« 地震予知成功!だと思う | トップページ | 社民党こそ「狂気の沙汰」でないの? »

2010年5月10日 (月)

金融支援をギリシャ国民は賛成していない

見切り発車したギリシャ支援(EUとIMF)

ギリシャ国民の大反対を受けながらEUとIMFはギリシャ支援を決定していますが、これは市場に追い込まれた形での支援となっており、今後ギリシャ国内では支援撤退を求めたゼネスト等が過激化し、政治・社会混乱が激化する可能性が強くなってきています。

ギリシャ国民からすれば『なぜEUとIMFから借金返済の為に一方的に生活切り詰め(増税・年金引き下げ等)を指示されなくてはいけないのか』、という思いが強く、『デフォルトして借金を棒引きにしてユーロから離脱して元のギリシャで行けばよい』、『借金は貸した方にも責任があり、元本を50%以上カットし残りを10年なり20年かけて無利息で返済していくという形になぜ政権は交渉しないのか』という意見もあり、一方的に高金利で返済を求められるギリシャ国民の反発は日々高まっています。

市場に追い込まれる形で見切り発車した今回のEU・IMF支援策はいつまで市場に好感を与え続けることができるのか。
よくて数日というのが正解ではないでしょうか?

(Nevada)

>市場に追い込まれる形で見切り発車した今回のEU・IMF支援策は

>いつまで市場に好感を与え続けることができるのか。

>よくて数日というのが正解ではないでしょうか?

ワタシもそう思いますな。

何で自分達が犠牲になるの?ってのが大多数の国民感情なのでしょう。

しかし国家が破綻したら、今の現対策より悲惨な状況になるのです。

現時点の対策で手を打つのか、国家破綻後の悲惨な経済状況を生き抜くのか、いずれにせよ国民は大変な思いを強いられそうです。

そうそう、今日の日経平均は騰がっているようですね。

格好の手仕舞い時ではないかと思われ。。。。。。

明日は我が身でございマス。

« 地震予知成功!だと思う | トップページ | 社民党こそ「狂気の沙汰」でないの? »

金融危機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/48322636

この記事へのトラックバック一覧です: 金融支援をギリシャ国民は賛成していない:

« 地震予知成功!だと思う | トップページ | 社民党こそ「狂気の沙汰」でないの? »