« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月31日 (水)

蓮池さん家族、給付金を辞退か・・・

北朝鮮による拉致被害者の蓮池薫さん(52)と妻祐木子さん(53)は31日、「自立の道を確立できた」として、拉致被害者支援法に基づき一家4人が受給している給付金を4月以降辞退すると明らかにした。

内閣官房総務・拉致被害者等支援室によると、給付金は現在、帰国した拉致被害者とその家族計13人に支給されているが、辞退は初めて。

(時事通信)

この蓮池さん一家は素晴らしい人たちだね。

北朝鮮に長い間拉致されていて、その間はワタシ達の想像を絶する苦労も、沢山あった事でしょう。

そして浦島太郎の如く、日本に帰ってきて、これまた社会復帰には大変な苦労をした事でしょう。

そういった苦労人一家、蓮池さん達が支援給付金を辞退するとは・・・

偉いよ。

お金が払えるのに、子供の給食費や授業料を払わない親。

お金が払えるのに、払うべき税金を払わない人。

上手い事やって必要もないのに、生活保護を受けている人。

上手い事やって障害者扱いにしてもらっている人。

そんな人たちがたくさんいる世の中に、蓮池さんは偉いなぁ~

蓮池さんは何か自分自身に”確たるもの”を持っていたので、北朝鮮での苛酷であっただろう生活にも耐えてこれたんだろう。

そして今も、自分の生活を切り開いていけたんだろうなと思いましたな。

頭が下がります。

島根原発の123カ所で点検漏れ!?!?

中国電力(本社・広島市)は30日、島根原発1、2号機(いずれも松江市)で計123カ所の点検漏れがあったと発表した。機器が点検計画通りに交換されていないのに、点検していたことにされていた。同社は1号機の運転を31日から停止、定期検査のために運転停止中の2号機と共に点検する。経済産業省原子力安全・保安院によると、点検漏れを原因とした原発の運転停止は初めて。【細谷拓海、岡崎英遠】

中国電力は「放射能漏れなど安全面での問題はない」というが、ずさんな安全管理の実態が明らかとなった。

同社は30日、保安院に報告。保安院は「保守管理が適切にされていないことは遺憾」として、4月30日までに、原因と再発防止策について報告するように指示した。

報告書によると、点検漏れがあったのは、1号機が、異常時に原子炉内に水を送る高圧注水系のタービンを回すための「蒸気外側隔離弁」など14系統74カ所、2号機が8系統49カ所。うち、法律で定められた検査対象は、38カ所と23カ所あった。

09年6月の定期検査で、蒸気外側隔離弁のモーターが、06年9月からの定期検査で取り換えるはずだったのに実施されていなかったことが発覚。詳しく調査したところ、ポンプのパッキンやボルトなど計123カ所の点検漏れが分かった。機器の中には、1989年以降、点検されていなかったものもあるという。

中国電力によると、機器のサイズが合わず交換できなかった場合などに、点検部署が点検管理部署にその事実を伝えていないことがあった。管理部署は確認しないまま、点検したものとして処理していたという。

 ◇「検査したか分からないものも」

中国電力は30日午後、島根県庁で記者会見した。清水希茂・島根原子力本部長らが「心配をおかけしたことについて、誠に申し訳なく、深くおわび申し上げます」と謝罪した。点検記録の保存自体がずさんで「検査したかどうか分からないものもある」と説明するなど、無責任な安全管理体制が浮き彫りになった。

会見では、「安全管理意識が決定的に欠如していないか」といった質問が矢継ぎ早に飛んだが、幹部たちは答えに詰まりながら「全力で安全管理に努めたい」と繰り返すだけだった。また、「いつからこんな事態になったのか」との質問に対し「点検記録が残っている中で最も古いのは89年の1号機。記録が残っていないものもあり、検査したのか、していないのか、分からないものもある」といった回答まで飛び出した。【岡崎英遠、目野創】

◇「自主検査」形骸化

経済産業省は30日、原子炉等規制法と電気事業法違反の疑いがあるとして、全1~3号機の保守記録を総点検し、1カ月以内に原因や対策を報告するよう同社に文書で指示した。経産省原子力安全・保安院は全容解明後、厳正に対処する方針。

原発1基の点検項目は数万件と膨大で、国が逐一検査できない。このため、電力会社が自ら安全運転に必要な「保安規定」を決めて定期検査し、国が検査体制の不備を抜き打ち審査する仕組みになっている。02年と06年に判明した電力各社の点検記録の不正に対する反省から法改正して決められた。

09年には、この自主検査体制への信頼性に基づき、国の定期検査を現行の13カ月間隔から最大2年間隔に延ばせる「新検査制度」が導入された。

今回判明した問題は、こうした自主検査体制の信頼性を損なう恐れがある。中国電力は、過去の不正の反省から、点検作業自体とその確認を別の部署で行う体制に改めた。しかし、点検部署が発電所内の検討抜きで部品交換を見送った上に、確認部署も作業計画変更の連絡がなかったため「交換済み」と記録するという形骸(けいがい)化した体制の一端が明らかになった。【山田大輔】

(毎日新聞)

>中国電力は「放射能漏れなど安全面での問題はない」というが・・・

中国電力は何考えたんだ?

馬鹿か!お前達は?

ここまでずさんな管理体制をさらしといて、何を抜かす!

こっちは腰を抜かすよ!

原子炉の炉心が崩壊するような事故が起こったら、その時点で日本国はお仕舞いなのにね。

こういった考えの奴らが、日本のあちこちで原子力発電所を稼動させているんでしょう?

アブネ━━Σ(゚д゚;)━━!!

原子力発電を推進しようとしているポッポマウンテン(鳩山)さん。

こういった考えを持った奴らが、原子力発電所を稼動させている以上、ポッポマウンテンさんよ、原子力発電を推進しちゃぁイカンぜよ!

2010年3月30日 (火)

既婚者のワタシですが、独身気分を味わう

既婚者のワタシですが、独身気分を味わうって?

別に家庭内別居とか、家庭不和じゃぁございませんよ。

ハイ、現在、自分の書斎て寝ているだけなのです。

寝室は別にあるのですが、風邪が長引いていまして(もう治りかけデス)、普段いびきをかかないワタシが、いびきをかくようで(自分でも自分のいびきの音で目覚めてしまう)、愛妻・猛爆!が寝不足になると言うので、ワタシの布団を書斎に敷いてもらっているのです。

いやぁ~奥方には悪いが、これはこれで楽しいんですわ。笑

Omoro08 書斎でネットサーフィンをしたり(ゴーグル検索ともいう・猛爆!)、ギターを練習したり、本を読んだり、眠くなったらその場でゴロンですわ。

独身時代を思い起こさせる書斎での寝起きなのであります。

なので、もう少し風邪が長引いてる事にしておきますわ。。。。。

牡丹の芽吹き始まる

2010033011220000 寒い日が続いておりますが、ワタシの家の庭の花壇では、牡丹の芽吹きが始まっています。

現在はスイセン、チューリップ、クロッカスの花が咲いています。

少し前は福寿草、立金花。

クリスマスローズなんての咲いてましたっけ。

春の花々と、初夏の花(牡丹・芍薬)の芽吹き。

自然界は寒いながらも、次の季節にバトンタッチしているようです。

人間界でも、新しい政権にバトンタッチしたのはいいけど。。。。

┐(´д`)┌ヤレヤレ

一気に春夏と駆け抜け、秋風が吹き始めたと思うのは、ワタシだけではないでしょうな。

2010年3月29日 (月)

中国ってのは、そんなに酷い国なんですか?

北京でモーターショーが開かれていますが、コピーされた車の展示でにぎわっているようです。ロールスロイスやベンツやマツダのデミオなどそっくり車が並んでいます。そっくり車程度なら笑って済ませられますが、デジタル製品のソースコードを政府に教えなければ輸入もままならないと言う事になると笑っては済ませられません。

家電製品にしても自動車にしてもソフトを組み込む事で他の製品と差別化しているのですが、ソフトこそ付加価値であり、中国政府はそれを教えろと言う事です。今では携帯電話にしても自動車にしても組み込まれているソフトプログラムは数百万ステップの巨大ソフトであり、開発には数万人のプログラマーと何年にも及ぶ開発期間がかかっている。

かかった費用にすれば数百億から数千億円にもなると思いますが、それが只で手に入れば開発費用と時間が節約できる事になる。中国国内には映画や音楽の違法ソフトが氾濫していますが、中国政府は時々違法ソフトをブルトーザーで踏み潰したりする催し物をしますが全く効果が上がっていません。

それだけ知識や技術に対する尊重の気持ちが無く、盗めば只で手に入るものという国民性は改善の見込みは無いようだ。キッシンジャーあたりは中国が経済発展すれば民主化も進んで知的財産権も尊重するようになると言う出まかせを言っているようですが、中国はどうやらジンバブエと同じ事をやっているように見える。

中国は改革開放政策で外資に対して優遇政策で企業などを誘致してきました。中国の高度経済成長は外国からの資本と技術による割合が大きくて、自立的な経済発展ではない。その証拠は中国ブランド商品が無く、外資の下請けとなっている構造だからだ。

家電製品などは同じ部品を仕入れて組み立てれば形だけは同じものを作る事が出来る。車にしてもベンツやロールスロイスそっくりな車でも性能はそっくりではない。現代の車は燃料制御も走行時のシステム制御も複雑化して、簡単にはコピーする事が出来ない。ブラックボックス化して中身が掴めない様になっているからですが、中国政府はそれを公開しろということです。

パソコンで言うならばWindowsはソースコードが公開されておらず日本の家電メーカーもお手上げで改良して差別化する事が出来なかった。Linuxならばソースコードは公開されているから中国などもLinuxのソフトを開発しようとしましたが普及せずに、WindowsのOSやソフトをコピーしてパソコンを使っている。もちろんコピーは違反ですが、中国人は安ければコピー商品でも平気で買うから純正品は売れなくなる。

今のパソコンのOSにしてもソフトにしても巨大化したソフトになっており、ゲームソフトも10億円以上の費用をかけて開発しないと製品にならない。それが秋葉原辺りに行けば中国でコピーされたソフトが5分の1ぐらいの値段で売られている。これでは中国でまともなソフト産業が育つはずも無く外国の不正コピー製品が氾濫する。

中国政府の焦りがIT情報の強制公開を迫る理由なのでしょうが、これで中国のジンバブエ化が見えてきたような気がする。ジンバブエでは白人たちが持っていた農園などを強制接収して白人たちを追い出してしまった。しかし白人がいなくなると農作物も出来なくなり農業技術も消失してしまった。その為に天文学的なインフレが起きている。

中国も進出してきた外資系企業を接収して自前の産業を育てようとしているのでしょうが、中国発のブランド商品が出来ないという事は自立的な発展は難しいのだろう。日本ならばソニーやトヨタやホンダなど日本発のブランド商品が世界に溢れましたが、中国製品で溢れているのはコピー商品か鉛入りのおもちゃや農薬入りのギョウザなどろくでもないものばかりだ。

中国の有人宇宙船もロシアのソユーズのコピー商品だし、最新鋭のジェット戦闘機もロシアやイスラエルのコピー商品だ。新幹線も国産技術で出来ているといっても外形を見れば日本製だと分かるものだ。むしろ中国人にしてみれば外形さえそっくりなら中身はどうでもいいのかもしれない。偽ブランド商品の氾濫も同じ理由であり、見てくれや外見が全てなのだ。

知的財産権などは外見としては目に見えないものであり、そんなものは自ら開発しないで盗んでしまった方が早いと考えても不思議ではない。そんなものは表紙だけの本のようなものであり中身は白紙だ。コピーすれば本は出来上がるが、そんなものはゴミに過ぎない。

もし中国でソースコードが強制公開されるような事があれば、ATMやICカードのセキュリティーシステムが盗用されて不正使用される可能性が出てくる。ソースコードが中国政府に読まれてしまうとインターネットで不正侵入されて何をされるかわからない。セキュリティ関連機器の秘密がばれてしまうのだから泥棒にカギを渡すようなものだ。

だから今回のIT情報の強制公開は非常識極まりないものであり、ジンバブエよりも中国は野蛮な政府であることを証明するものだ。アメリカ政府は昨日も書いたように戦略として中国をパートナーとして育ててきましたが、毒ガスを世界中にばら撒いたようなもので日本への悪影響も計り知れない。もっともアメリカも毒ガスのようなろくでもない国家であり、アメリカも中国も抱き合い心中して消えて欲しいものだ。

(Nevada)

ワタシの大好きな中国って国は、そんなに酷い国なのでしょうか?

