« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月30日 (水)

ワーキングプア大国 ニッポン

データにみる欧州と日本/日本の失業・貧困/ワーキングプア大国

非正規労働者の割合の高い日本(22日付「雇用」の回参照)。欧州連合(EU)27カ国の平均失業率(今年4月期)は10・1%で、日本の同時期の完全失業率は5・1%ですが、日本の労働者は低賃金で働き続けている状況があります。

日本で「ワーキングプア」の基準とされる年収200万以下の給与所得者の割合は23%。一方、平均収入の60%未満が一般的に「ワーキングプア」の基準とされているEU27カ国のワーキングプアの割合は、平均で給与所得者の8%です(2007年)。

日本で失業した場合、失業給付の受給に最低でも7日間の待機期間があり、自己都合退職などの場合では3カ月の受給制限期間があります。欧州の多くの国は、失業した日から受給できます。

また失業給付の最長受給期間は11カ月ですが、欧州ではより長い国が多くあります。

さらに日本では、失業者の全員が失業給付を受けているわけではありません。非正規労働者の58%が雇用保険未加入で、失業給付を受けていない失業者が77%もいます。

(しんぶん赤旗)

確かに身の回りを見回しても、ワーキングプアの傾向が顕著ですな。

ワタシの業界でもそう。

中国との価格競争に飲み込まれて、職人の賃金は大きく下がりました。

以前なら、手に職を持った職人は日給15000円~20000円はもらえました。

しかし今では10000円~13000円どまりです。

あまり能力を発揮しない職人なら7000円~8000円です。

これでは生活なんて出来ないだろうとワタシも思いますが、世の中の仕組みがそれ以上払えない状態なのです。

パート・アルバイトよりはいいや。

そんな感じなのです。

大企業のように、人件費を減らして経営陣の有り余る給与や内部留保で企業がウッハウハてな訳にはいかない極小企業経営者なのです。泣

労使ギリギリで耐えているのが現在の極小企業の実態なのです。

世界の株価指数 危険水域へ

29日の海外市場はどこも売りプレッシャーに晒されました。

世界連鎖株安の原因を作ったのは-4.27%の急落を演じた上海市場です。

上海総合指数の下落の一因は木曜日に発表が予定されている中国の製造業購買担当者指数の数字が悪くなるだろうという噂によります。

これに加えて米国の民間調査機関、カンファレンス・ボードが4月の中国景気先行指数の計算に間違いがあったことを認め+1.7%から+0.3%へと下方修正したこともセンチメントを害しました。

上海総合指数は29日、2427.05で引けており、これは最近の安値である5月23日の2481.97(ザラバ・ベース)を明らかに下回っています。つまり下げという点において上海市場は世界をリードしているのです。

一方、欧州市場に目を転じると、欧州中央銀行(ECB)の巨大なオーバーナイト・レンディング・ファシリティが木曜日に期限満了となります。これによりクレジット・クランチが起こる懸念があります。

29日の引け値は比較的チャートの形が悪いフランスのCAC40指数の場合、3432.99であり、これは5月25日につけたザラバ安値の3287.57より未だ上にあります。

英国のFTSE100指数を見ると29日の引け値は4914.22で、5月25日のザラバ安値4898.49にあと少しのところへ迫っています。

米国市場では上に述べたような海外市場における不安に加え、6月の消費者信頼感指数が予想を大幅に下回ったことが嫌気されました。

ナスダック総合指数の動きが特に悪く、29日の引け値は2135.18でした。最近の安値が6月8日のザラバ2139.46ですから、それを少し割り込んだカタチになっています。

同じく弱いチャートになっているのがS&P500指数で、29日は1041.24で引けています。最近の安値は5月15日の1040.78です。

まとめると:
【既にブレイクダウンしている株価指数】
上海総合指数

【明日が正念場の株価指数】
フランスCAC40指数
英国FTSE100指数
ナスダック総合指数
S&P500指数
(market hack)
今日の日経平均も大きめに下げているようです。
これから金融メルトダウンに向かっていくのか、気になるところです。
この週末にかけて注視ですな。

非情のライセンス

非情のライセンスってタイトルに特に意味はないんですけどね。

昨夜のワールドカップ日本戦。

勝負ってのはこういう事だなぁ~

とつくづく感じたんですよ。

非情だなぁ~とね。

勝つか負けるかしかない、勝負の世界。

しびれたねぇ~

356 負けて残念だったけど、後味爽やかな勝負だったね。

2010年6月29日 (火)

参院選で問われている事

【高野論説】菅政権に仕事をさせるかさせないかという選択

この参議院選挙には白か黒かというような鮮やかな政策的対立軸はほとんどないに等しく、結局のところ、

▼菅直人政権に参院の単独過半数に届く60かそれに近い議席を与えて、ともかくもここは落ち着いて思う存分仕事に取り組んで貰って、その結果は3年後の総選挙もしくはダブル選挙で厳しく判定し、気に入らなければ菅のみならず民主党から政権を取り上げればいいと考えるか、

▼それとも、どうせこの内閣ではダメだと分かっているから、民主党には現有54以下の議席しか与えずに衆参ネジレの地獄に追いやって、早ければ9月の同党代表選、遅くとも来春の予算審議までの間に小沢グループや自民から分裂した小党群を含めてガラガラポンの政界再編が起こって、何かしらヨリマシな政権が生まれることに期待するのか、

 ──という選択である。

●"非常時"にドタバタは止めよう!

私の立場はハッキリしていて、「もうドタバタはいい加減にして貰いたい」ということであり、国民の多数の気持も同じではないかと推測する。

選挙戦である以上、各党党首はじめ候補者も、唾を飛ばし声を嗄らして自分らの政策を主張し他党のそれを批判するのは当然だろう。

しかし、少なくともこの選挙に関する限り、マニフェストなどどうでもいいと言ったら北川正恭=元三重県知事に叱られるが、あれこれの個別政策を比較してどちらがよさそうかを選ぶというような"平時"の選挙とは訳が違う。日本はいま"非常時"である。

第1に、この国では06年以来、4代の総理が1年間かそこらの任期でコロコロと代わって、国難ともいうべき状況下で政治それ自体がロクに機能せず、そのことが国民の不信どころか世界の嘲笑を招いている。

何党の誰政権であるにせよ、こんなことを4年間に5度までも、しかももっと短い周期で繰り返すようでは、この国は奈落に沈む。

第2に、自民党3代の総理の辞め方と民主党鳩山前総理の辞め方では"非常時"の意味が違う。自民党にとっては、そもそも小泉純一郎が"最後の切り札"であって、「自民党をブッ壊す」の名言が象徴するように、自民党総裁が反自民を偽装するというトリックによって長期政権の延命を図ったのだったが、その小泉が去った後にもう1枚も2枚も別の"最後の切り札"などあるはずがなく、つまりはその後3代のコロコロ辞任は半世紀を超える同党支配体制の断末魔状態を表していた。

それに対して鳩山(と小沢)の辞任は、始まったばかりの革命過程のほんの緒戦における最初の政治的殉教者であって、後に続く者に貴重な教訓を残すことが出来た。一言で言って、米国・官僚・自民党・マスコミなど反革命的な旧体制による総掛かりの抵抗と戦って21世紀の扉を押し開くには、もっともっと巧妙な知恵と緻密な戦略・戦術が必要だということである。

これを国民側から見れば、昨年9月の政権交代の歴史的な意義を踏まえて、その後9カ月の鳩山(と小沢)の失態にもかかわらず、そして菅政権へのあれこれの不満や不安にもかかわらず、「民主党革命再スタート!」(週刊朝日6月18日号の特集見出し)を菅に託して、少なくとも13年総選挙もしくはダブル選挙までの3年間、我慢強くこれを守り育てようとするのかどうか、である。

●政界再編なんてあるのか?

第3に、そうでないとすれば、自民党にそこそこの票を与えて同党の政権復帰に道を拓くものとしてこの選挙を位置づけるのか、それもダメなら、群生した小新党に力を貸すことを通じて自民・民主それぞれの分裂による政界再編のきっかけを作り出すものと位置づけるのか、ということになる。

自民党を今のままで政権に復帰させるなど、私に言わせれば論外で、この党は選挙後もさらに分解を続けながら一旦は壊滅して、そのどん底から(ヨーロッパにあるような)現代的な保守党として再生してくるのでなければ、2大政党制の一翼を担うものとはならないだろう。

自民党は、「明治以来100 年余りの官僚主導体制」(小沢)の随伴者であって、そのままでは「革命的改革」(同)の対象ではあってもその担い手となることなど出来るはずがない。

とはいえ、国民から見ればここで自民党を励まして保守再生に期待するという投票態度を示すことは1つの選択肢で、それを1つの流れにするには、谷垣禎一総裁は民主党の枝葉末節を批判してばかりいるのでなく、5年後10年後を睨んだ自民党復活の道筋を堂々と示さなければならないだろう。

他方、政界再編とは結局、民主党から小沢グループが離脱して小新党群の一部や国民新党などを糾合して自民党の分裂を促すということだろうが、これらの小党はいずれも本質的にシングルイシュー政党であって、その全部もしくは一部や自民党からの更なる離脱者を糾合したところでどういう旗印が立つのかは見えてこない。

旗印なしにそれを仕掛けてもただのドタバタに過ぎず、多くの国民は今の日本にそんなことをやっている暇はないと思うだろう。しかし、旗印がなく政界再編の形も見えていない中でも、民主・自民両党への不満や不信に基づく批判票の受け皿として小党群が一定の支持を集めることは大いにあり得よう。

それに対して社民党、共産党、公明党は基本的に政局の外にあり、批判票の受け皿としても新鮮さを欠いているため、既存の支持基盤をどこまで維持できるかが課題となるだろう。

(THE JOURNAL)

上記コメントはごもっとも。

ワレワレ国民は『もうドタバタはいい加減にして貰いたい』なんですよね。

与党も野党もない。

国会議員のドタバタ劇に飽き飽きしてるのですよ。

ワタシも思うのは、今回の参院選は

_72 『国民は菅首相に国政を託してみるのかVS悪徳ペンタゴンに国家を牛耳らせるのか』

なんだろうなぁ~と思いますよ。

細かい事より、最低国家となってしまったニッポンを正しい道の方向性に導いてくれそうなところ(政党)はどこか?

