« ゴールドの急騰 | トップページ | 松井の秀ちゃん 頑張ったね! »

2009年11月 5日 (木)

日本は終わってマス

第41回東京モーターショーが閉幕し入場者数が前回に比べ56%マイナスの
61万人となったと発表になっています。

この61万人は1991年のピーク時(200万人)に比べ70%減の水準となっており、まさに落日という言い方がぴったりと言えます。

海外からの出展も3社という惨状であり、『田舎のモーターショー』という形容がピッタリと言えます。

いまやアジアのモーターショーは上海となっており、このままいけば日本のモーターショーは今回で終わりとなりかねません。

いつの間にか日本はアジアの田舎の国に成り下がってきていますが、日本人の意識は今だ『ジャパン アズ ナンバーワン』のままです。

このギャップは今、物凄く開いてきており、自意識だけが高いどうしようもない国になってきているのです。

朝日新聞が社説で大々的に報じた【貧困率 15.7%の衝撃】は日本の本当の姿を詳しく解説しています。

2007年には<6人に一人>が「貧困」という事態になっているのです。
現在の2009年であればもっと「貧困率」は高くなっている筈です。

日本には恐ろしいほどの数の「貧困層」がいるこの事実こそ、本当の日本の姿なのです。
どこまで日本は落ちていくのでしょうか?

(Nevada)

日本がアジアのリーダーだ!なんて思い違いをしていると、エライ目に合う事になりそうですな。

ワタシがよく行く、大好きな中国。

ワタシは10年前以上前、最初に訪れた時から、中国は世界一の消費地になる。

アジアの中のリーダーになるかもしれない。

そう思ったものです。

溢れる自転車→溢れる電動自転車→溢れるオートバイ→溢れる自動車

それを数年間で、自転車の国から自動車の国に、変貌・激変してしまいました。

ビルにしたってそう。

初めに行った時は、高層ビル2棟くらいだったのが、今や数十棟!いや数百棟だな。

最近、中国に行くたびに、日本は終わったな。。。。そう思わせる、地の底から湧いて来るようなパワーを感じます。

恐るべし!チャイナパワー!!

« ゴールドの急騰 | トップページ | 松井の秀ちゃん 頑張ったね! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

例によって日本をひどい国と印象付けようとする朝日の売国社説ですな

『相対的貧困率』って、単なる国内での可処分所得の格差、でしかなく、絶対的な貧困さとは関係ない。

国際社会の反対の中、人権を無視し、
人間を虫けらのように殺す一党独裁国に、
日本の富と富の源泉・技術を移転させて、
すばらしい結果が出てよかったね、朝日www


>やすださま

貧困率のパーセンテージ自体の信憑性はよく分かりませんが、ワタシのまわりを見まわしたかぎりにおいては、結構生活に困窮しているなぁと思わせる世帯を見かけます。

実際、数日前ワタシの隣の家のおじいさんが亡くなりました。
自宅で朝、目を覚まさなかったそうです。
死因は老衰となっていますが、実際は餓死のようです。

日本国内で物を作っていかないと、ワレワレ庶民の生活は良くなりません。

安い労働力を求めて海外進出しても、国内がガタガタじゃぁ、購買力はつきません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/46678196

この記事へのトラックバック一覧です: 日本は終わってマス:

« ゴールドの急騰 | トップページ | 松井の秀ちゃん 頑張ったね! »