じゃあ、ワタシが答えてあげましょう。

「そうです。その通りです。」

「拝金主義に思考回路が固まった人々が多く暮らす国です。」

「自分の金儲けの為なら、自国の子供達をも犠牲に出来るんです。」

「そんな国のものを信頼できますか?」

「私が知っている事をひとつ教えてあげましょう。」

「日本のお墓も中国産の割合が多いです。」

「その中国産墓石は着色したり光沢剤を塗ったりして、日本に輸入されてきているのをご存知ですか?」

「その溶液の成分は誰にもわかりません。謎です。」

モヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!

「知らぬは消費者ばかりなり・・・・」

そういった中でも、必死で暮らす現地の人々がたくさんいることも忘れはいけませんね。

小沢と生方の件、ひとつの方向から見てみる

私の政治に対するスタンスは、ワレワレ庶民の為になるなら自民党でも民主党でもいい。

とにかくワレワレの事を考えてくれる政党に1票・・・の考えです。

「生方解任」騒動は小沢幹事長の決断で一件落着した。これを「蟻の一穴」にして、5月頃には「土手っ腹」に大穴を開けようと目論んだ検察や一部のマスコミなどの反・非改革勢力は、肩すかしを食って、当てが外れたけれども、一度くわえ込んだ「生方」という餌をとことんまで利用し、党内の似非改革派と連携して、小沢の政治生命を断ち、「国のかたち」を「生活第一」「政治主導」に180度転換する、日本が近代国家になって初めて取り組む大事業そのものを潰す意図を、貫徹しようとするだろう。

 状況は、16年前の細川内閣が崩壊した時に似通っているが、今回の方がはるかに凄まじく、陰険で、執拗である。

 巨大で陰湿な「改革潰し勢力」と真っ向から戦ってきたのは、小沢だけだ。カレル・V・ウォルフレンは、中央公論4月号で、「検察とメディアにとって改革を志す政治家たちは格好の標的である。彼らは険しく目を光らせながら、問題になりそうな些細な犯罪行為を探し、場合によっては架空の事件を作り出す」と警告している。

 私自身も、自由党総務委員長の時、公安関係者に「カネと女」を重点に身辺を探られたことがある。私がそのことを知ったのは、私を担当した者が、たまたま、知人だったからである。

 後日、「職業とはいえ、あなたの身辺を探るのは嫌だった。預貯金も調べた。何も出なくて、ほっとした」と彼は言った。自民党の全盛時代、衆議院予算委員会理事をしていたとき、野党の某理事に「爆弾質問をするときには、身辺をきれいにせよ。私が爆弾質問をしたとき、瞬時に預貯金が調べられ、二、三日後、不倫関係の女性まで分かってしまった」と忠告されたことがある。

 「いざ」という時、脅しにでも使うのだろう。この文を書いている時、テレビが中井国家公安委員長の女性問題を報じていた。ウォルフレンの指摘は的確である。

 小沢は、20年以上、自民党政権と戦うだけでなく、「闇の権力者」とも死闘を演じてきたのである。大改革を志す者は、暗殺されることも覚悟しなければならない。鳩山総理にその覚悟ありや。検察とマスコミに煽られて、小沢批判を繰り返す議員などは、本当の修羅場では、我先にと逃げ出すだろう。

「生方問題」を検証しよう。不満のない者はいない。不満は大別して二つある。将来を考え、現実を変えなければならないという、論理と歴史観に基づく良心からほとばしるものと、「好き嫌い」「恨み」「ジェラシー」「自己の利害損得」など、個人のさもしい感情から出るものである。

「生方問題」は、「良心」か「個人的感情」かの格好の教材を提供してくれたが、同時に、「古い政治家」と「新しい政治家」を分別する機会も与えてくれた。

 生方は、火付け役の新聞インタビューで、まず、「民主党に元気がないのは『政務調査会』と『部会』がないからだ」と、その復活を主張した。これは、民主党改革の基本原則を真っ向から否定するものである。

 自民党の化石のような古い政治手法の一つが、政務調査会と総務会の承認がなければ、政府は法律を作れず、新しいことは何も出来ないシステムである。

 官僚は政調の部会長に自らが作った法律案を根回しし、その法律で利益を得る業界は部会長のもとに日参する。「部会」が政官業癒着の現場なのだ。「部会長」という役職は、それはそれは、「美味しい」ものだそうである。民主党は、と言うよりは、小沢改革は、その悪弊をなくすとともに、政治責任の所在を明確にするために、政務調査会を廃し、政策を内閣に一元化した。

 そして、内閣に入れない議員が、自己の識見や有権者の意見・要望を政府の政策・法案に反映させ、より良いものに仕上げる場として、議員なら誰でも参加できる「省庁政策会議」を設けた。本来であれば、政務三役が率先して議員の意見を聞く、あるいは、常任委員会筆頭理事が与党委員を集め、政務三役を呼びつけて議論するべきなのである。

 ところが、政務三役自身が未熟なこともあり、理想どおりに機能はしていないこともたしかであって、議員の中に不満が出てくるのは理解できる。内閣制度発足以来、初めて作ったシステムなので、試行錯誤を繰り返しながら、良い形にする努力が必要である。

 生方がその努力もしないで、「自由な論議」という俗受けする理屈を振りかざして、構造汚職のシステムである「政調会」「部会」の復活を主張する真意がわからない。

 政務三役になれなかった「恨み」か、あるいは、「美味しい」ものが食べたいのか、どちらかであろう。マスコミは小沢を古い政治家だと決めつけようとするが、それは、為にするもので、むしろ、小沢の主張は、半世紀に及ぶ「自民党族記者」体験と「記者クラブという談合制度」に毒され、錆びついたマスコミの「脳力」では理解出来ない、最も新しい政治家の発想である。

 生方を担ぎ回っているマスコミは、古い、自民党的な汚職のシステムの復活を望んでいるのだろうか。マスコミ各社に、「政調会」について、それぞれの考えを表明することを求める。

 生方も、生方の主張を支持した枝野行政刷新相も、本音は、内閣一元化に反対する時代錯誤の古ぼけた政治家なのだろうか。本来であれば、鳩山総理が、枝野にこそ厳重注意すべきなのだ。

「国民は小沢さんが不起訴になったから全部シロだとは思っていない」と生方は言う。私は1月23日から3月23日の会見まで、小沢幹事長の記者会見を全て見た。「4億円」など、検察が捜査の中心に据えていた問題を、小沢は丁寧に説明した。NHKが生中継で放映していれば、多くの国民は「ああ、そういうことか」と納得しただろう。

 生方が小沢の説明を精査し、疑問と思う点を指摘し「この点はシロでも、検察がこの点をシロと判断したのはおかしい。全部シロだとは思っていない」と発言するのであれば、責任をともなった議論のしようがある。それを、「国民が」という意味不明で具体的実体のないものを隠れ蓑にして、国民を扇動するだけの非難中傷は、「天皇」の名を使って、世論を煽り、政敵を追放し、日本を戦争の苦しみに追い込み、しかも、何らの反省もしなかった「官僚」と同じである。

 こんな無責任・卑怯が、「社会正義」の仮面をかぶってまかり通るのは、新聞の社説と「永田町」、そしてテレビの時事風をよそおったお笑い番組だけである。

 生方の不満のぶちまけ方は異様である。副幹事長といえば、企業に例えれば「部長」である。部長が部長会議では何の発言をせず、マスコミに不満を漏らせば、解雇されてもしかたがない。

 しかも、高嶋副幹事長とのやりとりを録音し、マスコミに流すなど、陰険で、社会人としても失格である。彼が親しくしているJR総連(革マル系)の知人は「彼の言動は陰険で、支持出来ない」と語っていた。

 鳩山内閣の支持率が低下し、改革の行く手の信号が黄色に変わりそうにになっても、大臣は責任を感じようとせず、議員も大局観に立った判断ができないのはなぜか。

 旧民主党時代、党中枢の一人から「民主党は、議論は好きだが、結論は出さない。や(野)党でもなければ、よ(与)党でもない。ゆ(党)だ」と愚痴られたことがある。私は、旧民主党は、一部の歴戦の勇士を除き、パフォーマンスと街宣だけすれば、小選挙区で落選しても比例で復活できると思っている議員の、気楽なサロン政党だったと思っている。

「政権を獲ったら、あれをやろう、これをしよう」とおしゃべりは達者だが、それだけで自己満足して、選挙で過半数を獲りに行く戦略も胆力も馬力もない政党だった。しかも、自民党の公認が取れなかったので、民主党に来たという官僚とエリート社員くずれが多く、「霞が関」に切り込むという発想も度胸もなかった。

 大半の議員は、いうなれば、代議士を職業とするサラリーマンだった。現在の民主党内の反小沢派とは、香水がわりに高いIQの匂いを振りまきながら、バーチャル・リアリティに浸っていた「紳士・淑女」が、生活の匂いを部屋一杯に撒き散らした小沢に「さあ、政権を獲りに行こう。のんきに、お茶を飲んでいないで、外に出て、一人でも多くの支持者をつくろう」と叱咤されて、戸惑い、「そんな、汚ならしい、古くさいことを」と違和感をもった者の集まりだ。

 生方の選挙観は「党が風を起こせばいいので、支持者獲得に汗を流す必要はない」というものだそうである。

 小沢は政権を獲るため、選挙の最前線で指揮を執った。「自民党流の古い手法だ」とマスコミや反小沢派の嘲笑を浴びながら、黙々と農村地帯を歩き、人と会い、企業、団体を訪ねて、「改革」を訴えた。

 3月23日の記者会見で、彼は、ガチガチの自民党支持の「団体、企業が、自民支持から無党派になった」と語った。自民党一辺倒だった全国農政連は、参議院選では自主投票になった。仙谷、前原、枝野には逆立ちしても出来ることではない。政治家の格と力量と責任感が、けた外れに違いすぎるのだ。

 選挙こそ政党の主張を実現する民主主義、民主政治の原点中の原点である。これは世界の政治史を通読すれば簡単に理解できる、政治学のイロハである。これを軽視する学者・評論家は「曲学阿世の輩」だ。。

 3月8日、ニューヨークタイムスは「U.S. Reaches Out to Tokyo's Real Power」 (アメリカは東京の真の実力者に手を伸ばしている)と、長文の記事を掲載した。それによると、ワシントンは小沢を「王座の背後にいるリーダー」と評価し、「昨年夏の日本政治の歴史的変化により、数十年にわたる話し合いのチャンネルが壊れた」ので、「アメリカからの自立(more independence from the United State)を主張してきた新しいリーダーとのコミュニケーションを改善する」ため、「4月の出来るだけ早い時期に、オバマ大統領との会見も含め、訪米するよう交渉している」と書いている。また、これは、「リーダーシップの弱さを指摘されている鳩山総理の権威を侵すことにもなりかねない」との懸念の声も載せている。