その選択なんだと思いますな。

『考えるな!感じるんだ!!』

そうすれば自ずから選択の道は開けよう。。。。。

“中国マネー”が日本企業次々買収

中国企業による日本企業買収が相次いでいる。レナウン、ラオックス、本間ゴルフなどに続いて「中国マネー」が狙う企業はどこか。株式市場では「次のターゲットは消費者金融」との見方が浮上している。

経営再建中のアパレル大手、レナウンが中国企業の傘下に入り、再建を目指すことを発表したのは5月24日のこと。中国の繊維・紡績大手、山東如意科技集団(山東省)が7月末に、レナウンの第三者割当増資約40億円を引き受け、筆頭株主に躍り出る。

中国企業による日本企業買収は、昨年6月、中国の家電量販店2位、蘇寧電器(SUNING)が家電量販店ラオックスを買収して以降、本格化した。

今年2月には、経営再建中の本間ゴルフの過半数の株式を、中国企業が出資するファンド、マーライオンホールディングス(英領バージン諸島)が取得して、本間ゴルフを子会社化。

3月には、中国の自動車メーカーの比亜迪汽車(BYD、広東省)が、日本の金型大手オギハラ所有の工場を買収した。

レナウンの例では、ルック、ナイガイ、サカイオーベックスなどのアパレル関連銘柄に連想買いが入り、急騰。株式市場では「レナウンの次に中国企業が狙う企業」に注目が集まっている。

市場関係者の間でとくに注目されているのは、消費者金融だ。「中国にはまだ消費者金融という業態がない。中国での個人消費の拡大に伴い、今後、そうした業態が中国で発展していく可能性がある」(経営コンサルタント)ためだ。

実際、消費者金融大手のプロミスは7月上旬、中国・深●(=土へんに川)に進出、個人金融に乗り出す。

そして「中国のカード会社などがで消費者金融を始めようとすれば、日本の消費者金融業者を買収し、そのノウハウを活用するのが一番手っ取り早い」(同)とみられている。

消費者金融業界をめぐっては、借入総額を年収の3分の1以下に抑える「総量規制」などを盛り込んだ改正貸金業法が6月18日に完全施行。払いすぎた金利の返還が高水準で推移し、消費者金融各社が苦戦を強いられるなか、経営環境は厳しさを増していく。

そうした事情もあってアイフル、武富士、プロミス、アコムの大手消費者金融うち、三菱UFJフィナンシャル・グループのアコム以外の格付けは、いずれも投機的等級となっており、買収しやすい状況にある。

大手4社の株価は4月末以降、18~29%下落。「投機的等級という格付けを考えれば、各社の株価はもっと下げてもおかしくない。なのに、この水準にとどまっているということは、何らかの買いが入っているような感じだ」(大手証券アナリスト)とみる市場関係者もいる。

ただ、中国マネーが買収に向けて動き出した兆候というよりは、「レナウンの次は消費者金融」という思惑から投資家が買いを入れているという段階とみられ、「今後の株価動向に注目する必要がある」(同)という。

中国マネーの動向について、外資系証券アナリストは「中国に不足している分野を補完するための買収がまだ起きる」と指摘。これまでの量販店チェーン、アパレル、自動車部品などに加えて、「環境関連のコア技術を持つベンチャーなどにも中国資本が触手を伸ばしていると聞く」という。

高い経済成長率を維持する中国。中国マネーはまだまだ日本を席巻しそうだ。

(夕刊フジ)

確かに今の中国には、以前の日本のバブル期と同じような勢いがありますな。

ワタシなど現在、ユニクロ・しまむらの衣料で身の回りの衣料をそろえています。

それが中国となると月給2万円~3万円の人でも、1000円くらいの衣料は皆さん平気で買いますからねぇ~

1000円っていったら、ワタシの普段着ているユニクロ・しまむらの衣料より高いですわ。

その購買意欲の差を考えてみたんですね。

考えられる事はただひとつ。

中国の人々は『来年はもっと良くなる』『来年はもっと給料が上がる』と上向き思考なんですね。

たぶんほとんどの人がそう思っていることでしょう。

そんな感じだから、中国の何処に行っても活気がある。

以前のバブル期ニッポンと同じですな。

国家の元気を取り戻すには、国民の購買意欲をあげるしかありません。

そうしないと経済が回りだしません。

どなた様でもけっこうです。

国家の経済が回るようにして欲しいものです。

そうすればワタシもユニクロ・しまむらの衣料にジャスコくらいは加える事が出来るんですけどね。猛爆!

安倍さんは大阪で強烈「菅たたき」か。。。

自民党の安倍晋三元首相(55)が28日、大阪・枚方市で北川イッセイ氏(67)=自民・大阪=の応援演説を行い、サッカーW杯に絡め、1999年施行の国歌国旗法に当時反対した菅直人首相(63)を猛批判した。

安倍氏は1次リーグを突破した日本代表が試合前、肩を組んで「君が代」を斉唱したシーンについて言及。

「闘莉王選手が一緒に歌おうよと言ったそうです。ブラジル生まれでも大阪で生まれても同じ日本人」とニッポン魂を高評価した。

さらに「もし、あの会場に菅さんが行ってたら、選手たちに『日の丸には違和感を感じますよ』。

そう言ったんでしょうね」と上手とは言えない菅首相の物まねを交え、同郷・山口の敵を皮肉り、「こんな総理に国益は守れない!!」と拳を振り上げた。

(スポーツ報知)

なんともまぁ~スポーツ報知らしいタイトルですな。笑

国歌国旗法の件についてはワタシも”いただけいな”と思っているのです。

しかし!

国家を放り投げた『安部チャン』がそういった事を言う資格なし!

振り上げた拳は、ご自身でもぶん殴ってくださいませ。猛爆!

2010年6月28日 (月)

ワレワレ庶民は今で精一杯なのだ!(長文ご容赦)

日本ではデフレ経済の影響で所得の低下現象が起きていますが、消費税増税によって税収を補おうとしている。国会議員の頭の悪さは致し方ないのでしょうが、財務省の官僚たちの頭の悪さも似たり寄ったりだ。

なぜ60兆円もあった税収が40兆円に落ちてしまったのか、それは法人税などを減税したからだ。

GDPがほとんど横ばいなのに税収が60兆円から40兆円にまで落ち込んだのは、自然に税収が落ち込む事は理論上ありえない。

法人税などが減税されたから20兆円も落ち込んだのだ。そしてその穴埋めを消費税でしようというのが財務省側の考えだ。

エコノミストが言うように所得税の累進税率と法人税の税率を91年の水準に戻せば税収は理論的に考えてもGDPが変わらないなら60兆円の水準に戻るはずだ。

では減ってしまった20兆円はどこに消えてしまったのでしょうか?

それは法人企業の借金の返済と内部留保の蓄積にまわされてしまった。さらに企業幹部報酬も増大している。

まさに法人にとっては至れり尽くせりの政府の税制ですが、企業は減税と従業員報酬のカットによって利益はバブル期並みの利益も出す所も出ている。しかし利益は従業員には回されなかった。

中国では従業員の賃上げストライキが波状的に起きていますが、日本では賃上げストライキは死語に近い状況になってしまった。

なぜ日本人はストライキをしないのでしょうか?

