« 金融支援をギリシャ国民は賛成していない | トップページ | 富裕層は健在なり »

2010年5月10日 (月)

社民党こそ「狂気の沙汰」でないの?

社民党の山内徳信参院議員と服部良一衆院議員が10日午前、首相官邸で開かれた米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題の関係閣僚会議に合わせ、官邸前交差点の歩道で、県内移設反対を訴え、演説を行った。

連立政権を組む与党議員が官邸前で鳩山由紀夫首相らを公然と批判するのは極めて異例の事態だ。

山内氏は「辺野古くい打ち工法反対 首相、『国外・県外』への公約守れ」と書かれた横断幕を掲げ、「県外・国外と言ったのは誰だったのか。

国家が人をいじめ犠牲にしていいという法律はない」と訴えた。

さらに「沖縄県民を(県外移設という)その気にさせておいて、米国と交渉する気概も気迫もない。

(県内移設は)もはや狂気の沙汰(さた)だ」と政府を激しく批判した。

演説中、山内氏らは関係閣僚会議のため官邸入りする北沢俊美防衛相の公用車に「くい打ち反対、くい打ち反対」と叫び、キャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市辺野古)沖合の「浅瀬案」など県内移設案が政府案として話し合われることを牽制(けんせい)した。

(産経ニュース)

バカか?こいつら。

だから社民党は世間から認められないんだよ。

社民党のオキナワに対する案を出してみろよ。

「県外か国外」なんて言葉、幼稚園児だって言えるよ。

バカモノめが~!

早く、連立離脱して、所定の位置(野党)に戻りなよ。

アナタ達にはそこが定位置ですからぁ~!!

残念~!!

« 金融支援をギリシャ国民は賛成していない | トップページ | 富裕層は健在なり »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/48323233

この記事へのトラックバック一覧です: 社民党こそ「狂気の沙汰」でないの?:

« 金融支援をギリシャ国民は賛成していない | トップページ | 富裕層は健在なり »