 1月、アメリカでの世論調査で「世界に影響を与える政治家」は、一位、胡錦涛中国国家主席、二位、オバマ大統領。そして、三位は小沢幹事長だった。昨年3月にはアメリカの週刊誌「TIME」が小沢を「マーベリック」(独立自尊の男)と名付け、「アメリカにとって、手ごわいパートナー」と評価した。

 小沢は、日米関係を「従属から対等」に転換・深化させるキーマンである。党内外から、妬みに狂って「訪米阻止」の動きも出てくるかもしれない。それだけに、マスコミには、重箱の隅を突っつくような視野の狭い、次元の低い問題に執着するのではなく、マスコミに本来的に要求されている、日本の将来を見据えた高い次元の論説・主張・報道を期待したい。

 小沢も、われわれと同じ「叩けば埃の出る」欠陥だらけの人間だ。しかし、その理想は純粋で、壮大である。2009.8.30は、国民が民主党に「国を変えよ」と命じた記念日である。鳩山総理は、日本の最高権威者である。小沢には命を捨てる覚悟が出来ている。「今」を逃して「国を変えるチャンス」は、二度とこない。鳩山総理は、小沢としっかり腕を組んで、日本のため、国民のために「命を捨てる覚悟」をしてもらいたい。

(内憂外患)

http://opinion.infoseek.co.jp/article/809

http://yonjyarukenga.cocolog-nifty.com/blog/

長文になりますが、ホホウと読ませてもらいました。

ワタシは、ワレワレ庶民の為に国家を方向付けてくれる政党なら、どこでも良いのデス。

ボルボも中国の手に渡るか。。。

【上海時事】

中国民営自動車メーカーの吉利汽車の親会社、浙江吉利控股集団は28日、米自動車大手フォード・モーターから傘下のスウェーデン自動車メーカー、ボルボ・カーを買収することで最終合意したと発表した。

ボルボ本社のあるイエーテボリで同日、調印式が行われた。

買収金額は18億米ドル(約1670億円)で、ロイター通信によると中国企業による海外自動車メーカー買収としては、過去最大規模となる。買収作業は9月末までに完了の予定。

世界最大の自動車市場となった中国が、メーカーとしても存在感を高めることになりそうだ。

中国ボルボでっか?

なんか嫌だな。

ワタシのボルボのイメージは質実剛健。

実際にクルマを見ても、剛性感溢れていて良い車でした。

ここ最近のボルボの新型車は面白くないんですけどね。

経費削減ミエミエ、素材や造りがチープになりました。

90年代末くらいまでのボルボは良かったな。

そういったところに中国ボルボですか。。。

たぶんブランドイメージはぐっと下がるでしょうな。

それも時代の流れか。。。。。

2010年3月28日 (日)

今日の夕食も美味かった

2010032817490000 娘が「今夜はラーメンがいい」と言うので、近所の中華食堂に行って夕食をとってきました。

娘と奥方は”坦々麺と餃子”。

ワタシは写真のようなもの。

”豚バラ肉のにんにくソース定食”デス。

このほかにデザートとして杏仁豆腐がつきます。

豚バラ肉を湯通して、そこにラー油・醤油・ねぎ・生ニンニクおろしを混ぜたソースがかかっています。

ワタシのような田舎モンが、地元で外食する時にもっとも重要視する事があります。

料理の美味さ以上にデス。

それは白米の美味さなんですね。

地元は稲作の産地であったりするので、半端な白米じゃぁ誰もお店に行きません。

とにかく、白米だけもでも食が進むくらいのものでないとダメですね。

米屋やスーパーなどで買った米は、ワタシ達、地元民は不味くてダメなんですよ。

贅沢だと思うのでしょうが、自分の所や親戚などで稲作をしているなんて人が多いものだから、米だけは美味い物を食べているんですよね。

それが普通なのです。

そのかわり、デパ地下のようなハイセンスなお総菜は一切ありませんです。笑

自家米があり、自家製味噌があり、自家製野菜があり、自家製漬物があり・・・・・

我が家の食卓の、愛妻の実家のものを含めての自給自足率は、たぶん70%くらいになりますな。

食卓が茶色いということにもなりますが。。。。苦笑

亀田親父またかい・・・

WBCフライ級王者・亀田興毅(23=亀田)がプロ23戦目で初黒星を喫した。27日、有明コロシアムで行われた暫定王者ポンサクレック・ウォンジョンカム(32=タイ)との王座統一戦で、経験豊富な相手の術中にはまって0―2の判定負け。

初防衛に失敗して王座から陥落した上に、陣営が裁定にクレームをつける後味の悪い敗戦となった。

興毅の敗戦に父・史郎氏の怒りが爆発した。試合後、立会人を務めた日本ボクシングコミッション(JBC)の安河内(やすこうち)事務局長とタイ人のタンガラジャ氏、メキシコ人のガルシア・レフェリーを控室に呼びつけた。「採点がおかしいやんか。安河内、言い訳すんな」。ドアの向こうから怒号。椅子が倒れたような音も漏れた。

問題の場面は5回。偶然のバッティングで興毅が右目尻をカットし、ポンサクレックが1点減点された直後、2度目のバッティングが起きた。この時は興毅ではなくポンサクレックの左目上が切れたが、史郎氏は「メキシコ人のレフェリーが、うちのセコンドに2回分の減点2をとったと言った。安河内が見て見ぬふりをした。クビや」と怒りは収まらなかった。

一方、安河内事務局長は「レフェリーは選手側に話をしてはいけない規則があり、減点する場合はその都度ジャッジに確認を取るのが普通だが(2回目は)それもなかった」と裁定が正しいと強調。

ガルシア・レフェリーも“減点2発言”は「混乱していた。申し訳ない」と謝罪した。

だが、減点が1つ増えても勝敗は変わらなかった。明暗を分けたのは興毅自ら課題に挙げていたジャブ。ポンサクレックに先に右ジャブを打たれ、そこから左ストレートや強烈な右アッパーを浴びた。

無数のジャブを食らい終盤には鼻血も出した。採点は1人が引き分けで、残り2人は3点差と4点差でポンサクレックを支持。判定を聞くと何度も首をひねり「あかんかった」と発した言葉がすべてだった。

内藤大助に敗れるまで17連続防衛を果たした“フライ級の顔”を倒すことを目指してきた。「ずっと世界のトップにおった。いつも戦うことを見据えてやってきた」。

その壁を乗り越えられなかった上に、セコンドライセンス無期限停止処分の解除を求めている史郎氏の“暴言”。問題視されることは必至で、亀田家はまたもや厳しい立場に立たされる。

(スポニチアネックス)

亀田が試合をすると、いつも何か後味の悪いことが起こるねぇ~。

どんなクレームをつけようとも、試合の流れを見ていて、亀田が負けていたのは素人のワタシにだってわかりますわ。

亀田一家の元凶は親父にあり。

これ間違いない!

子供達はいろいろあって、柔軟性を持ってスタイルを少しずつ変えているようだけど、この親父だけはダメだわ。

この親父から離れないと、亀田3兄弟はこの世界で大成しないな。

2010年3月27日 (土)

大バカ国家ニッポン

買い取られる日本の自動車技術

自動車金型では大手企業である【オギハラ】の群馬県館林市の工場が中国の中堅企業に買収されると日経は報じていますが自動車の金型工場が中国企業に買収されるという事態を日本はあまりにも簡単に考えています。

日本が保有します技術を中国企業がさらっていく訳であり今後日本で自動車開発が出来ない事態に陥るかも知れません。

以下は中小企業の金型材メーカー社長の話です。

このままではほんと、モノ作りの担い手が日本から消えますよ。
プラスチック成型、木工、鉄工・・。日本の技術を底辺で支えてきたところばかりです。職人がもうあかんと言って次々と消えています。
今にツケがきます。景気が戻ってから大企業が作ってくれと言っても誰もおらんからね。日本のモノ作りにとっても本当に危機ですよ。
(Nevada)
日本の技術の底辺を支える業界もひどいようですね。
こういった中小企業が日本経済の底辺を支えているのにね。
そこを、外資(中国)に持っていかれたら、もう日本に残るものはありません。
ワタシの業界にしたってそう。
我も我もと中国に進出しだした頃、日本からの職人が技術指導に行ったんですからねぇ。
その当時の職人達は、「俺も世界からお呼びがかかる職人なんだ」と鼻高々だったんですよ。
その話を聞いた時、当時でさえワタシは「日本はダメになるかも・・・・」と思いましたよ。
もう20年近く前の話ですわ。
今では当時の一流の職人たちも、自分の所(日本国内)に仕事がなくて、どんどん廃業しているありさまです。
自分で自分の首を絞めたニッポン。
グローバルなんて横書きの言葉に浮かれた末の結末ですわ。
ワタシだってある程度のグローバル経済は認めますよ。
しかしねぇ、日本人が日本国内で働く分まで、国外に労働力を持っていっちゃぁダメだよ。

2010年3月26日 (金)

中国人観光客さまのお出ましじゃぁ~

今、九州に来ておりますが、地元の新聞では九州の経済が中国観光客に依存し始めている事実が報じられており、中国が九州を実効支配しつつあります。

この実行支配は不況に苦しむ商店主等からすれば願ってもない事態ですが、気がつけば中国人なしではビジネスが成り立たない状態に追い込まれる筈です。

鉄鋼・工作機械等ではすでに中国からの注文がなければ立ち行かない事態になっており、今、この事態が一般市民レベルにまで広がってきているのです。

ワールドレポート(3月20日号)にて解説しました沖縄問題も根は同じであり、政治的にも経済的にも中国の沖縄・九州支配がじわりじわりと進んでいます。

(Nevada)

上記記事にも書いてあるように、ワタシも心配しているのは「中国人なしではビジネスが成り立たなくなる事態」なのですな。

最近、ワイドショー化されつつある夕方のニュース番組のなかで、「中国人観光客が日本で、もの凄い金額の買い物をして帰る」のような報道を多く見かけます。

そのようなニュースを見るたびに、ワタシはとある光景が思い浮かんでしまうのです。

なぜか解らんのですが。。。。

「千と千尋の神隠し」

湯屋に多くの八百万の神々がやってくる。。。。

色々なシーンがダブって見えてしまうのですわ。

全然関係ないんだけどね。

日本人の購買力が上がらないと、絶対に日本は良くなりません。

目先だけの事だけにとらわれずに、考えるな!感じるんだぁ~!

そうすれば自ずから道が見えてくると信じたいですな。

そうそう、ダブルところを思いついた!

目先の欲だけにしがみつくと、気づいた時にはカオナシに全て飲み込まれちゃいますぜ。

(´Д`;≡;´Д`)アワアワ

**おことわり**

2009112912460000 ワタシは中国人観光客の方々を否定している訳じゃぁ、一切ございませんです。

むしろ歓迎光臨!!でございます。

ただただそれだけじゃぁ、日本はアカンヨと申しているのでございます。

2010年3月25日 (木)

東名・浜名湖SAの「うなぎ おにぎり」を喰らう

2010032520050000_2

今日、日帰りで北関東から名古屋へ営業兼配達に行ってきたのデス。

名古屋日帰りってのが泣かせますわ。

途中、よく買い求めるのが、東名高速 浜名湖サービスエリアの「うなぎ おにぎり」デス。

ワタシ的には、浜名湖サービスエリアで№1 にオススメの商品です。

2010032520060000 酢飯にうなぎ蒲焼のたれ、刻み生姜が混ぜてあり、酢飯と蒲焼のたれの相性が最高にいいのですよ。

そこに、うなぎの蒲焼の切り身が具材として入っています。

このおにぎりは本当にオススメですぞ!

