« 中国に行ってきたのデス その5 | トップページ | 中国に行って来たのデス その6 »

2010年3月 9日 (火)

地震予知情報 警報に近いかも。。。

地震予知に関して、とても気になる記事がありました。

源泉の水位低下

島田市は6日、同市伊太の市営温泉施設「田代の郷温泉 伊太和里(いたわり)の湯」で、源泉を十分にくみ上げられない状態が続いているため、源泉の水量を見ながら、当面は水道水を加えて沸かし湯にするなどして営業すると発表した。

記者会見した桜井勝郎市長は、遅くとも24日からは同市川根町笹間渡の温泉施設「川根温泉 ふれあいの泉」の湯を運んで営業するとの考えを示した。

市によると、5日午前10時頃、地下604メートルまで水位が下がったため、水中ポンプが自動停止し、源泉をくみ上げられなくなったという。

源泉の水位が通常の地下230メートルから大幅に低下しているためで、ポンプの異常ではないという。

1月9日に地下231メートルの水位を確認して以降、水位は下降を続けていた。

6日夕には水位が一時上昇し、ポンプが再稼働したが、完全復旧するかは不明という。

**後略**

(2010年3月7日  読売新聞)

島田市は静岡県にあります。

場所としては、富士山・大断層フォッサマグナ(糸魚川静岡構造線)が周辺にあり、東海地震の想定域に近い場所でもあります。

周辺での極端な水位の変化は、東海地震の前兆とも言われる現象の一つです。

現在、地球規模において大規模地震が頻発しています。

特に環太平洋周辺に大地震が集中している感じもします。

そういった中で、日本だけが例外でいられるのか?

地震大国の日本です。

関東・東海・紀伊半島・四国太平洋側周辺にお住まいの方は特に、地震の備えをしておいた方がよいと思います。

極端な自然現象の変化や動物の異常行動、家電用品の誤動作には注意を払うべきでしょう。(大地震発生前の現象のひとつとされています。)

« 中国に行ってきたのデス その5 | トップページ | 中国に行って来たのデス その6 »

地震予知関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/47763945

この記事へのトラックバック一覧です: 地震予知情報 警報に近いかも。。。:

« 中国に行ってきたのデス その5 | トップページ | 中国に行って来たのデス その6 »