

« ”ちょいワル親父”仕様のゴルフⅣ | トップページ | 日本でモノを作らない限り、日本は豊かにならない »