ワタシはいつも3個、家に持ち帰って、「ひつまぶし」のようにいただきます。

1個目は、そのままいただきます。

2個目は、刻みネギを中に入れていただきます。

3個目は、ズバリ!お茶漬けにしていただきます。

どの食べ方をしても、最高に美味いですよ。

*ふんどしばあちゃん、どう?食べたくなった?安くてオススメだよ。笑

そうそう、途中、気になった事がありました。

日本坂トンネル周辺の高速道路の継ぎ目の段差が、やや大きくなったように感じたのです。

地震予知に対して敏感なワタシの事でございます。

思い過しならいいのですが。。。。

段差が本当に大きくなっているなら、道路公団でとっくに補修してるよね。

2010年3月24日 (水)

富山名産「ますの寿し」を喰らう

2010032406370000 富山名産「ますの寿し」をいただいたのです。

ワタシの会社の取引先に富山県もたくさんあるので、営業でよく行きます。

そんな事もあって、「ますの寿し」はイロイロ食べているのですよ。

地元のすし屋なんかでも、オリジナルの「ますの寿し」を作っていたりするので、たぶん数十種類の「ますの寿し」が存在すると思われますな。

イロイロと食べ比べると、それぞれ個性があって面白いものです。

しかし、中にはダメなものもあります。

鱒だけに、生臭さが強く残っている「ますの寿し」もあったりします。

それだけはダメですね。

いただけない。。。。

今回いただいたのは、ホテル ニューオータニ高岡の「ますの寿し」です。

ここのは、ますの切り身も厚めで、寿司めしもヤヤ柔らかめです。

なので、「ますの寿し」初心者には食べやすいでしょうな。笑

生臭くもないので良い感じです。

しかし、ワタシが本当に好きなのは「ぶりの寿し」!

これは最高に美味いです。

富山に行ったときには、「ますの寿し」も良いけれど、「ぶりの寿し」もオススメしますよ。

ワタシが言うんだから間違いない!!猛爆!!

2010年3月23日 (火)

東京のとあるところに行ってきた

今日、東京のとあるところに仕事で行ってきました。

近くでは新幹線が高架で走り、

モノレールが高架で走り、

首都高速が高架で走り、

電車が住宅地の横の高台を走り、

商店街は道幅が極端に狭く一方通行。

その商店街のまわりには大きなビル・ホテル。

そこでワタシはふと思いましたよ。

ここで関東大震災クラスの地震が起きたらどうなるのか。

ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!

Σ(゚д゚lll)アブナッ !

モヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!

寒気が止まりませんでした。

本当に当地で大地震が起きたら、えらい事になりますぞ。

今以上の対策が必要かと思いましたな。

2010年3月22日 (月)

景気の底打ちなんて大ウソだぁ!

日本が世界一となっていました【工作機械生産額】ですが、2009年は中国が世界一に躍り出てきており、落ち込み方が比較的少なかったドイツが世界第2位になり、日本は一気に3位に転落していることが明らかになっています。

1位 中国  109億5000万ドル(+8.9%)
2位 ドイツ  78億2160万ドル(-35.2%)
3位 日本   58億8890万ドル(-56.5%)

日本は1982年から2008年まで26年間にわたり世界一の座を確保してきましたが、昨年は一気に3位にまで転落しており、今後さらに順位を落とす可能性が出てきています。

日本の生産額(58億ドル)ですが今や半分以上が中国・韓国向け等輸出向けとなっており、中国の景気がピークから落ちてきている今、58億ドルが半減する可能性すら出てきているからです。

*中国の景気ですが、例えば合成樹脂価格が2月の高値から1~6%値下がりしてきており、中国の在庫急増もあり中国が購入を控え始めたとされており、中国の景気がピークアウトしたという見方も出来るのです。

中国バブル崩壊は上海万博が終わってから本格的に表面化すると言われていますが、一進一退を繰り返す中国株の動きを見ますと(上海総合株指数は3000ポイント、香港ハンセン指数は20000ポイント前後で上下動を繰り返しており、米国・ヨーロッパ・日本の株価指数とは全く違った動きをしています)、すでにバブル崩壊は始まっており、今後中国に溜まりにたまった在庫(製品・原材料)が世界市場に流れ込んでくれば、世界経済は大混乱に陥ります。

そして日本が中国向けに生産している工作機械がキャンセルされたり、決済不能となることもあり得、そうなれば苦境に直面している日本の工作機械メーカーの倒産が急増することもあり得ます。

中国の下請けになりつつある日本企業は中国バブル崩壊の直撃を受ければ、倒産の嵐となるかも知れません。

すでに、中国経済バブル崩壊を警戒する大企業は猛烈な勢いでコスト削減に動いています。

凸版印刷  :今後3年間で工場を30削減し1000億円削減
日立製作所 :3,100億円のコスト削減
東芝    :4,200億円のコスト削減
ソニー   :3,300億円のコスト削減
パナソニック:3,700億円のコスト削減
シャープ  :2,000億円のコスト削減
三洋電機  :  510億円のコスト削減
三菱電機  :  600億円のコスト削減

電機大手だけで1兆7000億円を超える<コスト削減>となっているのです。
しかも、これは当初計画に比べ3,600億円も上積みしているのです。

マスコミで流される景気回復論に乗り在庫構築・設備投資等を行えば企業はとんでもない事態に直面することになります。

(Nevada)

大企業でさえ、上記記事のようにコスト削減の上積みをしているようです。

もちろん私の極小会社も、これ以上コスト削減できないという所までコスト削減しています。

それでも、決算は+にならず、やや-ぎみです。

「じゃあ、これ以上どうしろってんだぁ~!?」とボヤきたくもなるものですよ。

鉛筆一本でさえ、必要なもの以外一切買わない。

悲観的になっていては何も始まらないのですが、ワタシの業界では今、始めたら終わりなのです。

今は「耐えがたきを耐え、忍びがたきを忍び」ですわ。

イカスぜ!このばあちゃん!!

今日はお彼岸の中日なので
ばあちゃんはおはぎをこしらえて、じいちゃんにお供えしたよ。

じいちゃんはおはぎが大好きでねぇ
最後の半年は、食べ物は愚か水さえも口に出来なかったから
お茶もたっぷり入れてあげた。

東京のお天気も風は強かったけれど、おおむね晴れて
青空がきれいだった。

初お彼岸だったね。もう五ヶ月かい 早いもんだね。

去年の今頃は、ちょうど手術してなにも食べられなくなって
喉に穴があいてしまって、声が出なくなった時だった。

おととしは、いつもの書斎でいつもの原稿をスタンドの下で書いていた。


みんなの大切な人たちは元気かい?

大切な人との時間は、大事にしないといけないよ。

別れや不運はいつも突然だ。

ふつうに過ごす幸せの時間を できることならしっかり味わって楽しんで
愛おしくすごしていこうね。

ここにきているみんな、明日も幸せだなんて思うんじゃないよ。

この幸せってもんは奇跡みたいなもんだ。

ありがたく受け止めて、まずは感謝しないとね。

ありがとうは、いう方もいわれる方もうれしい言葉だ。

生きているうちにたくさんたくさんいっておこうね。

(そうはイカの塩辛日記)

http://ultramaman.blog9.fc2.com/

このブログのような、ホンモノばあちゃんがいる限り、日本は復活するぞ!

是非、訪ねてみてください!


2010年3月21日 (日)

地震予知情報!

ワタシが信頼している地震予知を目指す複数のサイトでの観測データが、大きな異変を観測しています。

ワタシの今までの経験から、以下の予知情報とします。

地震予知情報

日時:3月末日くらいまで

場所:本州太平洋沿岸中心

規模:M5~M6前後(震源が浅く沿岸付近の場合、最大震度5弱)

時々、ワタシの地震予知情報も当たっております。

ご用心ご用心。。。。。

2010年3月20日 (土)

最低の拝金主義国  中国

2010年3月17日、医学博士で山東省政治協商会議委員の苑嗣文(ファン・スーウェン)氏は中国のブログサイト・新浪博客に記事「地溝油と腫瘍」を掲載した。

国営ラジオ放送サイト・中国広播網が報じた「中国人は下水道の汚水から作られたリサイクル食用油(地溝油)を年間300万トンも食べている」との衝撃的なニュースについて論じている。以下はその抄訳。

リサイクル食用油のニュースは全ての中国人の怒りと驚きを招いた。われわれは豊かになった。しかし病気、特にがん患者はその数を増している。

リサイクル食用油は高温で精製されるために細菌やウイルスの心配はないかもしれない。しかしその中にはヒ素の百倍も毒性が高く、地上最強の発がん性物質とも呼ばれるアフラトキシンが含まれているのだ。なるべく外食は避けること。特に揚げ物や水煮魚(油で川魚を煮る料理)はリサイクル食用油が使われることが多い料理だ。

なぜリサイクル食用油が作られるのか。それには中国人の飲食習慣が関係している。食べきれないほどの料理を出すのがおもてなしという文化があり、客も料理を食べきっては失礼にあたる。

特に接待ではこうした問題は驚くほど深刻だ。こうして余った食料からリサイクル食用油は作られている。昔は「金持ちは余った肉を腐らせ、道には餓死者がいる」世界だったが、科学技術が発達した今では、腐った肉はハムとなり、リサイクル食用油となっている。

また、この問題の背景には中国人が拝金主義になったことがある。

金が全て。

そのほかは、正否も信仰もなければ、美醜も善悪もない。

こんな民族は本当に恐ろしい。

社会的責任が全くないのだから。

「人にやられたくないことは、人にしてはならない」というが、今や農薬漬けの野菜を作り、リサイクル食用油を使った食品を売り、メラミン入りの粉ミルクを作るようになった。

自分では食べられなくても人に売ればいいという考えだ。

(Record China)

まぁ~こういった事件は、日常茶飯事にあるようですな。

現地の中国人も、中国人経営の店(レストラン)は、敬遠するって地域もあるくらいですからね。

信用できるのは台湾人経営・韓国人経営・マレーシア人経営などと聞いた事もあります。

「食の中国」はどこに行ったのか?

確かに美味しい店も沢山あるんですよ。

しかし、どんな店に行っても「博打感覚」で「下痢をしませんように・・・」などと考えながら食べる食事は美味しくないよね。

マックやケンタッキー、ピザハットでさえ、入ったお店によっては下痢をしますからねぇ。

大好きな中国の大嫌いな部分ですね。

「拝金主義」云々の話がありますが、日本の比じゃなく富裕層の数が多いですからねぇ。

オネーチャンのいるカラオケなんかでも、チップをそれぞれ5000円位は平気であげるそうです。

そのオネーチャンの数が、ひとつの部屋に5人とか8人とかいるんですからねぇ。

3人で飲みに行ったとしても、それくらいオネーチャンをはべらす訳ですよ。(羨ましいぞ!笑)

そういったお金を湯水のように使える奴らがものすごい数いたら、まわりも「拝金主義」に傾くのも頷けますわ。

恐るべし!中国「拝金主義」

2010年3月19日 (金)

ANA頑張れ!(ANAの赤字拡大)

【全日空】の2010年3月期の営業赤字が当初想定していた200億円から600億円へ拡大すると報じられています。

売り上げ高も昨年より10%程減少の1兆2000億円となるようで、先に倒産しました日本航空から客が逃げてきてはいますが、売り上げ減少となっているのです。

1000億円もの経費削減でも赤字になるもので、来年度は更に1000億円規模の経費削減をして500億円程の営業黒字にもっていこうとしていますが、売り上げが更に減少すればこの黒字化も絵に描いた餅になります。

【日本航空】は経営破たん後も赤字が増え続けており、単独では存亡が難しくなりつつありますが、【全日空】も余裕がない状態になりつつあり、どちらかが「消える」ことでしか黒字化は難しくなりつつあります。

国内線では今年6月以降、【日本航空】の株主優待券が消滅しますが、仮に【全日空】が株主優待券を温存した場合、客が【全日空】に流れ【日本航空】の国内客が激減することになるかも知れません。

【全日空】の営業赤字予想が【日本航空】消滅を後押しすることになるかも知れませんが、前原大臣は重大な決断をすることになるかも知れません。

(Nevada)

Ana ANAの経営も大変のようですなぁ~

しかし、ANA専のワタシとしては頑張ってもらいたいのですよ!

