« これで密約の存在が決定的になったね | トップページ | 最低の拝金主義国  中国 »

2010年3月19日 (金)

ANA頑張れ!(ANAの赤字拡大)

【全日空】の2010年3月期の営業赤字が当初想定していた200億円から600億円へ拡大すると報じられています。

売り上げ高も昨年より10%程減少の1兆2000億円となるようで、先に倒産しました日本航空から客が逃げてきてはいますが、売り上げ減少となっているのです。

1000億円もの経費削減でも赤字になるもので、来年度は更に1000億円規模の経費削減をして500億円程の営業黒字にもっていこうとしていますが、売り上げが更に減少すればこの黒字化も絵に描いた餅になります。

【日本航空】は経営破たん後も赤字が増え続けており、単独では存亡が難しくなりつつありますが、【全日空】も余裕がない状態になりつつあり、どちらかが「消える」ことでしか黒字化は難しくなりつつあります。

国内線では今年6月以降、【日本航空】の株主優待券が消滅しますが、仮に【全日空】が株主優待券を温存した場合、客が【全日空】に流れ【日本航空】の国内客が激減することになるかも知れません。

【全日空】の営業赤字予想が【日本航空】消滅を後押しすることになるかも知れませんが、前原大臣は重大な決断をすることになるかも知れません。

(Nevada)

Ana ANAの経営も大変のようですなぁ~

しかし、ANA専のワタシとしては頑張ってもらいたいのですよ!

だって現在、マイレージ41184マイル。

大好きな中国、2回往復分貯まってんだもんねぇ~笑。

つい最近も中国に行ってきましたが、今のANA便のキャビンアテンダント(スーチーとも言う)は大変だなぁと思いましたよ。

たぶんスーチー1名減っております。

今ままでのワゴンサービスは、ワゴン1台を2名で担当したと思うのですが、先日は2台のワゴンを3名で面倒みていました。

という事は、1台のワゴンは1人で担当している事になります。

モヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!

いやぁ~1人でワゴンを担当しているスーチーは、忙しすぎて髪を振り乱してサービスに当たっているといった感じで悲壮感さえ漂い、水を頼むのも憚られるような感じでしたよ。

目も何か取り憑かれた様な感じです。

ここまで経費削減しないと生き残れないのかと、改めて我が身を振り返った次第デス。

頑張れ!ANA!!

*スーチースーチーと申しておりますが、スーチーという言葉が不適切用語であったなら、先に謝っておきます。

*それともうひとつ。

日本の航空業界の事情をかんがみ、JAL=第2ターミナル VS ANA=第1ターミナルてのを交換てのはどう?政権も入れ替わった事だし。。猛爆!!

« これで密約の存在が決定的になったね | トップページ | 最低の拝金主義国  中国 »

独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/47851761

この記事へのトラックバック一覧です: ANA頑張れ!(ANAの赤字拡大):

« これで密約の存在が決定的になったね | トップページ | 最低の拝金主義国  中国 »