« 金融 タイムリミット迫る | トップページ | やっぱりダメだよ 自民党 »

2009年11月 1日 (日)

著名資産家 ジョージ・ソロス氏のお言葉

資産家ジョージ・ソロス氏は30日、70年で最悪の景気低迷のなかで、レバレッジッド・バイアウト(LBO、買収先の資産を担保にした資金借り入れによる買収)と商業用不動産に関連して今後、「血を見る」ような事態になるだろうとの見方を示した。

ソロス氏は出身地のブダペストにある中央ヨーロッパ大学に招かれて講義し、「商業用不動産およびLBOで血を見ることになるのは、まだこれからだ」と述べ、「こうした要素は引き続き米経済を圧迫するとみられる。

また、米消費者はもはや世界経済の原動力とはならないだろう」と分析した。

さらに、世界経済の回復は「いずれ勢いを失う」だろうとし、2010年または11年に「二番底」に陥る可能性を指摘した。

(ブルームバーグ)

著名資産家のコメントだけに、ドキリとしますな。

ワタシの「感」と同じような感じです。

今はまだ序の口。

これからが本当の地獄がやってくる。。。。

世界経済で言えば「二番底」がやってくる。

現在の状況でこのありさまですから、これから「二番底」に向かって世界経済が動いていく。

そう考えただけで、「動悸・息切れ・めまい」を感じるのはワタシだけでしょうか?

”救心”を飲めってか?笑

しかし、笑い事じゃなく、これから世界経済がまだ底に向かうとしたら、「心の準備」が必要と思いますな。

« 金融 タイムリミット迫る | トップページ | やっぱりダメだよ 自民党 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/46640786

この記事へのトラックバック一覧です: 著名資産家 ジョージ・ソロス氏のお言葉:

« 金融 タイムリミット迫る | トップページ | やっぱりダメだよ 自民党 »