« 東京のとあるところに行ってきた | トップページ | 東名・浜名湖SAの「うなぎ おにぎり」を喰らう »

2010年3月24日 (水)

富山名産「ますの寿し」を喰らう

2010032406370000 富山名産「ますの寿し」をいただいたのです。

ワタシの会社の取引先に富山県もたくさんあるので、営業でよく行きます。

そんな事もあって、「ますの寿し」はイロイロ食べているのですよ。

地元のすし屋なんかでも、オリジナルの「ますの寿し」を作っていたりするので、たぶん数十種類の「ますの寿し」が存在すると思われますな。

イロイロと食べ比べると、それぞれ個性があって面白いものです。

しかし、中にはダメなものもあります。

鱒だけに、生臭さが強く残っている「ますの寿し」もあったりします。

それだけはダメですね。

いただけない。。。。

今回いただいたのは、ホテル ニューオータニ高岡の「ますの寿し」です。

ここのは、ますの切り身も厚めで、寿司めしもヤヤ柔らかめです。

なので、「ますの寿し」初心者には食べやすいでしょうな。笑

生臭くもないので良い感じです。

しかし、ワタシが本当に好きなのは「ぶりの寿し」!

これは最高に美味いです。

富山に行ったときには、「ますの寿し」も良いけれど、「ぶりの寿し」もオススメしますよ。

ワタシが言うんだから間違いない!!猛爆!!

« 東京のとあるところに行ってきた | トップページ | 東名・浜名湖SAの「うなぎ おにぎり」を喰らう »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/47895934

この記事へのトラックバック一覧です: 富山名産「ますの寿し」を喰らう:

« 東京のとあるところに行ってきた | トップページ | 東名・浜名湖SAの「うなぎ おにぎり」を喰らう »