だって現在、マイレージ41184マイル。

大好きな中国、2回往復分貯まってんだもんねぇ~笑。

つい最近も中国に行ってきましたが、今のANA便のキャビンアテンダント(スーチーとも言う)は大変だなぁと思いましたよ。

たぶんスーチー1名減っております。

今ままでのワゴンサービスは、ワゴン1台を2名で担当したと思うのですが、先日は2台のワゴンを3名で面倒みていました。

という事は、1台のワゴンは1人で担当している事になります。

モヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!

いやぁ~1人でワゴンを担当しているスーチーは、忙しすぎて髪を振り乱してサービスに当たっているといった感じで悲壮感さえ漂い、水を頼むのも憚られるような感じでしたよ。

目も何か取り憑かれた様な感じです。

ここまで経費削減しないと生き残れないのかと、改めて我が身を振り返った次第デス。

頑張れ!ANA!!

*スーチースーチーと申しておりますが、スーチーという言葉が不適切用語であったなら、先に謝っておきます。

*それともうひとつ。

日本の航空業界の事情をかんがみ、JAL=第2ターミナル VS ANA=第1ターミナルてのを交換てのはどう?政権も入れ替わった事だし。。猛爆!!

これで密約の存在が決定的になったね

衆院外務委員会(鈴木宗男委員長)は19日午前、日米間の核持ち込みなどの「密約」に関する外務省の有識者委員会報告を受け、斉藤邦彦・元次官(75)ら4人から参考人質疑を行った。

東郷和彦・元同省条約局長(65)は、密約関連文書が破棄された可能性に言及した。沖縄返還をめぐって当時の佐藤栄作首相とニクソン米大統領が交わした「合意議事録」を有識者委が「密約でない」と認定したことに対しては、異論が相次いだ。同委員会は今後も参考人質疑を続ける方針だ。

参考人は、斉藤、東郷両氏と、元毎日新聞記者で沖縄返還時の米軍用地の原状回復補償費をめぐる「密約」を報じた西山太吉氏(78)、大平正芳外相秘書官の森田一・元運輸相(75)の計4人。

東郷氏は条約局長だった1998~99年に核持ち込み「密約」に関連する58点の文書をファイル5冊にまとめて文書のリストを作成し、後任の谷内正太郎条約局長(前外務次官)と藤崎一郎北米局長(現駐米大使)に引き継いだことを明らかにした。

東郷氏は、リストで16点を重要文書としたが、外務省が有識者委報告と同時に公表した関連文書では8点しか確認できなかったとした。見つからなかった文書として、60年に当時の条約局長が米側から核兵器の所在について明らかにしない政策を伝えられた記録などを挙げた。東郷氏は「外務省の内情を知る人から(2001年の)情報公開法施行を前に破棄されたと聞いた」と証言した。また、破棄の権限が局長にあったと述べた。

一方、西山氏は「合意議事録」に対する有識者委の判断を「誤認で、むしろ少数意見だ。米側は、日米トップが実名で署名した文書は絶対に揺るがすことのできない合意事項と認識している。引き継ぎがないから密約ではない、というのは、学者の概念として全く間違っている」と厳しく批判した。東郷氏も「約束と言っていいことで、国民に伏せられていたので、密約と考えられる」と指摘した。

有識者委が日米に暗黙の合意があったとして「広義の密約」と認定した1960年の日米安全保障条約改定時の核持ち込みについて、斉藤氏は「日本と米国の間に了解の差が存在していると思っていた」と述べ、密約性を認めた。東郷氏も米国が戦術核の艦船などからの撤去を宣言した91年以前の話として「核の持ち込みはあり得ると思っていた」と語った。

鈴木委員長によると、今回の人選では各党が推薦した関係者の中から日程の都合がついた4人が選ばれた。

(読売新聞)

やはり密約は存在していたんですねぇ。

>>関係する書類は2001年の情報公開法施行を前に破棄されたと聞いた。

ここまで分かっていて、自民党もシラをきるのでしょうかね。

こういった事は、代々の総理大臣(麻生まで)に情報は受け継がれていたはずです。

それを白々しくも”知らず存ぜぬ”を通す自民党のやり方には怒りを覚えますね。

やはり、政権政党として自民党は信じられないですな。

政権に戻してはいけない。

ワレワレ庶民も、今の偏ったマスゴミの報道に惑わされる事なく、「考えるな!感じるんだぁ~!!」の精神で本質を見極めるべきでしょうな。

2010年3月18日 (木)

もうすぐスイセンの花が咲きそうです

2010031808340000 ワタシの家の庭の花壇では、スイセンの花が咲きそうです。

これから花壇も賑やかになってきますな。

スイセンはほおっていても、来年になると株を増やして一回り大きく咲いてくれます。

スイセンだけで約15種類くらい植えてあるので、これから色々な花の形のスイセンの花が楽しめます。

春。

良い季節を迎えますなぁ~

2010年3月17日 (水)

アメリカ、国家国民を上げての日本バッシング状態

【PJニュース】

トヨタ自動車の「プリウス」が米カリフォルニア州で3月8日に「暴走した」とされる問題は、運転していた61歳男性の自作自演である可能性が濃厚となった。

この男は「ブレーキがきかず、時速90マイル(約145キロ)で走行を続け、停車できなかった」などと説明した。

だが、トヨタ側がこの車両に残されていた電子データを解析すると、男がアクセルとブレーキを交互に踏み込み、速度を調節しながら暴走していたことが分かった。

この男の自作自演の可能性が非常に高い。

自作自演による日本車叩きはまだまだある。

トヨタの大規模リコールでの公聴会で証言したスミスという人物も自作自演の可能性がある。

スミスは2006年に「レクサスES350」に乗っていた際「車は勝手に加速を続け、時速100マイル(160キロ)超になってしまった」と泣きながら証言した。

この泣き顔を米マスコミは大々的に報じた。だが、このクルマを米当局が買い取って調べたところ、急加速のトラブルはなかった。

さらに、アメリカ人の自作自演日本車叩きは加熱している。

米ABCテレビが、ニュース番組取り上げたトヨタ自動車の急加速を「再現」する映像では、ABCは急加速するトヨタ車の映像とともに、エンジンの回転数が急増したメーターの映像を流したが、このメーターは停止した車のものだった。

ABCは「走行中の車では、うまく撮影できなかった」と釈明した。

アメリカの大手マスコミが仕掛けた日本叩きとなると、手が付けられない。

偏狭なナショナリズムがアメリカ国中に渦巻き、何が何でも日本が悪者になる。

そのうち、日本人への人種差別も平然と行われることになろう。

「ジャップ」などとの差別用語が平然と口にするようになるだろう。

人種差別が横行していた昔のアメリカに逆戻りだ。

おんぼろクルマしか作れないGMが倒産した腹いせに、アメリカ人が自作自演で日本車の欠陥を造り出し、一方で環境に最悪なアメリカ車を日本政府にエコカーだと認定させる。

いま、帝国化が進むアメリカは偏狭なナショナリズムに覆い尽くされている。

まともな議論など通用しない。

やはり、日本は今、アメリカとの関係を根本的に見直す時期に来ているのだ。

ここまでアメリカ国家・国民の皆さんも日本をバッシングしてどうなんだろうね。

インチキをベースに相手国を叩く。

?????

以前、どこぞの国も兵器を開発・隠しているとかで、戦争を仕掛けられたことがあったっけねぇ。

何?それと同じ事を日本に仕掛けてきているわけ?

経済戦争・貿易戦争って感じ?

ここの国の皆さんの考え方は、「わが国が№1」「世界の警察だぁ~」「ドルは世界で使える通貨である」などど、思い上がっている奴も多いですからねぇ。

ワタシが基本的に一番嫌いな国家はアメリカですからぁ!

ASIAN大好きheart04

「ワタシ達の暮らしに影響がなければ、別に付き合うこともないじゃん」くらいにしか思っていないのが、私のアメリカに対する思いですから。

ASIAN諸国の比較的デレェっとした感じが好きですね。

ワタシの好きな旅行先

3位 ベトナム

2位 タイ

1位 中国

???

話がそれた?猛爆!

日本はどこに向かおうとしているのか

キャンベル次官補が17日の訪日を中止したと発表になっていますが、キャンベル次官補は日本重視派でしたが、事実上国務省で孤立したことになり、米国政府が対日政策を変更したことになります。

鳩山政権はもはやアメリカから事実上の『無視』宣言をされたことになりますが、オバマ大統領に対しての非礼、クリントン国務長官との会談での無礼等々、今までアメリカはよく『耐えて』いたと言えますが、もはや日本をまともに相手に出来ない国であると判断したもので、今後、最悪の場合、アメリカは日本を『敵対国』として認識する可能性すらあります。

鳩山政権は早急に退陣し、挙国一致内閣を作りあげ対米関係を修復しませんと、日本は世界から孤立することになり、戦前のような状況になりかねません。

また、今回の黒マグロ取引禁止問題も、日本を陥れる勢力が背後にいることは世界の外交筋では常識ですが、当の日本だけが分かっていません。

黒マグロ取引禁止採択>日本は事実上の無視をする>世界中から日本は国際的な取り決めを守らない国であるとのキャンペーンが開始される>日本人を排除する動きが世界中で開始

アカデミー賞のイルカ漁を取り上げた映画が賞を受賞>クジラ肉を出したカリフォルニア店の摘発等もそうですが、『一連のシナリオが出来あがっている』のを日本政府は知らないようで、まったく頓珍漢な対応をしています。

今、日本が取るべき対応は、黒マグロ取引禁止法案に賛成することなのです。

これで影響を受けることは確かですが、マグロ漁は大西洋・地中海から撤退すれば良いことでありマグロの冷凍在庫は一年以上あり、かつ完全養殖技術も確立されており食生活面では特に問題は生じません。

反対に、今回の取引全面禁止で困る国はマグロ漁をしている地中海沿岸国であり、仮に1年でも日本が買い付けを停止すれば、ヨーロッパ内でマグロ漁再開を求める決議が出てくるのは必至だと言えます。

外交能力を失った国は歴史上消滅している『事実』を我々はもっと認識しておくべきだと言えます。

(Nevada)

確かに今の日本は、世界外交上どこに向かおうとしているのか読めませんね。

孤立だけは避けていただきたいと思いますが。

日本国内がゴタゴタしているうちに、世界各国が日本に今まであった国益や利権を奪っていっている感じがします。

このままだと、気づいた時には世界から総スカンで孤立した小さな島国。

ってな事にもなりかねません。

ワタシが危機感を持っていてもどうにもなりませんが、何とかして欲しいとの思いは日々強くなっているのデス。

2010年3月16日 (火)

反省の言葉なし??  エリカ様

**全文略**

アクシデントがあったのは終了時。

会見は出席者からの質問は一切認めないスタイルだったが、去ろうとする沢尻に、リポーター陣から「反省してるのか」「(沢尻サイドに不都合な取材を一切行わないと誓約させる)6箇条は撤回するのか」と矢継ぎ早に質問が投げかけられた。

すると、沢尻は整然とした口調で「(撤回)するつもりはありません」「今回のことはスタッフが考慮したうえでしたこと。騒動に発展したのは想定外でした」と答え、マスコミへの反省の言葉はなかった。

沢尻はこの日発売の女性自身や、17日発売の週刊文春では独占ショットのセミヌードを公開。

一方で多くの新聞、テレビとの溝は埋まらないままの復帰となった。

(夕刊フジ)

エリカ様は、なんで反省するの?

