« 「ミスター年金」長妻昭厚労相さんへ | トップページ | ゴールドの急騰 »

2009年11月 3日 (火)

「住宅ローン」クライシス

【住宅ローン】を変動金利で借りている国民が急増しており、都銀(メガバンク)では80~90%もの国民が「変動金利」で借りていると日経は報じ、警鐘を鳴らしています。

確かに今は低金利ですがいずれは金利は急上昇します。

この日経記事でも報じていますが、『90年代初めには8%前後に跳ね上がっていたこともある』としており、今の1%台の金利で何千万円も借りていれば金利が上がれば即、払えない事態に陥る国民が多く出る懸念があるのです。

今でもかつての<ステップアップ返済・ゆとり返済>を使ってローンを組んで、いまや破綻寸前に陥っている国民が多くいると言われている中、今、ボーナスも減り、給料も減る中、20年、30年と借金をして家・マンションを買うリスクは途方も無く高いのです。

しかも1%台の変動金利でぎりぎりの返済計画であれば、金利が3%、4%になれば返済に行き詰まり、破綻するのは目に見えています。

金利が上がれば【日本国】も利息が払えずに破綻することになりますが(1%金利が上がるだけで約10兆円もの金利負担となり、3%上がるだけで税収全てが金利支払いに回るという事態に陥ります)、変動金利で住宅ローンを組んでいる国民も日本国と金利が払えずに同じ破綻することになります。

借金を抱えた国、住宅ローンを抱えた国民が同じ船に乗っていることになりますが、果たしてこの船は浮き続けることが出来るでしょうか?

(Nevada)

ワタシ達庶民は、住宅を建てる場合、ほとんどの方が住宅ローンのお世話になっているのではないのでしょうか。

20年、30年の長期ローン。

住宅ローンを組んでいる方は、今の経済状況はホントつらいですね。

ワタシも明日は我が身と、

ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

毎日が不安でおりますよ。

特にボーナス月払いを設定している方にとっては、ボーナス月は胃の痛む思いもあるかと思います。

何とか今の苦境を乗り切って、温かい春の日を迎えたいものですね。

« 「ミスター年金」長妻昭厚労相さんへ | トップページ | ゴールドの急騰 »

金融危機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/46664643

この記事へのトラックバック一覧です: 「住宅ローン」クライシス:

« 「ミスター年金」長妻昭厚労相さんへ | トップページ | ゴールドの急騰 »