« カーリング日本チームいいぞ! | トップページ | 何処に向かうのかニッポン »

2010年2月22日 (月)

子供に電子手帳(電子辞書)は要らんと思う

Casio 昨日、子供(中2)が電子手帳(電子辞書)がどうしても必要(欲しい)と言うので、近くの家電の店に買いに行ってきました。

クラスの6割~7割の子は学校に持って来ているようです。

仕方がないので買い求めましたよ。

しか~し!

ワタシが思うに、こういったものは必要ないと思うのですよ。

中学・高校で何冊の辞書が必要なの?

和英・英和辞書と国語辞典があれば良いのとちゃうの?

高校入試・大学入試の為のコンテンツ?

塾のテキストや問題集だけで十分とちゃうの?

タッチペンでチョイチョイだけじゃ、本当の学力は身につかないのとちゃうの?

分厚い辞書で調べたり、紙に書いて答えたりしないと、本当の力は付かないんとちゃいまっか?

別に、電子手帳自体をけなしている訳ではございませんよ。

素晴らしいアイテムだとは思います。

しかしねぇ、あれに頼った勉学だと、何て言うのかなぁ「幅」が無くなるような気がするのですよねぇ。

「幅」。。。よく言えないのですが、「それしか理解できない」ような感覚。

「応用が効かない」とも言うのか。。。。。

例えば辞書で一つのことを調べようとした時、電子辞書ではそのワードだけしか出てきません。

国語辞典(本)のようにワードの前後に書いてあることは解りません。

国語辞典なら、ワードを調べたまわりにも色々な言葉(情報)が載っているんですね。

「蘭」と調べたら、電子辞書なら花の蘭しか出てきません。国語辞典(本)なら「蘭」の項目の近くには「乱」もあり、「卵子」もあり、「裸体」もあるわけですよ。

そういって、大人になっていくものです。

って古すぎる?笑

« カーリング日本チームいいぞ! | トップページ | 何処に向かうのかニッポン »

独り言」カテゴリの記事

コメント

勉強や仕事に於いてモノを覚える身に付けるためには研磨努力という行動と共に読む書く考えるという行動も一緒でなければ一過性の情報収集だけでは記憶に残らないし身に付きません。
学校へ電卓を持って行くのも私は反対です。計算する基本過程が身に付かないからです。
最近、そろばんが再び見直され始めています。喜ばしい事ですね。
私も古すぎるのかも知れませんねhappy02

>よんじゃるさま

ワタシも学校に電卓は反対です。

今は、学校側で電卓を用意して持ってきなさいって感じなのです。

ゆとり教育に電卓パチパチ。。

これで、基礎学力が向上するはずはないですね。

電子辞書でも、「見出し検索」すると、「らん」で入れると、欄も卵も、蘭も出てくる。ついでもLANもranも。

同じ音で英語も出てくる、それが複合電子辞書のつ強みです。

>古いというか、堅いサマ

確かにそうですね。
言い方が難しいのですが、感覚なのです。

デジタル信仰の強い方にはその感覚の理解は難しいと思います。

ワタシの身内にも居ますから、その辺はなんとなくわかるのですよ。

まぁ~それぞえれに一長一短あるということなのかもしれません。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/47635164

この記事へのトラックバック一覧です: 子供に電子手帳(電子辞書)は要らんと思う:

« カーリング日本チームいいぞ! | トップページ | 何処に向かうのかニッポン »