エリカ様は、何で新聞やマスコミとの溝を埋めなくちゃぁならないの?

別にぃ~反省も、マスコミとの溝を埋める事もしなくてもいいんじゃないの?

エリカ様が嫌なら、相手にしなけりゃいいじゃん。

エリカ様を見たいなら応援してあげればいいじゃん。

簡単な事。

本当にマスコミってバカ。

エリカ様はエリカ様の道を行く~!

2010年3月15日 (月)

内陸振興策で出稼ぎ激減!中国沿海部の労働力不足

取引先の工場が人手不足で納期に間に合わない。このままでは受注をキャンセルするしかない」。北京で貿易会社を営む張秀麗社長(仮名)は頭を抱える。

中国で労働力不足が深刻化している。例年、春節(旧正月)休暇明けは帰省した出稼ぎ労働者(農民工)がよりよい条件を求めて転職することが多く、それ自体は珍しくない。

だが、「今年の状況は異常」(張社長)。特に、中国南部の電子部品や機械、服飾などの輸出工場が深刻で、100万人以上足りないともいわれている。

理由は大きく二つある。第1に、都市と農村の格差是正を目指す政府の地方振興策によって、内陸部で大量の雇用が生み出されていることだ。リーマンショック後、給与・福利厚生削減で魅力が薄れた沿海部へわざわざ出稼ぎに行くより、多少賃金は安くても地元で働いたほうがいい、と考える農民工が増えている。

人力資源・社会保障部(日本の厚生労働省に相当)が、春節前に約9000人の農民工を対象に実施した調査によれば、「春節後も出稼ぎを続ける」との回答は全体の62%で、前年より6ポイントも低下した。

もう一つの理由は、農民工の変質だ。かつて農民工といえば、文字どおり「農民」だった。だが、「最近は高校や専門学校を卒業した若い世代が多く、賃金や福利厚生に対する要求水準が高い」(朱炎・拓殖大学教授)。

労働力を確保しようと各企業が続々と10%前後の賃上げに踏み切っており、従業員のために卓球場やビリヤード場をつくる企業も出てきた。高賃金と福利厚生でなんとか労働力を確保してきた日系企業も、「今後の影響は避けられない」(大手アパレルメーカー幹部)と打ち明ける。

中国農村部の余剰労働力は膨大で、いずれ労働力不足が解消されることは間違いない。問題は人材の「質」であり、これを維持できなければ生産性が落ちてしまう。中国の人材争奪戦はこれから本番を迎える。

(ダイヤモンド・オンライン)

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

とうとう中国でも人材不足の時代がやってきたのか!?!?

ワタシの見聞きした中でも、中国の人件費(賃金)は、もの凄い勢いで上がってきていますからねぇ~

先日訪中した時(春節明けすぐ)にも、職種を問わずたくさんの店で従業員募集の張り紙がお店の入り口や工場入り口に貼ってありました。

中国の人件費が上がってくれば、自ずから製品にも転化される事になります。

日本製品と中国製品の金額の差が、ほんのわずかでも小さくなるわけです。

ワタシの会社ようなグローバル経済に逆らって国内自社製品にこだわるものとしては、良き方向です。

日本が良くなるには、日本国内でモノを作る事にある程度回帰しないと、絶対に日本国内が良くならないと思っているので、ワタシ的には歓迎すべき事です。

2010年3月14日 (日)

ワタシの家に蘭の季節がやってきた

2010031418380000 ワタシの家に、蘭の季節がやってまいりましたぁ~

この胡蝶蘭は今年で3年目。

やや大きめの花が咲きます。

ダイナミックな感じが良いですな。

ワタシは大きな花より、小さめの花が好きなので、この花のほうが好きですね。

2010031418350000 デンドロビウムです。

この花は2年目。

ワタシの家は冬場でも暖かいので、「蘭の育て方」などという本に書いてあるような神経を使わなくても、水をやってほっとくだけでここまで花が咲いてしまします。

ありがたい事ですわ。

蘭の花が家の中にあると、リビングが華やかになっていいですね。

地震予知的中!

ワタシ、3月9日に地震予知警報を発令しておりました。

http://hiro556.tea-nifty.com/blog/2010/03/post-ed41.html

実際には以下の通りとなります。

情報発表時刻 2010年3月14日 17時13分
発生時刻 2010年3月14日 17時8分ごろ
震源地 福島県沖 緯度 北緯37.7度 経度 東経141.9度
深さ 40km 規模 マグニチュード 6.6
震度5弱 福島県 福島県浜通り 楢葉町 楢葉町北田

今回は的中と言ってもよいでしょう。

関東以南ですが、今回の発生場所は福島県沖。

まぁ、的中の範囲でしょうね。

しかし、ワタシは違う場所での地震発生を感じるのですよ。

関東~四国の太平洋沿岸。

宮城県沖も少し気になります。

まだまだ危機は去ったわけではありません。

終わったニッポン

『資源メジャーは中国ばかり見ていて、今や我々(日本の鉄鋼大手)は鉄鉱石を売ってくださいとお願いするしかない『土下座外交』だ。日本という国の将来と重なるかも知れない』(鉄鋼大手原料担当者)

これが今の日本の置かれている実態です。

この内容は朝日新聞の【鉄鉱石 2倍に高騰も 中国の需要増が影響】という報道の締めの部分で掲載されていたものですが、今の日本が置かれている実態を現場の日本人が嘆いているのですが、日本の将来を見事に見通していると言えます。

日本はこのままいけば、世界中のどこからも相手にされなくなる国になり下がるとこの担当者は見抜いているのです。

大方の日本人は日本は世界でも有数の国であり、裕福な国と思っていますが、GDP総額は政府統計では確かに世界第2位かも知れませんが、一人当たりのGDPでは日本はOECD加盟国中で≪19位≫となっているのです。

この≪19位≫という数値を見れば、日本人が超高級ブランドをあきらめて『ユニクロ』に殺到したということも納得がいきます。

もとから無理をして超高級ブランドを買っていたものの、それも疲れてきて収入も減ってきており、『もう無理はやめた』となり一気に『ユニクロ』まで落ちてきたのです。
しかも『ユニクロ』の品質が安かろう・悪かろうというバーゲン品ではなく、そこそこ使えるとなれば、この流れが一過性ではないのも頷けます。

今や日本のデパートも日本人をあきらめて中国人にターゲットを絞ってきていますが、産業でも消費でも中国人の『下請け』になりつつのが日本であり、日本人になっており、企業はこのような日本を捨てて海外に活路を見出すのも分かります。

むしろ海外で生産を行い日本に輸出する方がはるかに有利になる事例も多く出てきており、今後日本では工場は激減し、労働者も減り、日本はますます衰退していきますが、これも致し方ないかも知れません。

衰退しながらも借金を積み上げる日本という国は破滅にならないと国民は気付かないのかも知れません。

以前にも記載しましたが、以下の報道を今一度お読みください。

【2050年の日本に残っているのは、荒廃した東京、崩壊する高速道路、新幹線の跡など、かつて繁栄したのに針路(進路)を見失った社会の亡霊のような残像だけ】
(2009年9月28日号 バロンズ誌:トップ記事)

この崩壊が今年2010年から始まり、行き着く姿がこの2050年かも知れませんが、ユーロ危機はこの報道時にはまだ想定されていませんでしたので、実際にはもっと早い時期にこの残像が見られる筈です。

『準備出来る者』に残されている時間はそう長くはありません。

(Nevada)

最近ニュースを見ていると、日本も世界から相手にされなくなってきているなぁ、、、と感じる事があります。

ワタシ的には、「経済大国ニッポン」なんて言葉は、とっくの昔に死語だと思っていますから、そう大きく感じ入ったりはしないんですけどね。

ただただ、将来を担う子供たちのことを考えた時、暗澹たる気持ちになるのですよ。

明るい将来のない世の中で育つ子供達に、「夢を持て」だの「希望を持て」だの言えないですよね。

「世界中にはもっと酷い環境で暮らす人たちがいる・・・」などと言って、今の現状から逃げてはいけませんよ。

何事も堕ちるのは簡単、這い上がるのには、その何万倍もの労力が必要です。

その何万倍もの労力を、今の子供達の負わせないようにするのも、今の政治(大人)のすべき事なんじゃないのだろうかと思いますね。

2010年3月12日 (金)

トヨタの工場内で自殺か。。。

12日午前6時10分ごろ、愛知県刈谷市一里山町金山のトヨタ車体富士松工場で、製造中の乗用車内に男性が倒れているのを従業員が発見し、119番した。男性はすでに死亡、車内から硫化水素が検出され、刈谷署は自殺とみて身元の確認を急いでいる。

同署によると、現場は車製造の最終工程のライン上。男性は同社の作業着姿で、40代とみられる。車の窓に「硫化水素充満中」と書かれた紙が内側から張られ、車の近くから遺書のような書き置きが見つかった。従業員が一時避難したが、体調を崩した人はいないという。

同工場ではハイブリッド車、新型プリウスなどを製造している。

(産経ニュース)

再生を目指すトヨタにとって、良くない事件が起こってしまいましたね。

工場内で自殺をするって事は、それだけトヨタ自動車に対してストレスが溜まっていたという事は言えるでしょう。

職場に対して何か特別な思いがなければ、職場内で自殺するって事はあまり考えないでしょうからね。

現時点でワタシは、何が彼を自殺に追い込んだのか知るよしもありません。

ただただトヨタの経営サイドには、何故、彼は自殺までする理由があったのか、ちゃんと検証して欲しいですね。

派遣切りのように、一歩的に幕引きをしないで欲しいと思いますね。

お亡くなりになった方のご冥福をお祈りいたします。

合掌

2010年3月11日 (木)

埼玉県草加市の密蔵院で大馬家本店の草加せんべいを食らう

2010031113190001 埼玉県草加市安行原にある密蔵院というお寺さんに、野暮用があって行って来ました。

ここの桜は早咲きで、もう3分咲き。

この週末にはいい感じになるでしょうな。

お近くの方は、この桜を見に行っても損はないですよ。

ワタシ的にオススメのスポットです。

きれいに整備された境内と、桜の彩がとてもキレイでしたな。

しかしワタシ、「花より団子」。

2010031113300000 境内にある手焼きせんべいの出店の、香ばしい香りの誘惑に負けてしまったのですよ。笑

備長炭炭火焼の草加せんべい。

お店の名は、「元祖草加せんべい 大馬家本店」と言います。

まぁ手さばき良く、せんべいを焼き上げていきますわ。

2010031113310000 さすが職人芸!

目まぐるしい早さでせんべいをひっくり返し、陶器で出来たコテで膨らみ・反りを直していきます。

目の前で初めて手焼きを見ましたが、こういった日本独特のモノは大切にしていってもらいたいものですな。

2010031113400000 キツネ色に焼きあがったら、ハケで醤油を塗って出来上がりです。

15枚ほどお土産に買って、家路に向かいました。

ゴチソウサマデシタ。

公明、子ども手当法案に賛成へ

公明党は10日、子ども手当支給法案に賛成する方針を固めた。

同党の修正要求の一部を与党が受け入れたため、賛成もやむを得ないと判断した。

公明党は高校授業料無償化法案についても、一部修正に応じた与党の対応を評価、賛成の方向で最終調整する。

公明党の協力が見込めることになったことから、与党は両法案を12日の衆院厚生労働、文部科学両委員会でそれぞれ採決し、いずれも16日に衆院を通過させる方針だ。

民主、社民、国民新の与党3党は10日午後、国会内で国対委員長会談を開き、両法案について、公明党の要求に応じ、それぞれの法案の付則を修正することを決めた。

これを受け、公明党幹部は「修正を求めて与党が一部をのんだのだから、子ども手当て法案には常識的に賛成だ」と指摘。

別の幹部は、両案の扱いについて「反対というわけにはいかない」と語った。

(時事通信)

この件に関してだけは、公明党を褒めてあげよう。

与野党の壁を超えて、すぐにでも必要な法案は通す。

本来あってよいと思いますが、今までの与野党対決の構図だけでは、なかなかそうは行きませんでしたからね。

あっちコロコロの犬と呼ばれようが、今回の公明党の決断だけは褒めてとらすぞ。

しかし、ワタシは公明党は基本的にキライです。

2010年3月10日 (水)

中国に行ってきたのデス その7 最終

2010030521190000 中国に行ってきたのデスの最終です。笑

最終にふさわしい海鮮料理です。

日本のツアーにも組み込まれるほどの大型有名店です。

日本人でごった返していました。

接待接待・・がまんがまん・・・・・猛爆!

