« ANA頑張れ!(ANAの赤字拡大) | トップページ | 地震予知情報! »

2010年3月20日 (土)

最低の拝金主義国  中国

2010年3月17日、医学博士で山東省政治協商会議委員の苑嗣文(ファン・スーウェン)氏は中国のブログサイト・新浪博客に記事「地溝油と腫瘍」を掲載した。

国営ラジオ放送サイト・中国広播網が報じた「中国人は下水道の汚水から作られたリサイクル食用油(地溝油)を年間300万トンも食べている」との衝撃的なニュースについて論じている。以下はその抄訳。

リサイクル食用油のニュースは全ての中国人の怒りと驚きを招いた。われわれは豊かになった。しかし病気、特にがん患者はその数を増している。

リサイクル食用油は高温で精製されるために細菌やウイルスの心配はないかもしれない。しかしその中にはヒ素の百倍も毒性が高く、地上最強の発がん性物質とも呼ばれるアフラトキシンが含まれているのだ。なるべく外食は避けること。特に揚げ物や水煮魚(油で川魚を煮る料理)はリサイクル食用油が使われることが多い料理だ。

なぜリサイクル食用油が作られるのか。それには中国人の飲食習慣が関係している。食べきれないほどの料理を出すのがおもてなしという文化があり、客も料理を食べきっては失礼にあたる。

特に接待ではこうした問題は驚くほど深刻だ。こうして余った食料からリサイクル食用油は作られている。昔は「金持ちは余った肉を腐らせ、道には餓死者がいる」世界だったが、科学技術が発達した今では、腐った肉はハムとなり、リサイクル食用油となっている。

また、この問題の背景には中国人が拝金主義になったことがある。

金が全て。

そのほかは、正否も信仰もなければ、美醜も善悪もない。

こんな民族は本当に恐ろしい。

社会的責任が全くないのだから。

「人にやられたくないことは、人にしてはならない」というが、今や農薬漬けの野菜を作り、リサイクル食用油を使った食品を売り、メラミン入りの粉ミルクを作るようになった。

自分では食べられなくても人に売ればいいという考えだ。

(Record China)

まぁ~こういった事件は、日常茶飯事にあるようですな。

現地の中国人も、中国人経営の店(レストラン)は、敬遠するって地域もあるくらいですからね。

信用できるのは台湾人経営・韓国人経営・マレーシア人経営などと聞いた事もあります。

「食の中国」はどこに行ったのか?

確かに美味しい店も沢山あるんですよ。

しかし、どんな店に行っても「博打感覚」で「下痢をしませんように・・・」などと考えながら食べる食事は美味しくないよね。

マックやケンタッキー、ピザハットでさえ、入ったお店によっては下痢をしますからねぇ。

大好きな中国の大嫌いな部分ですね。

「拝金主義」云々の話がありますが、日本の比じゃなく富裕層の数が多いですからねぇ。

オネーチャンのいるカラオケなんかでも、チップをそれぞれ5000円位は平気であげるそうです。

そのオネーチャンの数が、ひとつの部屋に5人とか8人とかいるんですからねぇ。

3人で飲みに行ったとしても、それくらいオネーチャンをはべらす訳ですよ。(羨ましいぞ!笑)

そういったお金を湯水のように使える奴らがものすごい数いたら、まわりも「拝金主義」に傾くのも頷けますわ。

恐るべし!中国「拝金主義」

« ANA頑張れ!(ANAの赤字拡大) | トップページ | 地震予知情報! »

中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/47859907

この記事へのトラックバック一覧です: 最低の拝金主義国  中国:

« ANA頑張れ!(ANAの赤字拡大) | トップページ | 地震予知情報! »