« 中国経済特区の夜景 | トップページ | 国産新型インフルワクチンにも怖い副作用例があった »

2009年12月 3日 (木)

世界デフォルト祭り開催中!! その2

[ロンドン 2日 ロイター]

スタンダード&プアーズ(S&P)は2日、最悪シナリオによると、2010年に欧州の投機的格付け(ジャンク級)企業のうち最大75社が債務不履行(デフォルト)となる恐れがあり、自動車・消費関連セクターのリスクが最も高い、との見方を示した。

S&Pは年次欧州企業信用見通しのなかで、高レバレッジで業績が悪化している多くの企業を救えるほど、経済回復は強くない可能性が高いと指摘した。

同社のブレーズ・ゴーギャン欧州最高信用責任者は「リセッション(景気後退)の最悪期は過ぎ去った可能性があるなか、企業のデフォルト率もピークに達したとみられるものの、回復の程度は極端に浅い公算が大きい」とした。

企業の年率デフォルト率は09年第3・四半期に13.1%でピークに達した公算が大きいが、過去の平均で比較すると、10年にかけて倍以上の水準で推移することが予想されるとした。

企業75社がデフォルトとなった場合のデフォルト率は11.1%になる。

こうしたなか、基本シナリオでは、10年に欧州のジャンク級企業のうち55社がデフォルトとなる恐れがあり、この場合のデフォルト率は8.7%となる。

まだまだ世界デフォルト祭りは続きそうですな。

急激な円高が落ちついて、株価が戻ってきていますが、よ~く世界の金融情報を見ていないと、来るときには一気に来ますよ。

ご注意あれ。

« 中国経済特区の夜景 | トップページ | 国産新型インフルワクチンにも怖い副作用例があった »

金融危機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/46925384

この記事へのトラックバック一覧です: 世界デフォルト祭り開催中!! その2:

« 中国経済特区の夜景 | トップページ | 国産新型インフルワクチンにも怖い副作用例があった »