2010030520360000 たいした事なかったのでサラッとね。

びっくりしたのは、この「シャコ」。

自分の手の平より大きい!

身もつまっていて美味しかったです。

これはオススメです。

2010030518230000ワタシが好きな街の散策で見つけました。

ピザ生地に胡麻をまぶして焼いた感じで、香ばしくて美味しかったですな。

ナンのような感じかな?

2010030518220001 つぼの中に生地を貼り付けて焼いています。

辺り一帯が香ばしい香りに包まれていて、ついつい買ってしまいました。

約40センチくらいの大きさがあります。

2010030518230001_2 

短冊状に切ってくれて、頬張りながらの街並み散策はとても楽しかったですな。

これで約30円なり。

けっこうお腹にたまります。

最後に番外編デス。

2010030419040000 とあるレストランでの食器です。

清潔感溢れているでしょう?

しか~し!!

この包みを信じてはいけないのですよ!

どんな水で洗ったかわらないですからねぇ。

中国を信じると痛い目に合います。

これ実感。

明日オープンの茨城空港に一言物申す

3月11日オープンする茨城空港の年間利用客が81万人と見込まれているが、これは多過ぎると指摘した。

番組後、鳥越俊太郎が「98空港全部の需要予測と実態を調べたら?」と提案したという。

と、その数時間後、前原誠司国交相が符節を合わせるかのように、全国の空港の需要予測と2008年の利用実績を公表した。

森永「空港つくることが間違い」

冒頭にこの話題をとり上げる。高村智庸リポーターは「手前みその話」と言い、赤江珠緒は「前原さんが番組をご覧になっていたのかも」と喜ぶ。

で、肝心の「需要予測と実績」はというと、予測を上回っているのは羽田、名古屋、旭川、那覇、岡山、庄内、長崎、熊本の8空港。
20%に達しない10数か所をはじめ、ほとんどの空港が下回っており、「驚きました」(高村)。

番組によれば「空港建設のかなり前に予測する。どの路線に飛ぶかわからない」などの事情があるにせよ、役所の「指導」のもと、「ゲタにゲタを履かせて」(福島空港の需要予測に関わった人物)数字を出すらしい。

鉄道、道路の需要予測に携わったという森永卓郎も「役所から需要を出せと言われて、素直に出して受け入れられたことがない。

つくることが最初から決まっていて、その裏づけになる数字をつくれというのが実際の発注だ。

需要予測を間違えたのではない。空港をつくることが間違い」と語り、「佐賀空港をつくるときに猛反対したら、県の方から『九州で空港がないのはうちの県だけ』と、わけのわからないことを言われた」と実態を明かす。

小木逸平が「つくっちゃって負担になっても誰も責任をとらないのは納得がいかない」と口にすると、鳥越が「地元の要望をバックに、政治家、役人が暗躍してきた。

建設ありきが先だった」と述べる。

森永が「共犯といえば共犯」と正直に吐露していた。

(テレビウォッチ)

地元に近いワタシの意見をば。。。

茨城空港はぜんぜん必要ありません!

地元の建設利権などに群がる業者、政治家・役人達だけが盛り上がっていたというのが現実でしょう。

地元の知人など、誰と話しても、「茨城空港出来て良かったね」とか「これから茨城県人はは便利になるねぇ」などと聞いた事は一切ありません。

逆に「無駄遣いしやがって」とか「○○在住の○○という業者が青写真の段階で、近隣の土地を買っていたらしい」とか「どうせ赤字垂れ流しなんだから、いっその事オープンするな」などと、良い話はありませんな

誰もが赤字垂れ流しとわかっていてオープンする茨城空港。

自民党政権時代の負の遺産が、今になっても増え続けている事は、ワレワレ庶民として悲しい事です。

悲しい事?もっとひどいな悲惨です!!

2010年3月 9日 (火)

校務違反で男子3人卒業式を出席させずか。。。 

兵庫県立明石城西高(同県明石市)が2月にあった卒業式に、頭髪が耳にかかっている卒業生の男子3人を、校務規定に違反しているとの理由で出席させなかったことが9日、わかった。学校側は「髪形については生徒全員に日々、指導しており、卒業式だからというものではない。こういう結果になったのは残念」と話している。

同校によると、男子の髪形について「自然な状態で、襟や耳、まゆにかからない」などと「校務規定」で定めている。

2月27日の卒業式当日、髪形の規定に違反しているとして、卒業生の男子4人を教室に待機させた。うち1人は式の直前に髪を切って式に出席したが、残りの3人は出席できず、教室で卒業証書を受け取ったという。

同校は「卒業式までに髪形などの点検を受けるように指導したが、生徒は応じなかった」と説明。出席できなかった生徒の親1人からは不満が寄せられたという。

県教委高校教育課は「入学以来、指導していることで、生徒、保護者の理解の下、進めてきた。卒業式に出席させなかったことは不適切な対応だとは考えていない」と話した。

(毎日新聞)

こういった事には賛否両論あろうかと思いますが、ワタシの意見をば。。。。

卒業式に出席させなかった。。。

そんなの「あたり前田のクラッカー」だってぇの!

校則違反でしょう?

じゃあ、ダメだよ。

どの世界にも規則ってのがあるわけですよ。

その規則を守った中で自由にやりたい事をする。

高校でいえば、校則を守った中で自由に学園生活を謳歌する。

当たり前の事です。

社会に出てからの事でいえば、法律や交通規則などを守ったうえで、自由に生活する。

当たり前の事です。

それが出来ない者は、停学・退学や尋問・逮捕されるわけですよ。

自由を履き違えちゃいけませんわ。

世の中の決まりごとを守った上での自由が保障されるんですよ。

親からの不満が出たなんてね。

この親も大バカだね。

やはり大地震来ちゃうの?

ワタシのコメントよりはるかに参考になる記事を発見。

島田温泉水位の低下はドーよ?

http://plaza.rakuten.co.jp/555yj/diary/201003080001/

見て損はありません。

いや、見てください!

中国に行って来たのデス その6

2010030514550000 その6で紹介するのは、「心素」(シンスー)というお店。

肉・魚は一切置いていないというお店です。

そういった感じのお店なので、文化人や僧侶などもやって来るという、ちょっとハイソな感じのお店です。

2010030514040000 根菜類やキノコ類を炒めたものを、レタスでくるんでいただきます。

根菜とレタスの歯ごたえがシャキシャキと良く、軽い感じで美味しくいただけました。

他のテーブルのお客サンも頼んでいるようでした。

2010030514080000 これは、酢豚。

しかし、豚肉は使っていません。

なんだろう?肉状のものが春巻きにしてあり、それを酢豚風味で仕上げてあります。

パイナップルも入っていたので、やや甘めでした。

2010030514070001 ゼンマイのような台湾野菜だそうです。

これの塩炒め。

サッと炒めてあるので、これまた歯ごたえがよく、塩味も良い感じでさっぱりといただけました。

2010030514120000 これは、見ての通り野菜サラダ。

しかし、ドレッシングかけ過ぎ~!

甘みの強いドレッシングで、あまりおいしくなかったです。

日本のフレンチドレッシングなら最高に美味しいと思いましたな。

全体的にお値段高めです。

肉も魚も使ってないのに高いねぇ~ってのが感想でした。

地震予知情報 警報に近いかも。。。

地震予知に関して、とても気になる記事がありました。

源泉の水位低下

島田市は6日、同市伊太の市営温泉施設「田代の郷温泉 伊太和里(いたわり)の湯」で、源泉を十分にくみ上げられない状態が続いているため、源泉の水量を見ながら、当面は水道水を加えて沸かし湯にするなどして営業すると発表した。

記者会見した桜井勝郎市長は、遅くとも24日からは同市川根町笹間渡の温泉施設「川根温泉 ふれあいの泉」の湯を運んで営業するとの考えを示した。

市によると、5日午前10時頃、地下604メートルまで水位が下がったため、水中ポンプが自動停止し、源泉をくみ上げられなくなったという。

源泉の水位が通常の地下230メートルから大幅に低下しているためで、ポンプの異常ではないという。

1月9日に地下231メートルの水位を確認して以降、水位は下降を続けていた。

6日夕には水位が一時上昇し、ポンプが再稼働したが、完全復旧するかは不明という。

**後略**

(2010年3月7日  読売新聞)

島田市は静岡県にあります。

場所としては、富士山・大断層フォッサマグナ(糸魚川静岡構造線)が周辺にあり、東海地震の想定域に近い場所でもあります。

周辺での極端な水位の変化は、東海地震の前兆とも言われる現象の一つです。

現在、地球規模において大規模地震が頻発しています。

特に環太平洋周辺に大地震が集中している感じもします。

そういった中で、日本だけが例外でいられるのか?

地震大国の日本です。

関東・東海・紀伊半島・四国太平洋側周辺にお住まいの方は特に、地震の備えをしておいた方がよいと思います。

極端な自然現象の変化や動物の異常行動、家電用品の誤動作には注意を払うべきでしょう。(大地震発生前の現象のひとつとされています。)

2010年3月 8日 (月)

中国に行ってきたのデス その5

2010030418530000 食の中国なので、食べ物中心で行きます。

ここは湖南料理の店です。

特徴は辛いものがほとんどって感じでしょうか。

お店に入った瞬間から、唐辛子の辛い香りが鼻につき、鼻腔の中が痛い感じがします。

2010030419220000 唐辛子入りの”もつ煮”です。

石鍋でグツグツと煮えたぎっています。

辛さと熱さで、口の中が火を吹きます。笑

ワタシは冷たいコーラで辛さと熱さを押さえながら食べました。

でも、美味かったなぁ~

2010030419250000 ”エビの串焼き唐辛子ソースがけ”って感じでしょうか。

頭から全部食べられて、エビを焼いた香ばしさと、やや甘辛いタレがいい感じです。

10本くらいは軽くいけます。

紹興酒に良く合うと友人は申しておりましたな。

2010030419380001 ”鶏肉の香味炒め”って感じでしょうか。

小さく切った鶏肉を、ねぎ・にんにく・唐辛子・豆板醤で炒めてあります。

これもまた激辛です。

味を感じないほど辛かったです。

2010030419230000 ”魚卵の激辛トマトソース煮”って感じでしょうか。

タラコのような魚卵に、ミニトマト・ニラ・唐辛子が入ったトマトソース煮ですな。

魚卵だけを食べると、辛さの中にも甘味があってなかなかイケます。

2010030419380000 ”魚の唐辛子ソース煮ソーメン添え”って感じでしょうか。

小骨が多く食べにくい魚でした。

これも辛くてワタシには無理です。

現地の人は、この麺に唐辛子ソースをたっぷりと絡めて食べておりました。

最後に食べはしなかったけど、レアなメニューがあったので紹介しておきます。

2010030419090000 「口味蛇」

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

蛇のぶつ切り唐辛子炒め!!!

もちろん食べません!

