« 久しぶりの地震予知 | トップページ | 生ガキは美味いねぇ »

2009年12月26日 (土)

拡大する米の貧困と格差=食料補助受給8人に1人

【ワシントン時事】

米政府の「フードスタンプ」と呼ばれる低所得者向け食料購入補助制度の受給者が長引く不況で最高記録を更新、3700万人に達したことが26日までに、分かった。

巨額の公的資金を注入された大手金融機関が息を吹き返し、高額賞与を復活させる中で、米国人の8人に1人が空腹と闘う格差がある。

フードスタンプは1964年にジョンソン大統領が生活困窮者の食料購入を補助するために制度化した。

受給資格は4人家族の場合、月額総所得が2389ドル(約21万円)未満。

一世帯の月平均支給額は約292ドル(2009年9月)。

農務省によると、受給者は08年度に2800万人を突破し、今年9月には前年同期比558万人増の3700万人を記録。

10カ月間連続で過去最高記録を更新した。

現在も1日2万人のペースで利用者は増え続ける。

アメリカが経済大国なんて言える時期は、過ぎ去ったのかもしれませんね。

アメリカ大好きの日本の行く末がそこにあります。

アメリカ様々でやってきた日本の明日の姿がそこには見えます。

« 久しぶりの地震予知 | トップページ | 生ガキは美味いねぇ »

独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/47120154

この記事へのトラックバック一覧です: 拡大する米の貧困と格差=食料補助受給8人に1人:

» 地震速報 [35秒で1日のニュースを知る。]
地震情報見てたら。。。。。 地震情報見てたら。。。。。今日だけでかなり伊豆半島が震源ですよね?これから大きい地震くるのかな?怖)(続きを読む) エホバの証人「聖書から論じる」(116-124p)の「大きな地震がある」・・・「1914年.... エホバの証人「聖書から論じる」(116-124p)の「大きな地震がある」・・・「1914年以後のわずか69年間の年間平均地震発生率は、1914年以前の2,000年間と比べて、20倍も増加した」と述べます。そして、その地震の計算根拠は、「コロラド州ボールダ... [続きを読む]

« 久しぶりの地震予知 | トップページ | 生ガキは美味いねぇ »