« 国産新型インフルワクチンにも怖い副作用例があった | トップページ | 世界デフォルト祭り開催中! その3 »

2009年12月 3日 (木)

激減している設備投資

財務省が発表しました【設備投資:7-9月期】ですが、製造業は<-40.7%>と激減しており、過去最大の減少となっています。

これだけの落ち込みをしていながらGDP成長はプラスということ事態、おかしなことですが、今や企業は『設備投資』をするよりは『設備破棄』をする時期に来ており、今後設備投資を増やすとすればそれは企業にとり『自殺行為』になります。

何故なら、今でもGDP統計上50兆円近いギャップがあり、これを解消するには『設備破棄』しかないからです。

設備があまっている今、設備投資を行えばそれだけ自分の首を絞めることになるのです。

ところが、企業は『設備廃棄・除去』が出来ません。

何故なら膨大な除去損が出るからです。

今でも赤字になっているところに設備除去損を計上すれば自己資本比率が下がり格付けにも影響し金融機関の態度によっては融資引きあげ・倒産という事態になりかねません。

結果、そのまま設備を温存することになります。

【トヨタ】がその良い事例になります。

設備は1,000万台ありますが生産に使う分は700万台分と言われており、300万台分が必要ないのです。

本来なら設備廃棄損を計上するべきでしょうが、そのようなことをすれば赤字の拡大・自己資本の毀損を招きます。

結果、そのまま温存することになります。

日本企業は遊休設備を大量に保有していますが、これらを正式に破棄し除去損として計上出来ない財務内容になっているところが多く、これでは景気の悪化が進む中、体力が尽きて倒産する企業が来年には多発することになります。

表面的な株価の上昇と実態悪化が<極点>に達した時、大崩壊が市場を襲います。

(Nevada)

確かに設備投資がこれだけ激減しているのに、GDPはプラスだなんておかしな話です。

時々、ワタシが書いている「考えるな感じるんだぁ~」の精神で感じますと、GDPのプラス成長を信じる方が違和感を感じます。

実際にワタシの身の回りを見まわしても、景気のよい話はひとつもありません。

誰それが失業しただの、会社を辞めただの、仕事が激減してるだの。。。。。

そういった現実から感じても、「気を緩めてはいけない」との気持ちのハザードランプは点灯さておいたほうが良さそうです。

« 国産新型インフルワクチンにも怖い副作用例があった | トップページ | 世界デフォルト祭り開催中! その3 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/46927691

この記事へのトラックバック一覧です: 激減している設備投資:

« 国産新型インフルワクチンにも怖い副作用例があった | トップページ | 世界デフォルト祭り開催中! その3 »