坊さん豪遊の果てに。。。

約500年の歴史があるとされる寺に放火したとして、埼玉県警は8日、寺の住職だった同県小川町、僧侶西原弘道容疑者(53)を非現住建造物等放火などの容疑で逮捕した。

捜査関係者によると、西原容疑者は火災前日に約3億円の火災保険に入り、家財道具などを運び出していた。西原容疑者には数千万円の借金があったといい、県警は保険金目的の放火とみて調べる方針。

関係者によると、西原容疑者は昨年11月5日夜、同県東秩父村安戸の聖岩寺で、本堂や隣接する自宅に灯油をまいて火を付け、4棟約460平方メートルとリースの乗用車を全焼させた疑い。

出火当時、各棟から同時に火が出たとの目撃情報があり、県警は放火の疑いもあるとみて捜査。本堂や西原容疑者の寝室など数か所から油性反応が検出されたほか、西原容疑者が火災前日、本堂や仏具などに約3億円の火災保険をかけていたことも確認された。

県警が放火容疑で西原容疑者の親族宅を捜索したところ、火災で焼失したとみられていた徳川家光ら将軍の押印がある古文書9通などが見つかった。さらに西原容疑者が火災前、引っ越し業者に依頼し、けさや法衣、

檀家

(

だんか

)

記録など、私物や家財道具を運び出していたことも判明した。

西原容疑者は普段からリースの高級外車に乗り、寺近くの賃貸マンションを別宅にしていた。スナックで豪遊するなどし、数千万円の借金を抱えていたという。火災後は住職を辞めた。保険金は支払われていない。

寺は500年ほど前に開山したとされる

古刹

(

こさつ

)

で、焼失した本堂は約200年前に建て替えられた古い建築物だった。寺では2006年1月にも、当時の住居の一部が燃える火災が発生しており、県警で関連を調べる。

(読売新聞)

ワタシの商売柄、僧侶との係わりも少々あったりするのですが、坊サンってけっこうお金持ちが多いんですけどね。

どういった事をしたら、数千万円の借金を抱えるのでしょうかね。

豪遊する坊サンなんて沢山いますしね。

酒池肉林でしたっけ?

そんな言葉が当てはまる坊サンを沢山知っていますよ。

檀家さんの前では、もっともらしい僧侶。

各出入りの業者には先生と呼ばれ、旅行にでも出ればエロ坊主。

あ~やだやだ。

業界内を知っていると、合掌の気持ちも失せますわ。

*この事は、ごく一部の僧侶である事だけは付け加えておきます。笑

「笑」ってところがいいね。笑

2010年3月 7日 (日)

中国に行ってきたのデス その4

接待での食事がほとんどだったのです。

美味しかったものをアップしてみます。

2010030413560000_2 「香港潮福城大酒楼」という飲茶中心のお店です。

筍、蓮根がたくさん入った飲茶です。

シャリっとした食感が美味しかったデス。

ここは良く行くお店で、比較的安価で美味しい飲茶が食べられます。

2010030612220000 「鹿港小鎮」という台湾料理のお店です。

唐辛子と鶏肉の炒め物。

唐辛子の量が多くて、鶏肉を探すのが大変です。笑

中国に行ってきたのデス その3

2010030309020000 訪中時は、日本のガイドに載っていなような安いホテルに泊まります。

朝食は付いているのですが、日本人にはとても合いません。crying

はっきり言って不味いです。

なので、いつも近くのお店で朝食は調達してきます。

米と小豆を混ぜた粥です。

ごく薄い甘さのお汁粉のような感じです。

これで1元(約15円)。

2010030309020001 これは大福のような感じのものです。

上がピーナツクリーム。

下が何か大きな豆を餡にした感じのものです。

台湾人経営の店なので、現地では安心だと言ってよく売れるようです。

1箱4個入りで15元(約225円)?忘れた・笑

2010030309030000 あとはヨーグルト。

8個入り1箱で売っています。

近くのスーパーマーケットで調達してきて、冷蔵庫に入れておきます。

値段は忘れました。

ただただ工業用カルシウムが入っていない事を祈りながら食べています。猛爆!!

中国に行ってきたのデス その2

今回の訪中は仕事中心だったので、個人プレーが出来なかったのが少し残念でした。

2010030218100000 まずはフライトの疲れをとる為にマッサージに行きます。

写真は、背中を蒸しタオルで温めている所です。

2時間の全身マッサージ。

どんな時も、訪中の最初はマッサージから行動が始まります。

うら若き乙女のマッサージで天国行きですわ。。笑

(これは本当のマッサージでございます)

2010030219100000 初日の夕食は「味一番」という日本式焼き肉デス。

接待でございます。

肉は何を食べても、硬くてあまり美味しいとは言えなかったですな。

美味かったのは「イカ焼き」。

午後3時近くに中国到着なので、これで1日目は終了デス。

明日から、遠方へ仕事に行きます。

中国に行ってきたのデス

5日間ほど仕事で中国に行ってきたのです。笑

相変わらずエネルギッシュでございましたな。

中国は何でも安いと思ったら大間違いございますよ。

2010030519110000 例えばマクドナルド。

ビックマック+鳥の唐揚2個+オレンジジュース(たぶん)。

これで34元。

日本円にすると約510円になります。

結構なお値段ですよ。

味は不味かったデス。

それでも、どこのマクドナルドも盛況でした。

一般人の生活レベルも、ずいぶん向上している事が感じ取れます。

2010年3月 1日 (月)

今回のチリ地震は前震の可能性もある?

日本列島が津波に呑み込まれて

よかったですね・・・

ともこの不景気奮闘日記

でも、今回のチリ巨大地震は

マグニチュード8.8で

04年のスマトラ沖地震に次ぐ大きさ

20世紀で起きた地震の中でも

10位以内に入るとか!

今回の地震のエネルギ量は

阪神大震災のなんと!

500倍以上ビックリマークドンッ

になるとか!

で、今回の巨大地震の引き合いにだされます

1960年5月に起きたチリ大地震では、

マグニュードは8.5ですが

これは表面波で、実際の物理的な大きさを

表すモーメントマグニュードで9.5!

と、有史以来観測された地震の中でも

最大規模だったそうです・・

当時の地震の詳細をみてみますと・・・

ともこの不景気奮闘日記 <まず前震がM7.5で始まりM7クラスの地震が5~6回続いた後、本震がMs8クラスで発生した。また余震もM7クラスであったために首都のサンティアゴ始め、全土が壊滅状態になった。地震による直接的な犠牲者は1743名。負傷者は667名>

(wikiペディアより)

えっ?

ひょっとして、今回ははてなマーク

本震はこれから!?

     ダウン

スーパー巨大地震が!!叫び

(M9.5級)

もう、ダメ~ショック!

ニッポン水没!波

皆さん、お元気で・・・

私は月から見守っていますニコニコ

(あの世に行っとったのか?)

(ともこの不景気奮闘日記より)

ホントかいな?と思って、ワタシもウィキで調べましたがな。

ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

本当のようデス!

M7クラスが数回の後、ホンモノが来たようです。

何ともキナ臭い話デス。

巨大地震がいつどこで起きてもおかしくないような地球規模での地震の多発傾向。

これまた世界規模で動物の異常行動や、深海魚などの水揚げのニュースが続いています。

しばらくの間、最大限の注意が必要でしょう。

日本も例外でない、いや日本こそ危ないとの認識が必要ですね。

桃屋の辛そうで辛くない少し辛いラー油

2010030111590000 最近、「桃屋の辛そうで辛くない少し辛いラー油」というのが、バカ売れで品薄だとテレビで言っていたので、ミーハーなワタシは早速買い求めて見ました。笑

ワタシ的食べ方は、炊き立ての白米を茶碗に盛り、この「桃屋の辛そうで辛くない少し辛いラー油」(名前が長いな)を小さじ軽く1杯入れ、醤油をほんの少々かけ、刻みネギをひとつまみ入れ、軽く混ぜてからいただきます。

モヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!

旨い!美味い!!ウマイ!!!

久しぶりにヒット商品に出会いましたぞ!

是非是非食べてみてくださいませ。

。。。これで桃屋の株が上がるかな。。。猛爆!!

チリの地震で略奪が起きる

【サンティアゴ庭田学】

南米チリの大地震で、同国のバチェレ大統領は28日の会見で、死者が708人に上ったことを明らかにした。

さらに増える可能性があるという。

ロイター通信によると、津波が襲った沿岸部のコンスティトゥシオンだけで約350人が死亡した。

多数の住民ががれきの下に生き埋めになっているとみられるが、被災地が広範囲に広がり、救出作業は難航している。

チリ政府は、震源地のマウレ州と、被害が大きかったコンセプシオンに夜間外出禁止令を出した。

多数の住民が商店で食料品などを略奪していることを受けた措置。

略奪行為に加わった住民は地元テレビに対し、「カネはあるが、食料がない。断水で飲料水もない」などと語った。

チリ政府は「被害実態の調査が先」として、各国政府による支援を断っていたが、バチェレ大統領は一部受け入れる方針を示した。

簡易病院や臨時の橋、水の浄化施設などが必要という。

地震で破損した首都サンティアゴの空港は28日、一部の民間機の着陸を受け入れた。

AFP通信によると、空港再開までにさらに2日以上かかる見通し。

(毎日新聞)

大震災の後の心配すべき出来事が起こっているようです。

略奪行為に加わった住民は地元テレビに対し、「カネはあるが、食料がない。断水で飲料水もない」などと語った。

問題はここなんですよ。

お金はあるが、モノがない・買えない。(日本人の被災した時の感覚に近い)

仮に日本でこのクラスの地震が起こったとき、東海・東南海・南海地震が一度に来た感じ。

関東・中部・関西・四国周辺の経済・物量が麻痺する。

そんな感じ。

こんな環境下で日本では略奪とか起きないんだろうか?

そう考えたとき、日々の備えは必要だと思いましたね。

民主党政権に黄信号点滅始まる

民主党現職が敗退(石垣市長選挙)

注目を浴びていました【沖縄県石垣市長】選挙では現職の民主・社民等推薦の
大浜氏が自民党推薦の新人の中山氏に大差で敗れるという事態になっています。

<10時現在>
当選 中山氏(自民・公明推薦) 16,400票
   大浜氏(民主・社民推薦) 11,400票(前回13,428票)

今や民主党は沖縄でも見放されてきており、今後国民から『鳩山・小沢辞めろ』コールが湧きおこるかも知れませんが、それでも今の民主党は国民の声を聞こうとしない筈です。
衆議院300議席の権力に酔っている今の民主党議員には国民の声は関係ないのです。

ただ、問題は自衛隊です。
国を救うとして蜂起する可能性もあり、そうなれば最悪の事態になります。

今後民主党が国民目線になるのかどうか。
民主党に残された時間はそう長くはないかもしれません。

50%に近づいてきた不支持率

鳩山内閣

不支持率  49%(+2)
支持率   43%(-2)

これは日経新聞世論調査結果ですが【不支持率】が50%に接近しており、国民の半数が鳩山内閣にNOと言っていることになります。

なた、政策がよいとしている国民は<28%>、政策が悪いとしている国民は<34%>になっており、政策面でも鳩山内閣は国民の支持を失ってきています。

今後鳩山内閣不支持が50%を超えるのは必至であり、民主党は国民から見放されてきています。

(Nevada)

小泉劇場以来、ワイドショー型政治にすっかりはまってしまったワレワレ国民ですが、最近の民主党に対しての国民の思いも、昨年の感じよりすっかり変わってきています。

民主党政権もまだまだ数ヶ月、もう少し気長に見てみようよ。と思っているワタシでさえ、民主党政権に対しては一言も二言も言いたい気分ですからねぇ。

民主党全体が褌の紐を締めなおし、誰の為に政治を行うのか再認識して国政にあたって欲しいですね。

もう、強欲利権がらみの政治はもうたくさんです。。。。

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »