« 中国 木彫仏像の里を訪ねる | トップページ | 『事業仕分け』が悪って事はないだろう »

2009年12月 6日 (日)

滅亡に向かうニッポン

4割が「子ども必要ない」  20~30歳代は6割-内閣府調査

12月5日17時5分配信 時事通信

内閣府は5日、男女共同参画に関する世論調査の結果を発表した。

それによると、結婚しても必ずしも子どもを持つ必要はないと考える人は、2年前の前回調査に比べ6.0ポイント増の42.8%となり、1992年の調査開始以来最高となった。

持つ必要があるとする人は同6.5ポイント減の52.9%だった。

少子化の背景に、国民の家庭に対する意識変化があることを示した結果と言え、内閣府の担当者は「生き方の多様化が進んでいる」としている。

調査は、10月1日から18日にかけて、全国の成人男女5000人を対象に個別面接方式で実施。

有効回収率は64.8%だった。

子どもを持つ必要はないとした人は、男性が38.7%、女性が46.4%だった。

年齢別では、20歳代が63.0%、30歳代が59.0%と高く、若い世代ほど子どもを持つことにこだわらない傾向が浮き彫りになった。


● 人間の本質を見失った人たち

我々は、突然、この世に登場したわけではない。

はるか昔に、生命体の進化によって人間としての物質的存在を獲得した。

おそらく、最初は粒子が集合した無機質に命が宿り、意志が生じ、数十億年のプロセスのなかで、高度な思考能力をもった生命体へと進化した。

ゴーギャンの命題「われわれはどこから来たのか われわれは何者か われわれはどこへ行くのか」を思い出せ。

今ある我々の存在は、父母のはるか彼方に数十億年の歴史があり、子供たちの彼方にも歴史があるはずだ。

先祖から子孫への長い長い進化のプロセスこそ、我々人間の本質ではないか。

それなのに日本人の半数が、「今ある自分だけで十分だ、未来はいらない」と考えはじめた。

日本人は未来に希望を失うほど追いつめられたのである。

むろん日本人だけではない。

金融資本、資本主義の競争によって、世界の搾取される人々は人間を紡ぎ続ける意欲を失ってしまったのだ。

恐ろしいことに、この世界の本質は「人の思いが実現する世界」である。

人々が、刹那的な欲求に溺れるばかりで子供たちの未来を求めなくなれば、そのときが人類滅亡のときなのである。

すなわち、半数の人々が人類滅亡を望みはじめた。

この思いは確実に実現する。

たとえば、山での遭難や交通事故、勤務先でのトラブルや病気を、よく考えてごらん。

深く深く考えるなら、それは事故や病気が実現する前に、それを望む自分の心があったことに気づくはずだ。

この世は「人の思い」が実現する世界なのである。

事故を起こしたくない人は事故を起こさない。

ガンになりたくない人はガンにならない。

人類の未来に希望を見いだせる人々は、人類がはるか未来まで紡がれることを望み、それを実現することになるが、そうした人々が失われたという現実が何をもたらすのか?

よく考えてほしい。

(東海アマ)

東海アマさんのコメントには、一部納得できないところもありますが、「日本人は未来に希望を失うほど追いつめられたのである。」といった感覚は良く理解できます。

未来に希望を失うまでの世の中にしたのは何故なのか?誰なのか?

その辺のところを、感じるべきでしょうね。

「考えるな!感じるんだぁ!」

そう

わかるでしょう?

こんな世の中にしてしまった元凶が。。。。。

« 中国 木彫仏像の里を訪ねる | トップページ | 『事業仕分け』が悪って事はないだろう »

独り言」カテゴリの記事

コメント

生き残る為の生命の自己防衛能力が方向性を誤った感じですね。
目先の生存しか考えられず、未来への種の保存的な自己防衛意識が欠如した結果でしょうが悲しむべき事です。
方向性を誤らせるには原因が存在しますが、教育と政治は深く係わっていると思います。
戦争を決して肯定する訳ではありませんが、種の保存的自己防衛意識と拡大の一つの方法として戦争は起こったものと思いますが、それさえも日本は敗戦によって自信を失い、その後の政治と教育が種の保存という生命活動の根幹を忘れ、生存の為に競争力を経済に集中し過ぎ、欲に塗れ、生命の性を無視し、種の保存が競争が何故必要かを顧みる事無く疎かにし過ぎた為に経済に左右され歪んだ自己破滅的な自己防衛能力意識を生んだものと思います。
何もかも政治と教育の責任とする事は傲慢ですが私あたりより上の年代の親が倫理・道徳教育に迷い誤り敬遠した事にも原因が在ると思います。
政治・教育を根幹から見直さなければ、また、倫理・道徳教育の再構築も必要かと思います。

>よんじゃるさま

資本主義が行き過ぎてくると、こういった事にもなるのかなぁ~と思ったりします。

健全な資本主義。

健全なってところは非常に曖昧なのですが、、、

!金融資本主義って感じでしょうか。

「金儲けが一番」が行き過ぎるとまずいですな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/46948338

この記事へのトラックバック一覧です: 滅亡に向かうニッポン:

« 中国 木彫仏像の里を訪ねる | トップページ | 『事業仕分け』が悪って事はないだろう »