« 100万株の売り(JAL)か。。。 | トップページ | ウクライナでスーパーインフルエンザに変化か!? »

2009年11月19日 (木)

「インドネシアでの話と違う」看護師研修生が途中帰国

日本とインドネシアの経済連携協定に基づき来日した看護師研修生1人が、「資格や業務の内容、賃金水準が、インドネシア側で聞いていた説明と違う」と不満を募らせ、研修を打ち切って帰国したことがわかった。

 厚生労働省は、現地で誤解を与える説明があったとみて、正確を期すよう、近くインドネシア政府に要請する。

 帰国したのは、第1陣(208人)として昨年8月に来日した20歳代女性。語学研修を経て、今年2月に九州の病院に赴任。患者の食事や入浴の介助などを任され、入所者からは好評だったという。

 しかし、来日前にインドネシア側から受けた説明のうち▽日本の看護師資格は、他国でも働ける国際ライセンス▽資格取得前から注射などの看護業務ができる▽賃金20万円以上を保証――などが事実と異なっていたとして9月に帰国した。

 厚労省によると、看護師資格は日本国内でのみ有効。「20万円以上」の保証はしておらず、賃金は受け入れ施設ごとに異なる。同省は「インドネシア政府には十分な情報を伝えている」とするが、仲介機関の国際厚生事業団によると、同様の説明があったと訴える研修生がほかにもいるという。

 大野俊・九州大学アジア総合政策センター教授(東アジア研究)は「来日第1陣は募集期間が短く、2国間の連携が不足していたため、研修生に正確な情報が伝わらなかったのではないか」と指摘。別の専門家は、「研修生の募集にブローカーが介在するケースもあり、誤った情報が独り歩きした可能性もある」とみる。

(読売新聞)

仲介機関が国際厚生事業団ねぇ~

これまた、なにやらドロドロした利権や天国の天下り先の匂いがプンプンしていそうな所ですねぇ。

ちゃんと情報を説明し、実際に日本に看護士研修生が来て、満足できる職場環境や待遇を提供できているかままで、確認しているのでしょうかね。

こんな事が起こるのだから、たぶん「丸投げ」のような事をしてるとちゃうノン?

疑われても仕方ないよね。

まともな団体だったら、こんな事にはならないはずです。

早く清算せい!!

« 100万株の売り(JAL)か。。。 | トップページ | ウクライナでスーパーインフルエンザに変化か!? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/46801696

この記事へのトラックバック一覧です: 「インドネシアでの話と違う」看護師研修生が途中帰国:

« 100万株の売り(JAL)か。。。 | トップページ | ウクライナでスーパーインフルエンザに変化か!? »