« 来年は地獄か? | トップページ | 新潟県能生でカニを食らう »

2009年12月11日 (金)

地獄へのプロローグ

★農産物国際価格高騰!2009年12月10日 21:42 これがどう響いてくるか。

農産物の国際価格高騰 ココア24年ぶり、砂糖28年ぶり高値 ココアや砂糖、オレンジ果汁といった農産物の国際価格が高騰している

ココアは約24年ぶり、砂糖は28年ぶりの高値水準に達し、オレンジ果汁は年初から8割上昇し、1年ぶりの高値を付けた。

天候不順による産地の不作で需給が締まっているのを見越して海外の商品先物市場に投機マネーの流入が加速している。

国際価格の高騰は砂糖など国内の商品価格にも波及し始めた。

ココアは指標となるロンドン市場の先物価格(12月物)が9日に1トン2204ポンド(1英ポンド=約147円)と1985年3月以来の高値水準を付けた。

リーマン・ショック後の底値だった昨年11月から7割強上昇した。【日経ネット16:00】
商品先物市場に投機マネーが流入しているようだが、不気味な動きである。

まだ生活必需品とはいえない農産物のレベルであるが、これが大豆までに及んでくると、日本食に欠かせない醤油、納豆、味噌、豆腐などの高騰につながってくる。

輸入品が途絶えれば、日本の食卓から調味料が消え、まったく味気ない食生活になると言われる。

それだけ輸入品に頼っているのだが、国策として食料自給率を上げていくことは重要である。

私たち自身も家庭菜園やちょっとした食料を自給自足することを考えた方が良い時期に差し掛かっている。

いくらお金があっても、食料が買えなくなる時代が近づいてきているのである...。

(東海アマ)

お金があっても食糧が買えない時代がやって来る?

仮にそうなったら、今までの価値観はすべてブッ飛ぶ事になります。

最終的には人間、食わなきゃ生きていけないのですよね。

ベンツ1台と米1俵を交換してください。。。。。

なんて時代がやってきてもおかしくない今のご時世です。

稲作までは無理にしても、万が一の為の一時しのぎの食料品備蓄なんてのも、視野に入れても良きかなと思う次第です。

2009042615390000 写真は、ワタシの家の今年4月時点の食料品備蓄状況です。

« 来年は地獄か? | トップページ | 新潟県能生でカニを食らう »

食糧危機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/46995668

この記事へのトラックバック一覧です: 地獄へのプロローグ:

« 来年は地獄か? | トップページ | 新潟県能生でカニを食らう »