« Birthdayメッセージなのだ | トップページ | 「インドネシアでの話と違う」看護師研修生が途中帰国 »

2009年11月19日 (木)

100万株の売り(JAL)か。。。

100円を割った【JAL株】ですが、14時59分に115万株を97円で売却した投資家がいます。

売ったのは年金基金(ファンド)でしょうが、筆頭株主である【東急】は8,000万株を所有していますが、一部を売却するといわれており、既に東急の上条会長は【JAL】の社外取締役を辞任しており、いつでも売却できる体制にあります。

再建に際して株主責任を問われ99%減資となれば8,000万株の価値はほぼゼロになりますので、今のうちに売り抜けたいとなっているものです。

アメリカン航空・デルタ航空が出資するとも話もありますが、【JAL】を再建するにはパイロット・アテンダント等の給料を半分以下に引き下げ、年金も半分以下に引き下げ、赤字路線からは完全撤退するという荒治療をする必要があり、果たして今の経営人にそれが出来るかどうか。

前原大臣は『法的手段を取らないとは言っていない』とぶれ始めており、【JAL】再建問題は重大な局面になりつつあります。

法的整理に持ち込み、裁判所の管理下で再建させるのが綺麗な再建策になりますが、果たして当事者能力を無くした【JAL】の経営陣はどう動くでしょうか?

<100万株>の売りが<1,000万株>の売りになれば株価はストップ安に張り付きかねません。

(Nevada)

JALも色々な所の思惑が絡んで、空中分解しそうな様相を呈してきましたね。

JALの動向には目が離せませんな。

ニッポンの翼JAL。

「翼の折れたエンジェル」らなぬ、「翼のとれた炎JAL」にだけは、なって欲しくないですな。

« Birthdayメッセージなのだ | トップページ | 「インドネシアでの話と違う」看護師研修生が途中帰国 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/46801163

この記事へのトラックバック一覧です: 100万株の売り(JAL)か。。。:

« Birthdayメッセージなのだ | トップページ | 「インドネシアでの話と違う」看護師研修生が途中帰国 »