« 「MIYUKI」の礼服を買ったのだ | トップページ | 朝青龍1番にするな?功労金に理事ら難色? »

2010年2月 6日 (土)

ヒト 植物状態でも「意思疎通」か・・・・・

【ロンドン時事】

4日付のタイムズなど英有力各紙は、植物状態にあると診断された男性患者の脳の働きを科学者チームが脳スキャナーを使って解析したところ、患者に意識があるばかりでなく、質問に「Yes」ないし「No」を意味する反応もできることが明らかになったと報じた。

英メディアは「植物状態とされる患者と『会話』を交わしたのは世界初」(デーリー・メール紙)などと大きく伝えた。

意思疎通を確認したのは英ケンブリッジ大のエードリアン・オーウェン博士のチーム。

男性は29歳のベルギー人で、2003年の交通事故で脳をひどく損傷し、植物状態と診断されていた。

同チームは「機能的磁気共鳴画像診断装置(fMRI)」と呼ばれる脳スキャナーを使い、男性の脳の反応を調べた。

「Yes」の場合は、「テニスボールを打ち返すところ」を思い浮かべてもらい、「No」は「自宅で部屋から部屋へ移動しているところ」を想起してもらうことにした。

質問に男性は脳の活動を変化させて反応を示した。

解析した結果、男性の脳の反応は、研究に協力してもらった健常者の脳が「Yes」ないし「No」を示す画像と同じだったという。

これはすごい研究結果だね。

事故等で不幸にも植物状態になってしまった人に、意思疎通が出来るなんてね。

全てのケースではないにせよ、親族にとっては一大事です。

もっと研究が進んで、ある程度しっかりとした意思疎通が出来たら素晴らしい事だなと思いますな。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

話は少しそれますが、ワタシ、疑問に思うことがあります。

人が死ぬ時の事です。

人は死ぬ時、デジタルなのかアナログなのか?と言う事です。

ある時を境に、ON-OFFのスイッチのように突然なのか?

それとも、命(意識・脳の活動)はゆっくりと無くなっていくのか?

どちらなんだろう?

ワタシ的には、ローソクの火が燃え尽きる時のように、だんだんと炎が小さくなって消えていく、みたいな感じであって欲しいのですね。

悪い言い方だったら先に謝っておきますが、「お名残惜しゅうございます・・・」みたいな感じ。

何事もアナログ支持派もワタシとしては、そう考えてしまうのであります。

« 「MIYUKI」の礼服を買ったのだ | トップページ | 朝青龍1番にするな?功労金に理事ら難色? »

独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/47491555

この記事へのトラックバック一覧です: ヒト 植物状態でも「意思疎通」か・・・・・:

« 「MIYUKI」の礼服を買ったのだ | トップページ | 朝青龍1番にするな?功労金に理事ら難色? »