« 新年会なのだ | トップページ | 賭博店を摘発 横浜、客に僧侶も »

2010年1月 7日 (木)

(´Д`) 派遣村

年末年始に住居がない失業者に宿泊場所や食事を提供する東京都の「公設派遣村」で、一部の入所者が就労活動のため都から支給された現金を酒代やたばこ代に使い、施設内で禁止された飲酒などの問題行動を取っていたことが6日、分かった。

都はすでに泥酔状態となった男性1人を退所処分にしたほか、悪質な入所者には退所時に支給額と領収書の差額の返金を求める方針。

派遣村は5日、国立オリンピック記念青少年総合センター(東京都渋谷区、4日に閉所)から大田区の都の臨時宿泊施設に移転。

都は入所期限の18日までの就労活動用の交通費と昼食代として、入所者1人当たり計2万2千円を支給した(562人、総額約1236万円)。

ところが、多くの入所者が活動費を受け取った直後に近くの小売店で酒やたばこを購入していたことが判明。店員は「朝から1万円札を握りしめた入所者が大勢並んで買い物に来ている。たばこがかなり売れ、酒やスポーツ紙などを購入する人も少なくない」と証言した。60代の入所者の男性は「都に提出する領収書がいらない交通費に出費したことにして帳尻を合わせたい」と話した。

複数の入所者によると、移転した5日夜には酒を飲んだ入所者が騒ぎ、荷物が盗まれるといった騒動が発生。「みんな殺気立っていたが、現金を渡されたことで静まった」と30代男性は振り返った。

施設では飲酒を禁止しており、発覚すれば退所処分となる。

派遣村は午後4時半が施設に戻ってくる“門限”となっているが、6日は午後8時を過ぎても約100人が戻っていなかった。

一方、都は6日、施設で生活保護説明会を開催。23区と八王子市の担当者が入所者と面談を行ったほか、就労支援のため1時間置きに最寄り駅まで送迎する貸し切りバスを用意。入所者の朝夜食に1食当たり約500円の弁当も支給した。都の当初の派遣村予算は6千万円だが、関係者は「予算を大幅に超えることは確実」と話す。

職場を解雇され、インターネットカフェを転々としていた男性(46)は「就労活動のふりをして時間をつぶしている人もいる。

本当に困窮しているほかの入所者が迷惑している」と語った。

(産経新聞)

本当にあきれ返りますなぁ。

昔、子供の頃言っていた子供言葉に、「バカは死ななきゃわからない」なんてワタシ達の地元では言っていた事がありましたが、上記記事の人達も似たような感覚ですね。

自分の置かれた立場を理解できていない。

良くいえば、そこまで刹那的な感覚になってしまっているのでしょうか?

今の自分の置かれた立場を理解して行動を起こさないとねぇ。

何時まで経っても、現状を抜け出せないですよ。

田舎に行きなさいよ。

職を選ばなければ、仕事はあるから。。。。

何より、人の好意を踏みにじるような事をしてはいけません。

ワタシにもされた経験がありますから言いますが、誰も相手してくれなくなるよ。。。

« 新年会なのだ | トップページ | 賭博店を摘発 横浜、客に僧侶も »

独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/47227170

この記事へのトラックバック一覧です: (´Д`) 派遣村:

« 新年会なのだ | トップページ | 賭博店を摘発 横浜、客に僧侶も »