企業幹部からはストライキをすれば工場をたたんで中国に引っ越すと脅されているからですが、騙されているのだ。

なぜそのような事がおきるのかというと、新聞やテレビが正確な情報を流さず企業や霞ヶ関がデタラメな情報を流すからだ。

企業が法人税が高いから出て行くというのなら出て行かせればいいのであり、「株式日記」ではトヨタの奥田相談役やキヤノンの御手洗会長を国外追放しろとまで書きました。

日本企業が工場を海外に建設しているのは事実ですが、それは国内市場が縮小している為であり法人税が高い為ではなりません。

企業は国内市場の縮小を海外市場の拡大で補っているのだ。どうしたら国内市場を拡大できるかと言うと消費を増やすしかないのですが、企業は人件費をカットするしサラリーマン減税は廃止するし新規採用を控えていては消費が増えるはずが無い。

この上さらに財務省は消費税の増税を国会議員に吹き込んでいますが、何度も言うように国会議員は馬鹿だから財務省の官僚の言う事を真に受けてしまう。

「株式日記」を読んで勉強してくれれば騙される事もないのですが、彼らはパソコンも満足に扱えない人が多い。ブログを見ればそれは良く分かる。

高所得者も税金を高くされるなら外国に移住すると言いますが、金融資産をタックスヘイブンに移すことがあっても自身は移住する事は数としては多くない。

税金を払うのがイヤなら国外に行ってもらってもたいした影響はない。累進課税も91年頃の水準にすれば税収は20兆円ぐらい出るはずだ。それが出来ないから消費税増税を言い出しているのだ。

それよりも問題なのは所得再分配システムが上手く機能していないために、低所得者の負担が大きくて消費にその分が回っていない。累進課税の平準化で高所得者の負担率が欧米各国よりも少なくなっている。

医療費は大金持ちも低所得者でも同じようにかかるが、医療費の負担割合は低所得者の方が大きくなってしまっている。

昨日なども各党の政策責任者がテレビ討論していましたが、一番経済の現状が分かっているのが共産党であり、冒頭のグラフも赤旗から引用していますが、企業の内部留保が飛躍的に増えている半面で従業員給与が2006年からガクンと落ち込んでいる。

これは派遣法の改正で製造業にも認められて切り替えが進んだ為だ。

企業がこんなに内部留保を厚くするのは資金効率からいって非効率なのですが、先行投資を控えているからでもある。先行投資をしないから日本企業はヒット商品を作れなくなってしまった。

アップルのアイフォーンやアイパッドは予約をしないと買えないほどのヒット商品となりましたが、日本の家電メーカーは何をしていたのだろうか?

日本のメーカーは物作りの精神を忘れて政府に法人税の減税を要求して従業員の給与を派遣社員に切り替えてカットしている。それで内部留保を溜め込んでいるのですが、株価にはちっとも反映されていない。

アップルとソニーやパナソニックは企業規模が違いますが、総資産額においてアップルはマイクロソフトを抜いて世界一になっている。

ソニーやパナソニックなど輸出企業は円高だから利益が出ないと言っていますが、ヒット商品が作れなくなってしまったから利益が出ないのだ。アイフォーンやアイパッドなど日本企業が作ろうと思えば作れた商品だ。

ソニーはウォークマンやプレイステーションなどヒット商品があったのですがクリエイティブな社員がいなくなって平凡な会社になってしまった。

要するに政府に圧力をかけて法人税を負けさせて、従業員の給与をカットすれば会社の利益が出る。

その利益を役員報酬やストックオプションで億単位の給与を貰うようになった。

このように法人税を納めず社員の給与もカットし続ければ会社は利益が出て重役たちは高給貰ってウハウハだ。

しかしこのような実態はテレビなどでは報道される事は無い。テレビのスポンサーの多くは大企業であり、法人税は40%で世界一高いという事だけ報道する。

だから国会議員たちもそれを真に受けて消費税を上げて法人税を安くしようという事になる。こんなことを続けていたら企業の内部留保を増大させて無能な役員報酬が増えるだけだ。

(株式日記)

株式日記はワタシがよく経済の本質を考える時に、参考にさせてもらっているブログです。

_72 このコメントもまさに悪徳ペンタゴンの構図そのものなんですが、民主党・菅総理もその構図の中に組み込まれようとしている感じがしています。

ワタシとしては、ここで『ひとふん張り』して欲しいのですがね。

官僚目線に惑わされず、国民目線に戻って欲しいですな。

官僚目線になれば、今までの自民党政権と変わらない悪徳ペンタゴンが牛耳る世の中に戻ってしまいます。

『官僚目線』になれば、ご自身は楽でしょう。

官僚のシナリオ通りに発言・行動すればいいのですから。。。。

それじゃぁ、自民党政権下と変わりませんわ。

何とかここで『覚醒』して欲しいと思いますな。

もちろん、ワタシ達庶民も『覚醒』しなければなりません。

無印ミッキーマウス?・・・これはマズイだろう

2010062815200000 この顔付きは、どう見てもミッキーマウスですよね。

しか~し!このミッキー、なんか変だと思いませんか?

赤パン胴長・笑

中学の娘が筆入れとして持っているんですがね。

何処で買ったか聞いてみたら、『雑貨なんかを売ってる店なら何処だってあるよ』との事。

何処を探してもウォルトディズニー印がないんですわ。

2010062815210000 こうしてニッポンでも堂々と『なんちゃってミッキー』を売っているのですね。

中国の事をコピー大国だの言えたモンじゃないな。

作らせたのは中国だろうけど、よく輸入できたと思うよ。

『裏の道』は深そうですね。

知らぬ者だけ損をするってか。。。。。

大相撲 あぁ~大相撲

名古屋場所関係者、ひとまず安堵=「罵声受けてみそぎを」―調査委勧告に

大相撲の賭博問題で、日本相撲協会の特別調査委員会は27日、大関琴光喜関ら3人の懲戒処分や15力士の出場を認めないことなどを条件に、名古屋場所開催を認める方針をまとめた。

開催可否は今後正式に決定されるが、名古屋場所関係者らからは、現時点で開催の道が閉ざされなかったことに、ひとまず安堵(あんど)する声も聞かれた。

名古屋市内の相撲案内所の女性(73)は、調査委の勧告について「仕方がないこと」と冷静に受け止めた。

「賭博問題があってからというもの、お客さんからの電話は開催されるかどうかの問い合わせばかり」と寂しそう。

力士に対しては「土俵に立って、お客さんから罵声(ばせい)を浴びせられるべきだ。

それが一番のみそぎだと思う」と話した。

ある名古屋場所関係者は、厳しい条件付きながらも開催の道が残されたことに「良かった」とほっとした様子。

土産物屋や弁当屋は材料の仕入れもあるため、そろそろ発注をしないと間に合わない時期。

「(開催するかしないかは)相撲協会レベルだけの問題ではなく、地元経済などに大きく影響する」と説明した。

(時事通信)

大相撲は国技だの言っても、所詮興行ですからねぇ。

興行には裏の力が大きく働いているなんて事は誰だってわかってるはず。

何人かを処分して「ハイそれまで!この件は終わり~」って感じなのでしょうかね。

朝青龍の件なんて「鼻くそ」みたいなもんだね。

朝青龍の件であの処分(制裁)だったら、今回の件なら大相撲解散に匹敵するんでないの?

他人(他国)に厳しく、自分(自国)に甘い大相撲協会。

何が「心技体」だよぉ~

大相撲協会が言える言葉ではないな。

大相撲をマス席で観戦するのが、ワタシが死ぬまでに経験してみたい事のリストに入っていたのですが、保留にしておきますわ。笑

*名古屋場所が開催されて、大相撲に関係する真面目な周辺業者は良かったですな。

2010年6月26日 (土)

市川染五郎さんオススメの醤油?

2010062615300000 醤油をいただいたのです。

紫峰(しほう)といいます。

市川染五郎さんのオススメというこの醤油。

早速、刺身でも買ってきて試してみようかな。。。。

2010年6月25日 (金)

トゥクトゥク?

最近の事ですが、とあるブログを知る機会がありました。

そのブログは経済ネタから音楽・タイ生活までイロイロな内容になっています。

ワタシが特に気になったのは、タイ生活についてのコメントです。

2010062520040000 ワタシがまだ若かりし頃、タイ・プーケットにハマっていた時がありまして、例のブログにはタイの写真が満載で、昔の遠い思い出が昨日の事のように思い出されるのデス。

ワタシがよく泊っていたのは、タイ・プーケットのパトンビーチ。

その中央付近にあったパトンビーチホテルでした。

比較的安いホテルだったので、日本人はほとんどいなくて、欧州人がほとんどだったような気がします。

ワタシは5泊位。

欧州人は3週間とかゆっくりとしたバカンスを楽しんでいましたな。

小さなプールサイドで、少し仲良くなった欧州人に

『何日ここにいるの?』

と聞かれ、

『5日間』といって笑われた事も思い出しました。

『忙しいね、それはバカンスとは言わないね』

などと言われたモンです。

昼間はプールサイドで読書をし、夕方になったら部屋にマッサージ嬢(怪しいものではありませんぞ)に1時間半マッサージをしてもらい、日が暮れたら歩いて3分の屋外シーフードレストランで夕食を食べる。

そんな5日間を過ごして日本に帰る。

そんな事をしていましたっけ。

その時泊った『パトンビーチホテル』も例のスマトラ大地震によって、なくなってしまったようです。

現地には行っていませんが、テレビのニュースでパトンビーチ周辺が津波で更地のようになっていましたから、たぶんダメだったでしょう。

写真はその時に買ったお土産のトゥクトゥクなのです。

またいつか行ってみたいタイ・プーケットのパトンビーチでございます。

茨城空港、国内線運休ね

スカイマーク運休・・当然の表明困惑と落胆

茨城空港で唯一、国内定期便を就航していたスカイマークが、9月から茨城―神戸線を運休すると発表した24日、突然の運休表明に、神戸便の利用促進を支援してきた県や県内関係者に驚きと戸惑いが広がった。

県空港対策課は同日、スカイマークのホームページを見て初めて運休を知ったという。同課の担当者は「スカイマークの担当者と連絡が取れない。事実関係を確認中なのでコメントのしようがない」と困惑の表情を見せた。

同空港のある小美玉市の島田穣一市長は「家族で利用する場合、市職員組合が運賃補助をするな利用促進に力を入れていた。突然で驚いている」と話した。

空港ターミナルビルを運営する県開発公社の坂入健理事長は「神戸便の搭乗率は安定しており、北海道や九州への路線も検討してもらっていると思っていた」と肩を落とす。同ビル内にテナントを出店している亀印製菓(水戸市)の林太一社長は「予想外で驚いている。就航便数が多くなれば茨城のPR効果も期待できたのに」と残念がった。

一方、スカイマークの事実上の撤退に冷静な向きもある。茨城空港開港に携わった男性は「来るべき時が来た。採算を第一に考え、就航決定も撤退の決断も早い。県ももっと、つなぎ留める努力をすべきだった」と苦言を呈した。

(読売新聞)

必要もない所に要らんものを作るからこうなるのデス。

『国内線とばねぇ~の?』(訳:国内線は飛ばないの?)

『そんなのあだりめぇだっぺよ』(訳:そんな事、当たり前だよ)

『よげ~なもんつくかだっぺよ』(訳:余計なもの作るからだよ)

そういった感じでしょうか。。。。

またブラックマンデーきちゃうの?

再度上げは小さく下げは大きく(NYダウ)

【NYダウ】は146ドル安(-1.41%)の10,152ドルで終わり、1万ドル割れを視野に入れてきています。

ここで再度NYダウの動きを検証してみたいと思います。

6月22日 -149ドル
6月24日 -146ドル

上げは例えば23日には+4.90となっており、3ケタの上昇などいつにあったか?と思う程になっています。

ヨーロッパも下落が続いており、イギリス(-1.51%)、ドイツ(-1.44%)となっており、じわりじわりと売られています。

このようなじわりじわりという下落は相場的には悪い動きであり、何度も指摘しますが何かの切っ掛けで暴落をすることになります。

ブラックマンデーなどはまさにこの典型であり、近々にブラックマンデーが見られるかもしれません。

その際には日経平均で1000円安、NYダウで1000ドル安になるのでしょうが、この1000円安・1000ドル安が2~3日も続けば株式市場はメルトダウンの危機に直面します。

なぜなら年金ファンドなどは損を抱えて動きが取れなくなり、挙句の果てには投げ売りをすることになるからです。

この機関投資家の投げが入れば殆どの主要銘柄は売り気配となります。

今、BP株の暴落でアメリカの年金ファンドがBPを訴える動きを見せていますが、これが通れば株式投資の自己責任は消滅し会社は上場などできなくなります。

即ち、証券市場の【死】となります。

何がきっかけになるかわかりませんが、株式市場・為替市場の大変動時期が近付いてきているのは確かです。

1740万株の売り越し(外人:寄り付き)

今日の寄り付きの外人売買動向は1740万株の売り越しとなっています。

最近にない大幅な売り越しであり、金曜日は買い支えが入るために少しでも高く売れると踏んでの動きなのか、それともブラックマンデーを警戒しての動きかわかりませんが、警戒はしておいた方がよいかもしれません。

(Nevada)

ワタシも最近までの株式をはじめとした金融の楽観論に疑問を持っていたのです。

『このまま金融不安が去るわけはないだろう』ってな感じにです。

そう考えているうちに、案の定怪しげな気配が市場を包み始めているようです。

どう考えても金融不安を抱えている国々は、水面下で『臭いものに蓋』をするのに必死で、今まで生きながらえてきていたように感じます。

ブラックマンデーの再来。

あってもおかしくない今の状況ですな。

2010年6月24日 (木)

メロンにメロメロ~

2010062408250000 知人からメロンをいただいたのデス。

このメロンは茨城県鹿行地方のものと書いてあるのデス。

茨城のメロンは馬鹿ウマでございます。

そうそう、ワタシの知っているメロンにまつわる話をば。。。。。

とあるメロンの産地では、出荷の時2つの箱を用意しています。

ひとつの箱は、その産地名が書いてある箱。

そしてもう一つの箱は、無印の箱。

無印の箱は北海道に出荷されるようです。

そして北海道に旅する観光客は、北海道のメロンだと思って、その無印の箱のメロンを買い求めるそうな。

そして、宅配便で自宅に送るそうな。

009 関東のメロンが北海道に出荷され、北海道に観光に行った関東のお客がそのメロンを買い、関東に宅配でおくる。

?????

これってなんかおかしくねぇ~

2010年6月22日 (火)

地球が狂い始めた!

ここ最近の世界規模での異常気象のニュースを拾って見ました。

●東欧で大洪水

●フランス南東部の洪水・鉄砲水

●中国南部、広がる大洪水

●ブラジル北東部の大洪水、1000人以上行方不明

●イギリス全土、深刻な干ばつ・水不足

●タイ、記録的干ばつ アジア米不足の危機

ざっと見ただけでも、これだけの異常気象が確認できます。

局地的に見れば、もっと多い異常気象が確認できるでしょう。

そして、こういった自然現象に加え油田事故による自然崩壊があちこちで起きています。

その先に見えてくるのは、食糧不足。

食糧危機です。

食料の多くを輸入に頼っているニッポン。

今でこそ食品で溢れているニッポンですが、世界規模で食糧不足になった時はどうなんだろう。

真っ先に食糧不足・食糧危機に見舞われるのではないのでしょうかね。

またお得意の『お金』攻撃で世界の食料を買い漁るのでしょうかね。

粗食に慣れ親しむとまではいかなくても、粗食を時々経験しておくのも今後の為にもいいかもしれませんね。

野菜・豆腐・米。

それだけで1日暮らしてみる。

そういった経験もアリかなと思う今日この頃であります。

1000円床屋 大繁盛!

ワタシ、床屋サンに行きたいのデス。

しかし、行けないのデス。

ワタシの住んでいる周辺には、1000円床屋が2件あります。

10時開店で10時5分に行った時には、お客サンが6人ほど待っているのデス。

どちらの店に行っても同じような混雑具合。

6人の待ちって事は1人20分としても2時間待ち!?!?

1000円のために2時間は待てないと仕事に戻った次第です。

普通の理容所に行けば、4800円かかります。

ワタシのような坊主頭で4800円はちと高いと思って、5回のうち4回は1000円床屋にお世話になっているのですが、ここ最近にきて1000円床屋の混雑具合が酷くなっています。

これ世の中の経済の縮図ですな。

デフレスパイラルそのものでございますよ。

安い所安い所に人が集う。

良くない事はわかっていますがね。。。。

『わかっちゃいるけど止められない』って事でしょうね。

公務員退職管理・現役の天下りを容認?

政府が策定中の国家公務員の出向や再就職の指針などを盛り込んだ「国家公務員退職管理基本方針」の全容が21日、明らかになった。

近く閣議決定する。

毎日新聞が入手した原案によると、官庁人事の停滞回避や、公共部門での知見の活用を根拠に、独立行政法人などに公務員が出向する「現役の天下り」を容認。

次官や局長レースに敗れた高級幹部の受け皿として上級の「専門スタッフ職」を新設するなど公務員に手厚い内容となっている。

政府関係者は「公務員に定年まで能力を発揮してもらうため」と説明。

退職後の官僚OBが特殊法人や独法などに天下りを重ねる「渡り」などとは違う点を強調する。

しかし、民主党は昨夏の衆院選マニフェスト(政権公約)などで官僚の天下り根絶など公務員制度改革をアピール。

官僚OBの天下りに加え、各省庁の既得権の温存などにつながりかねない現役官僚の政府系機関への出向なども厳しく制限する方針を示してきた。

それだけに、従来の改革姿勢に逆行するような菅政権の「基本方針」に批判も出そうだ。

「基本方針」は、現役官僚の独法や特殊法人などへの出向を「法人側のニーズがあること」を条件に容認。

鳩山前政権は昨年末、独法の役員ポストへの天下りを原則禁止し公募で選ぶ方針を決めたが、今回は「(省庁からの現役)出向の場合、公募の対象にしないことができる」と明記。

さらに、政策に関する調査や研究に限って認められている公益法人への現役官僚の出向についても「公共性が高い法人」を前提に拡充する。

一方、次官や局長コースから外れたキャリア官僚に対する早期退職勧奨(肩たたき)について、民主党は昨夏の衆院選で「禁止」を打ち出した。

しかし、「基本方針」は、国家公務員の総人件費抑制を優先し、各省庁が再就職のあっせんを行わないことを条件に「肩たたき」を認めることにした。

(毎日新聞)

あらら?

民主党菅政権も『臭いものに蓋』なんですか?

ワタシ的には民主党政権を国民が選んだ急所はそこなんだと思うのですが。。。。

悪徳ペンタゴンの構図の中にある自民党政権下では絶対に出来ない公務員(官僚)改革。

5897 結論から先に言ってしまえば、ニッポンはオワタって事です。

官僚達がニッポンのお金をしゃぶり尽くしている限り、ニッポンは絶対に良くなりませんな。

2010年6月21日 (月)

菅首相、消費税10%言及の件

読売新聞社が18~20日に実施した参院選第2回継続全国世論調査(電話方式)で、菅首相(民主党代表)が、消費税率の10%への引き上げに言及したことを「評価する」と答えた人は48%で、「評価しない」44%を上回った。

税率10%に加え、使い道を「年金、医療及び介護の社会保障給付と少子化対策」と明記した自民党の参院選公約については、「評価する」が55%で、「評価しない」は37%にとどまった。

首相は17日の民主党の参院選公約発表の記者会見で、「当面の税率は自民党が提案している10%を一つの参考にしたい」と述べた。この首相発言と、自民の参院選公約を評価する人は、ともに多数となった。

参院選の投票先は、選挙区では民主が32%と前回(12~13日実施)の34%から横ばいで、自民15%(前回16%)など大きな変化はなかった。比例は民主30%(同31%)、自民14%(同16%)などだった。

ただ、参院選後の望ましい政権では、「政界再編による新しい枠組み」27%(同24%)が、「民主中心の新しい枠組みの連立」23%(同24%)を上回った。

民主の参院選公約に関しては、「子ども手当」を現在の月1万3000円から「上積みする」との表現にとどめ、満額2万6000円支給を見送ったことを「評価する」は61%に上った。沖縄県の米軍普天間飛行場移設を、日米合意に基づいて進める方針については「評価する」41%、「評価しない」44%だった。

菅内閣の支持率は55%(前回59%)、不支持率は32%(同27%)。政党支持率は民主35%(同38%)、自民15%(同17%)など。

(読売新聞)

この時期(選挙前)に消費税に言及した菅首相には『あっぱれ!』と言ってあげたいですな。

ポッポマウンテンも旧政権(自民党)も選挙前になるとリップサービスばかりで、本当に国民の今後を心配したような発言はありませんでした。

今回、菅首相は選挙前にもかかわらず消費税に言及したことは、賛否はあろうとも賞賛に値しますな。

だって国家破綻状態なんだから。

収入が無くて支払いばかりで、その支払いを借金に頼っている現状は一刻も早く改善の方向に向かわせるべきです。

自民党の10%でもいいじゃない。

超党派での論議のベースには良いと思うな。

自民党の意見も聞いて、参考にしながら与党として責任のある消費税の今後の方向性を打ち出していく。

これぞ国家のあるべき姿だと思うけどな。

それを批判ばかりの与党の一部や野党の馬鹿さにはあきれるわ。

少しだけ期待値アップの菅政権であります。

消費税アップの前には、国家がらみの無駄の徹底排除が前提ですけどね。

徹底した仕分けをキボンヌ。笑

サッカーは団体スポーツなり

MF本田圭佑(24)=CSKAモスクワ=が19日のオランダ戦後、整列せずにロッカールームに直行し、日本代表・大仁邦弥団長(65)からチームの和を乱す行動だとして“厳重注意”されていたことが20日、わかった。悔しさを抑えられなくなっての“暴走”だが、本人は深く反省。決勝トーナメント進出がかかる24日のデンマーク戦(ルステンブルク)で汚名返上を期す。

深く反省した。ただ終わったことを振り返っても仕方ない。次で取り返せばいい。前夜の仏頂面から一転、笑顔での再始動。肥料の香ばしいにおいを含んだベースキャンプ地・ジョージの風が、ささくれだった本田の心を癒してくれた。

「もっとやれた。まだ試合があるので、次に向けていい準備をしたい」

前日19日の試合後、言葉少なにバスに乗り込んだのには理由があった。代表関係者によると、チームの雰囲気を悪くする自分勝手な行動を取ったとして、“厳重注意”を受けていたのだ。

オランダ戦の終了の笛が鳴ると同時に、1トップを託された男は、ひとりで真っ先にロッカールームへ引き揚げた。数分後に日本協会スタッフに呼び戻され、他の選手と一緒に日本サポーターにあいさつしたが、岡田監督は感情的な振る舞いを問題視。チームを代表して大仁団長が、24歳の新エースに注意を与えた。

2009年まで2年間、武者修行を積んだオランダとの一戦に思い入れを持って臨んだが、これでオレンジ軍団には05年世界ユース選手権(現U-20W杯)、08年北京五輪に続き、世界舞台で3連敗。何もできなかった悔しさが募り、感情をコントロールできなかった。初戦のカメルーン戦では決勝ゴールをたたき込んだが、2戦目は“暴走”。自由気ままな異端児の善しあしの両面が出てしまった格好だ。

今や岡田ジャパンの核になりつつある存在。だからこそ、指揮官は「今は選手もショックを受けていると思う」と心情は理解しながらも、「下を向いている時間はない」と本田に厳しく対処することでチームを引き締めた。その意図はしっかりと伝わっている。

「もっと自分を磨かないといけない」。大一番のデンマーク戦にすべてをぶつける決意の金狼が、今度はピッチの中で暴れまくる。

(産経ニュース)

「ホンダ君」もまだまだ「あんちゃん」なんだな。

団体で戦うスポーツである事を忘れているようです。

異端児扱いであっても、特別扱いは許されないでしょうな。

そうでなきゃ、だたの「あんちゃんの脚蹴り集団」になってしまうよ。

「お~いナカムラ君」もいまいち精彩に欠けるし・・・っていうか「やる気なし」って感じに見えたな。

ちょっと残念なワールドカップ日本代表の一面を見てしまいましたな。

次回に期待ですな。

話は変わるが、ゴルフの「愛ちゃん」はすごいね。

外国に渡ってしばらく結果は出せなかったけど、ここにきて一気に花が開いた感じですな。

結果が出てない頃のインタビューも今のインタビューも受け答えは変わっていません。

これぞプロ!

ワタシ的には「さくらちゃん」が好みですが、「愛ちゃん」も応援してまっせ!!

2010年6月20日 (日)

今日は父の日だナイ

2010062008350000 今日は父の日だナイ。

⊂二二二( ^ω^)二⊃ ブーーーン

中学の娘からなのだ!

( ^ω^)おっおっおっ

人民元切り上げ、国内零細企業にもそよ風くらい吹くか?

(北京 19日 ロイター)

中国人民銀行(中央銀行)は19日、為替相場メカニズムの改善の一環として、人民元相場の柔軟性を一段と高めると表明し、23カ月続いた事実上のドルペッグ制を終了する用意があることを示唆した。

人民銀行は「人民元相場が大幅に変動・変化する根拠はない」としており、大幅な通貨切り上げの可能性は低い。

ただ、今回の発表は明らかに、世界的な金融危機の影響を回避するための「特別措置」であった人民元のドルペッグ制の終了を意図する。

また、異例なことに、人民銀行の発表は中国語とほぼ同時に英語でも発表された。

人民銀行は、声明で「世界経済は徐々に回復に向かっている。

中国経済の回復や上昇がより力強いものになり、経済の安定性も高まっている。

人民元為替レートメカニズムの改善を一段と進め、人民元為替レートの柔軟性を高めることが望ましい」とした。

具体的には、人民銀行は毎日人民元の基準値を設定するという現在の制度を通じて、人民元を対ドルで徐々に上昇させる可能性が大きい。

つまり、2008年7月に人民元相場が対ドルで固定される以前の3年間に実施していた管理変動相場制に戻ることになる。

最初の動きはおそらく小幅な調整にとどまるが、累積されれば、今後数カ月で数%ポイントになりそうだ。

中国の為替政策への国際的な批判は米議会を中心に続いており、6月26・27日にカナダで開かれるG20サミットでも問題として取り上げられる恐れがある。

オバマ米大統領は世界経済の活性化のためには市場で決定される為替レートが非常に重要、と述べ中国に人民元改革を促した。

これに対し中国側は、人民元問題は中国の問題であり国際的な場で議論されるべきではない、と反論している。

中国は2008年7月以来、人民元の対ドル相場を6.83元付近で固定させている。

ここにきて中国の国内事情も大きく動き始めたようです。

賃金アップを求めてのストライキ。

内陸振興政策による湾岸部の人手不足→賃金アップ。

そして人民元切り上げの動き。

こういった事は日本国内で工場をもつ日本国内零細企業にとっては、悪いニュースではありません。

中国からの輸入価格が上がれば、日本国内製品との価格差も小さくなり、製品精度や商品価値から言えば日本国内製品のほうが良い・優れているといった業種は多いでしょう。

ワタシの業界もそう。

とにかく中国製品は安い。

しかし、ゴマカシが横行し業界内でも問題にはなっているのです。

価格が安いから見て見ぬふりをしているのが現状です。

価格差が縮小するとなれば、「そんな金額が変わらないなら、信頼できる日本国内産にしようか。。。」となるのも当然肯けます。

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

日本国内工場に明かりの射す時も近いのか??

ほのかな明かりでもいいから見えてほしいものですな。

2010年6月18日 (金)

マスコミ→責任を果たさないが批判はする→マスゴミ?

マスコミの記事というのは本当に主観的な価値判断先行の記事が多い。

にもかかわらず、公平報道や中立報道を自称しているあたりがなんとも悪質で根深い問題があると感じることが多い。

また、最近特に顕著なのが、「批判のための報道」という印象が強くなっていることである。

「とにかく、叩けば良い」といったメディアの風潮は、低俗なパパラッチメディアとでも言うべきだろうか。ネタに群がるハイエナ状態である。

この記事もその一例に感じた。

更生計画認可後に賞与=日航グループ会社、銀行反発も

6月17日3時0分配信 時事通信

会社更生手続き中の日本航空で、2010年度のボーナスについて、一部のグループ会社が、今秋を見込む更生計画認可後に夏冬分の一括支給を検討していることが16日、明らかになった。日航本体は夏冬賞与をはじめ各種手当の支給見送りを決めており、
ちぐはぐな対応が露呈した形。リストラ徹底を求める主力取引銀行の反発を招く可能性がある。

賞与の夏冬一括支給を検討しているのはJALグランドサービス(本社東京)。新千歳、成田、羽田、伊丹、関西、福岡の各空港で手荷物や貨物の取り扱い、航空機の誘導を担っている。

関係者によると11日の労使協議で、経営側が今夏の賞与支給を見送る見返りとして「更生計画が認可された場合、夏冬まとめて今年度末までに支給する」と説明。労組側が企業再生支援機構や銀行など利害関係者の理解が得られているか質問したところ、経営側は「直接確認していないが、努力している」と答えたという。

おそらく、「公的資金導入するのに、ボーナスとはなんていうことだ!」という価値観があることがハッキリ見えてとれる記事なのだが、私が引っ掛かるのは、上記赤字部分。

日本航空の親会社と子会社の対応が違うことを「ちぐはぐな対応が露呈」とさもグループ全体の問題のように扱って、イメージを低下させているように思えてならない。

この子会社のボーナス支給を問題にすることは、一つありうる批判で、それ自体に問題は無いし、良いと思う。

しかし、批判のあり方として、グループ全体でちぐはぐでおかしいというのは、会社の意思決定というものの性質上、どうも腑に落ちない批判に感じる。

親会社と子会社は、別会社なのであるから、その意思決定に違いがあるのは当然である。

会社法上、親会社の対応に直ちに子会社が従わなければならないという規定はない。

ただ、親会社の場合には、総株式の過半数を有しているので、会社の実質的所有者である株主として、親会社が影響力を行使して、意思統一が図られるに過ぎない。

つまり、親会社がAと決定したから、直にすべてのグループ会社がAと決定するという仕組みに会社法はなっていないということである。

にもかかわらず、賞与の支給という個別労働事案に対する対応が違うだけで、ここまで、「ちぐはぐだ!」と大げさに表現し、グループ全体を批判することの価値があるのだろうか。

「仮に公的資金を導入しているのに、賞与とはなんだ!」と言いたいのであれば、この子会社1つの対応を批判すれば足るのではないだろうか。

公的資金導入で話題となったからといって、「叩ける事情があればとにかく叩け」というマスコミの姿勢は、どうも醜悪に感じてならない。

自分たちの番記者が政治家に官房機密費等々で買収されていたのではないかという嫌疑には応えようとせず、自ら大好きな”説明責任”は果たす気配すらないのに、他は、重箱の隅をつつくように、とことん叩く。

本当に下らないし低俗である。これでジャーナリズムと標榜するのであるから、どうにも筋が通らない。

マスメディアには、国民の知る権利に奉仕するとして、報道の自由が憲法上保障されているのである。

だとすれば、メディアの社会的意義は大きい。自らの廉潔性は自らでしっかり確保してほしいものである。

これでは、自らのでたらめな政治に反省せずに、批判だけして、民主党への批判票の受け皿になれない不甲斐ない自民党の政治家と一緒である。

既存の大手メディアに、政治家や他の企業を批判する資格は本当にあるのだろうか。

(Nothing Ventured, Nothing Gained.)

ワタシはマスコミはマスゴミだと思っているので、ワタシの思いを代弁しているようなコメントだったので、紹介してみました。

数字(視聴率や売上部数)がメインのマスゴミじゃあ、公平な報道なんて出来るわけありませんわな。

そこへ官房機密費の毒饅頭じゃぁ、話になりませんわ。

>自らのでたらめな政治に反省せずに、批判だけして、民主党への批判票の受け皿になれない不甲斐ない自民党の政治家と一緒である。

_72 これぞ悪徳ペンタゴンの構図そのものですな。

そこで一句。

毒饅頭 盛って盛られて 悪徳ペンタゴン

おぉ~

ワレながら良い句ですぞ・・猛爆!!

2010年6月17日 (木)

中国経済も限界に近づく

最近、中国の経済から、凶兆ともいうべきいくつかの異変が生じてきた。

まず注目すべきは、今年に入ってからの株市場の低迷である。年初に3300ポイント台であった上海指数は、この原稿を書いている6月11日の時点ですでに2569ポイントに下がってしまい、2割以上の下落となった。

2009年に米国を抜いて世界一となった中国の自動車市場にも陰りが見え始めた。今年の4月における全国の自動車生産量と販売台数は前月比でそれぞれ9.85%減と10.37%減となった。5月になると、その減少幅はさらに14.36%減と13.95%減へと拡大した。

不動産バブルの崩壊も進行中である。今年の4月中旬、中国政府が「3軒目の物件購入への住宅ローンの停止」を柱とする不動産投機抑制策を打ち出して以来、全国の不動産市場は急速に冷え込んだ。5月には、国内主要都市の不動産成約面積は前月比で44.18%減少し、うち北京、上海、杭州、南京の成約面積は史上最低水準に縮小した。こうした中で、「今後3カ月内に中国の不動産価格は40~50%の下落がある」との予測が国内から出され、バブルの崩壊は秒読み段階に入った。

それと同時進行的に、本格的なインフレ発生の危険性も迫ってきている。去年11月に0.6%の低水準にとどまった消費者物価指数は、今年の4月に2.8%に上昇し、5月にはとうとう、中国政府の設定した「インフレ警戒線」の3%を超えて3.1%となった。このままでは、インフレの到来は必至の趨勢(すうせい)である。

このように、中国のさらなる「繁栄と発展」の起点となるはずの上海万博の開催を前後にして、中国経済はむしろさまざまなぼろをいっせいに出して風雲急を告げるような重大な局面となった。

この十数年間、慢性的な内需不足が続く中で、中国政府はずっと、「固定資産投資」と「対外輸出」の継続的拡大を2つの牽引(けんいん)力にして高い成長率を維持してきた。が、投資のやり過ぎは供給と消費のバランスを崩してしまい、成長の牽引力としての限界にぶつかった。輸出頼りの成長戦略もやがて、08年秋以来の世界同時不況の発生によって頓挫した。

09年になると、輸出の急減で転落のがけっぷちに立たされた中国経済を救うために、政府は各銀行に大号令をかけて、総額9.6兆元(当年度の国内総生産の3割以上相当)という世界金融史上前代未聞の放漫融資を行わせたが、資金の一部が不動産投機に注ぎ込まれて史上最大の不動産バブルを膨らませ、実体経済からかけ離れた資金の大量供給がまた、インフレ発生の火種をまいた。

その結果、今年に入ってからの中国経済は、不動産バブルの膨張とインフレ発生の危険という2つの深刻な問題と同時に直面することとなったのである。

ギリギリの線で生活している数億人単位の失業者や貧困層が存在している中で、インフレの発生=物価の大幅上昇は政権にとっての命取りとなりかねないから、中国政府はいずれか金融の引き締めに転じざるを得ない。その副作用として当然、不動産バブル崩壊の加速化は避けられない。

そして、不動産バブルがいったん崩壊してしまえば、その後にやってくるのは不良債権の大量発生・銀行の機能喪失・経済成長の急落であることは明々白々だ。

今までずっと、無理に無理を重ねてゆがんだ形の成長を維持してきた中国経済は、まさにこれから、本格的な危機を迎えようとしているのである。

(石平のChina Watch)

中国が逝けば、世界が逝く。

中国が大好きな、ワタシ的発想です。

年に4回くらい訪中しておりますが、そのたびに中国の激変ぶりを感じる事が出来て、これは巨大なバブルとちゃうのかなぁ~と思うわけですよ。

ニッポンのバブル期をモロに経験しているワタシとしては、その何倍も上を行く感じがします。

それが弾けたら一国だけの問題では済まないな。。。。。

そう思うと恐怖さえ感じてしまうのです。

宴も終焉を迎えようとしています。

先の見えない口蹄疫

宮崎県は16日、宮崎市の北西にある同県国富町の肥育農家で家畜伝染病・口蹄疫の感染疑いの牛が確認されたと発表した。同町での疑い例は初。感染地域は、終息が確認されたえびの市を含め5市6町に拡大した。

県によると、獣医師から、口蹄疫特有の症状を示す牛3頭が見つかったとの連絡を受け県が立ち入り検査。写真判定で疑い例と判断し、検体を動物衛生研究所に送り、飼育されている234頭の殺処分に着手した。

一方、農林水産省と宮崎県は15日、都城市の発生農家から半径1キロ内の11農場を対象にした遺伝子検査と抗体検査の結果、牛豚97頭のすべてで陰性を確認したと発表した。

(毎日新聞)

なかなか収束の兆しさえ見えてこない宮崎県の口蹄疫問題。

こんな状況の中で、7月11日の選挙をやっちゃっていいのでしょうかね。

口蹄疫問題の中にいる宮崎県の畜産関係の方々のブログなどには、ずいぶん前から「今、選挙戦に入ったら間違いなく口蹄疫は各地に飛び火するだろう。」と警告を発信しています。

ここ最近になって、やっと宮崎県知事もこの口蹄疫と選挙の件についてコメントしているようです。

たしかに選挙戦になれば、人・モノが当地を動き回ります。

選挙戦に熱くなった人たちの中には、「これくらい大丈夫だろう」とか「俺には関係ない」なんて方々も出てくると考えられますな。

国政のシステム上どうしても選挙をやらなくてはいけないのかどうか、ワタシには勉強不足でわかりませんが、出来る事ならというより、日本のこれからの畜産業・ワタシ達の食の為に選挙を先送りする事が先決なのではないかと思いますがね。

暑い時にはフリカケに限る

2010061617570000_2 いやぁ~昨日は暑かったですねぇ。

今日も暑くなるようです。

暑くて食欲のない時には、「フリカケ」に限るね。

これはちょうど一昨日のいただきもの、フリカケ3種デス。

それぞれにガーリック・醤油・キムチの特徴ある風味の味付けがしてあり。

それぞれに食欲をそそる香りがするので、今の暑い時期の食欲のない時には最高の食材です。

2010061309440000 石川県小松市

桃宝食品株式会社

そこで作っています。

検索をかければすぐ見つかります。

ネットショップもあるようですから、この時期、食欲が無くてお困りの方は是非どうぞ。

ここまで宣伝したら、何かいいことないかな・・・猛爆!

2010年6月16日 (水)

墓参りにまいる?

2010061513560001 昨日、ワタシの父親の眠るお墓にお線香をあげに行ってきました。

昨日アップした

「人の縁とは不思議なもので・・・・」

http://hiro556.tea-nifty.com/blog/2010/06/post-d7b8.html

こういったこともあり、お墓参りに行って来たのです。

梅雨の晴れ間の強い日差しの中、気持ちよく墓参できましたな。

小売営業のほうは、まだまだ難儀しそうですが、気持ちの区切りとしてはよい墓参になりました。

2010年6月15日 (火)

なにぃ~?琴光喜を解雇の可能性???

琴光喜を解雇・・・・馬鹿なことを言うな!

もし、そうするなら相撲界の8割が追放になる。

相撲界での賭博は文化であり、喫煙程度の嗜みにすぎない。

相撲界は暴力団と深すぎる関係があり、もはや分かちがたい。

筆者はタクシー乗務時代にそれを思い知らされた。

タニマチの半数は暴力団である。

大鵬・千代の富士も暴力団後援会があった。

暴力団業界は、力士たちの代表的な天下り先である。

茶屋の9割は暴力団の経営である。

力士は日常的に暴力団と交際している。

賭博が犯罪だというなら、ソープランド売春はどうなんだ?

もしソープランドや売春を犯罪だというなら、スポーツ界の9割が犯罪者であり、警官の100%が犯罪者である!

マスコミは総理大臣官房機密費から売春接待を受け、権力の都合のよいヨイショ記事を書き続けてきた。

性犯罪を糾弾するアグネス・チャンの所属する日本ユニセフ協会、理事が少女に強制猥褻を繰り返していた。

琴光喜を偉そうに糾弾するマスコミ関係者の私事を暴け!

ほとんどの者が、売春や賭博(賭け麻雀・野球賭博)を行っているではないか!

(東海アマ)

東海アマの管理人が怒るもの無理はないですね。

だって正しいんだもの。

世の中どんな世界(業界)にもダークな面は持ち合わせています。

ワタシはそんな感じが嫌で商売をやっていますから、業界内では「端っこ」。

「隙間商売」なんです。

それでもいいと思っているのですがね。

3364 大きな感じで言えば、世の中ダークサイド8割とみたくらいで生きたほうが間違いないですな。

そういったダークサイド側が7割・8割の利権を抱えている。

表向き立派な企業であっても、裏の面(ダークサイド)は必ず持ち合わせているモンですよ。

そういった裏の権力(表に出来ない情報やつながり・・暴力団というわけではありませんよ)にささえられて企業運営をしているようなものでしょう。

そうしないとワタシの会社のように「隙間」でしか生きられません。

世の中、表が華やかであるほど、裏はドス黒いモンですよ。

人の縁とは不思議なもので・・・・・

ワタシの会社の仕事は基本は卸なのですが、時々個人様からの依頼があると小売でお手伝いする時があるのです。

昨夜も個人様からお声がかかり、車で1時間くらいのお宅に営業に行きました。

商談をしている時に、近い親戚の方がおいでになり話に加わりました。

その時に不思議な縁を感じたのですよ。

親戚:お宅は何処から来たの?

ワタシ:○○市より参りました。

親戚:○○市?平成10年の頃、

   俺はがんで大学病院に入院してたんだよ。

   ○○市のお宅と同じ商売の人が隣のベットに入院してたっけ。

ワタシ:そうですか。。。

親戚:その入院してた人は工業団地に

    工場を構えていると言ってたっけ。

ワタシ:ワタシの会社も工業団地の中なんですよ。

親戚:じゃあ○○さんって知ってる?

ワタシ:それはワタシの父親です!

    平成10年の頃、ワタシの父親もがんでその大学病院に

    入院していた事があるんです。 

親戚:おぉ~!!!!!

ワタシ:いやぁ~ホントご縁なのかもしれませんね。

お客様:本当にこれはご縁なのかも知れませんねぇ~

こんな感じで話が盛り上がり、商談は進んだのでございます。

たぶん近いうちに商談成立となるかもしれませんね。

人の縁のは不思議なものですな。

2010年6月14日 (月)

腐りきったニッポン

3億円(官房機密費) を食い逃げした鳩山元総理

官房機密費《3億円》が鳩山内閣退陣前2ケ月間で使われていると共産党から政府への調査で判明しています。

民主党政権の本当の姿がここにあります。

自民党と何ら変わらない姿です。

そして誰がこの《3億円》を食べたのか、平野官房長官は言わないとし、後任の仙石官房長官も公表しないとなれば《3億円》という大金が闇に消えた事になります。

こんな不条理な事がまかり通ってよいのでしょうか?

菅総理は所信表明演説で『行政の密室性の打破も進める』と表明していますが内閣・政府の透明性はどうなのでしょうか?

まさか鳩山総理他退任した大臣の退職金になった訳ではないでしょうが菅総理は民主党は開かれた政党というのなら今回の《3億円》の使途を公表するべきだと言えます。

公表しないのなら菅総理も鳩山元総理も歴代自民党総理も同じ穴のムジナとなります。

(Nevada)

全国郵便局長側 国民新に8億円 「露骨な利益誘導」指摘も

郵政改革法案の可決を目指す国民新党側に、全国の郵便局長らが過去3年間で総額8億1973万円を資金提供していたことが13日、産経新聞の調べで分かった。

「全国郵便局長会」(旧「全国特定郵便局長会」)の会員やOB、家族らでつくる政治団体「郵政政策研究会」がパーティー券購入や寄付を行い、郵便局長らは国民新党の職域支部「国民新党憲友会」にも納金していた。

国会議員9人の小政党に特定の団体側から8億円もの資金が流れていた事実に、識者からは「露骨な利益誘導」とする批判の声も出ている。

(産経新聞 調査報道班)

シンジロウちゃんもそうだけど、何処の党が政権をとっても、やってる事は同じですか。。。。

情けないなぁ~

何の為の昨年の政権交代だったのか。。。。。

くだらない。

ホント馬鹿らしい。。。。。

「バカにつける薬はない」との言葉は、まさにこういった人たちにお似合いです。

ベースに利権・党利・私欲がある以上、誰が国政を担っても絶対に日本は良くなりませんな。

また、政治に興味がなくなってきたよ。。。。。。。

2010年6月13日 (日)

中国に行ってきたのデス 煩悩編

今回は煩悩編。

小指に関する事ゆえ、そういった事に不快を感じる方は、この先はご遠慮くださいませ。

2010060622110000 中国で煩悩に浸るといったら、何と言ってもカラオケでしょう。

今回はいつもの悪友も行ったので、カラオケにも行ってきました。

夜のネオンサインが派手にちらつく巨大な建物の中に入っていくと、大きなロビーがあります。

そこで人数を話します。(今回総勢7名)

そうすると電動移動車(ゴルフ所のカートの10人乗り版って感じ)がやってきて、カラオケの部屋に案内してくれます。

通されたのは20畳はあろうかといった大きなフロア(個室)です。

片側にソファ、もう片方は巨大テレビモニターです。

それ以外の壁は全面ガラス張り。

もうこれだけで煩悩の感じにあふれていますね。笑

この部屋担当の給仕の女の子が二人ついて世話をしてくれます。

イロイロお酒などを頼んで乾杯をする頃、ママさん(元締め)が挨拶にやってきます。

そしてママさんが合図すると、キレイ処(ホステス)が20人くらい部屋に入ってきて、ワタシ達に熱い視線を送って来るのデス。

キレイ処の皆さんは腰に番号札を付けています。

ワタシ達はその番号を控えておいて、後でママさんに渡すのです。

その20人くらいのサイクルを3回繰り返します。

という事は、約60人のキレイ処の中から隣に座って相手をしてくれるキレイ処を選ぶのですよ。

これを煩悩と言わず何と言うのか!猛爆!!

鼻息も荒く番号札をママさんに渡して、しばし待つ事3分。

(そんなに待たないだろうがぁ~!って長く感じるものです。)

ワタシの隣に座ったのは、遥か遠くハルピン出身の26歳の女の子デス。

片言の日本語も出来て楽しいひと時を楽しむ事が出来ました。

**中略**

約2時間後、ママさんがワタシ達のところにやってきます。

ママさん曰く「お持ち帰りですかぁ~?」

そうなんです、女の子を気にいったら一緒に外に連れ出せるのです。

その先はご想像どおりです。

キレイ処も外出する事によって収入を得ているので、「今日は連れて帰りません」ってなことを言ったら、即座にキレイ処も反応し、今まで恋人気分だったのが「あかの他人」になって冷たい反応です。

いやぁ~キビシイ世界ですよ。

一気にお酒も醒めるってモンです。

ワタシはマッサージの予約をしていたので、キレイ処と外出しませんでしたが、日本が不景気で日本人のお客さんが少ないらしく、日本人が来たとなればキレイ処も「ワタシを選んでぇ~」とばかり熱い視線を送って来るのですよね。

日本人の殿方の皆さま。

中国人ホステスに骨抜きにされぬようご注意あれ!

中国に行ってきたのデス その4  中国で一人鍋?

2010060719290000 中国で安心して食べられるもの。

それは鍋ですな。

火を通しますからね。

今回行ったのは、一人鍋(しゃぶしゃぶ)の店。

奥に見える釜めしサイズの鍋で、一人鍋を楽しみます。

2010060719460000 これがどの鍋にも付いてくる基本セットです。

この基本セットにプラスしてメインの具材を注文します。

具材としては、牛肉・豚肉・羊肉・海鮮・女性向け野菜盛りなど、他にもたくさんの具材を選べるようです。

ワタシが選んだのはもちろん牛肉。笑

2010060719540000これがけっこうどころか、馬鹿ウマなのですな。

日本から柚子ポンを持って行ったので、最高に美味い一人しゃぶしゃぶが堪能できましたな。

これでお値段約600円!

贅沢な夕食でしたな。

2010年6月12日 (土)

メキシコ湾油田事故は地球に過去最悪のダメージを与えるのか!!

専門家によると、メキシコ湾の油田事故、原油の漏出を止めるのは難しいとのことです。

かなり深刻なレベルのようです。

海底の裂け目は18ヶ所にも及び、最も大きなものは11キロメートルも離れた場所にあるとか

空になるまで30年間放置するか、核兵器を使って流出を止めるか、選択肢はこの2つしかないと、科学者が警告したようです。

ただし、核兵器を用いても、失敗する確率が20%だとか

カトリーナのような大型のハリケーンが襲うと、米国の東半分が汚染される可能性があります。

また、別情報ですが、放っておくと岩盤自体が浮き上がり、崩壊するのではないかとの噂も流れているようです。

そのときは、一気に石油が放出されます。

いったいどうなるんでしょうね。

(およよと驚く毎日)

メキシコ湾の油田事故って、人類史上過去最大のピンチになる可能性があるんじゃないの?

海底の裂け目ってねぇ・・・・・

ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

海洋汚染からくる食糧危機。

メキシコ湾海底の岩盤崩壊により地殻のバランスが崩れ、大地震が多発する懸念。

海流にも影響を及ぼすかもしれませんね。

これは地球規模のピンチですぞ!

中国に行ってきたのデス その3

その3ではイロイロな中国編デス。

2010060614500000 まずはラーメン。

中国でのチェーン店らしく、あちこちにお店が点在しています。

問題は味なんですが、これがけっこうイケルのです。

やや濃い目のスープ(とんこつ風)が美味かったですな。

2010060616240000 これは屋台。

ローストした豚肉をそぎ落とし刻んだ野菜と混ぜて、ナンのようなパンに包んで売っていました。

これはダメ。

食べたらすぐトイレ逝き~わかっているので食べませんね。

2010060810270000 ここは商売の神様の神社?

老若男女、たくさんの人が詣でています。

ワタシも訪中のたびに必ずお参りします。

ご利益は今のところ・・・・・・・・・

2010060817020000 ここは株式の掲示板。

時間外だったので誰もいませんが、取引時間中は熱心な個人投資家で溢れかえるそうです。

一攫千金を狙う方も多いようで、かなり盛り上がるようです。

2010060814210000 ここは★★★ホテル。

私には縁のないホテルですが、接待で日本料理を食べに連れて行ってもらいました。

味ははっきり言って不味い。

日本食風と言ったほうが良いかも知れませんね。

棒状ヨーグルト?

2010061121220000 昨日家に帰ってノンアルコールビールでも飲もうかと冷蔵庫を開けたら、へんてこなものが入っていました。

ヨーグルト?

変わっていたので、ひとつ食べてみました。

と言うより飲んでみました。

**結論**

やはりヨーグルトはカップに入ったものの方が、食べやすいし美味しく感じますね。

2010年6月11日 (金)

シンジロウよ、お前もか!

自民党は民主党を批判できるのか

いきなり菅新政権の閣僚たちを襲った「事務所費疑惑」噴出に、自民党が調子づいている。

石破政調会長は「当然辞任に値する。首相の任命責任も問われるべき」と鼻息が荒いが、思い上がらない方がいい。

今や党内きっての“人気者”小泉進次郎が親父から事務所費疑惑まで「継承」していたのを知っているのか。

横須賀市中心部にあるテナントビルの一室。

表札には「自民党神奈川県第11選挙区支部」の名はあるが、「あるべきはずの政治団体」の名はない。

支部にいた女性スタッフは「分かる人が出払っていて何も答えられない」と繰り返すのみ。

事務所内はとても、2つの政治団体が同居しているようには見えなかった。

あまり知られていないが、国会で事務所費疑惑を追及された政治家の元祖は、進次郎の父・小泉元首相だ。

03年3月、参院予算委で民主党の桜井充議員が質問した。

「総理の自宅の敷地内で、なぜ家賃が発生するのか」

疑惑の舞台は、横須賀の小泉の実家にあるプレハブ小屋。

実弟が代表の政治団体「小泉純一郎同志会」が、プレハブに「主たる事務所」を置きながら、家賃などの「事務所費」を計上していた。

金額は毎年、約500万円に上った。

この時、小泉は「政治には、目に見えない部分がある」とはぐらかしたが、質問の13日後に異変が起きた。

同志会が「主たる事務所」を前出のテナントビル内に変更。

小泉が支部長を務めた自民党第11支部と同じ場所だった。

「約110平方メートルの事務所の家賃は、月約40万円。管理費や駐車場代を含め、多めに見積もっても年間600万円程度です」(地元不動産業者)

自民党第11支部は事務所費として約700万円を計上、新たに同居した同志会も移転前と変わらず約500万円を計上した。

ビルのオーナーは当時、一部報道に「家賃は変えていない。2団体分は受け取っていない」と証言した。

民主党議員は国会で再三、「家賃の二重計上ではないか」と追及したが、小泉は「政治活動は、議員それぞれ」と、またもやゴマカシ答弁で逃げ切った。

その後も、二重家賃計上の状態は変わることなく、小泉は詳細な説明を拒んだまま、政界を離れてしまった。

●親父の代からの“使途不明”6億円はどこに消えた

「同志会は事務所費以外の支出も使途不明で、収入の大半は小泉元首相の資金管理団体からの寄付で賄っていました。元首相の引退に伴って昨年に解散するまでの約30年間で、寄付総額は6億円を突破します。同志会をトンネルにして巨額の政治資金を流用してきた疑いがあるのです」(民主党関係者)

疑惑の構図は、進次郎にも引き継がれた。

進次郎が後継指名された08年の政治資金収支報告書によれば、解散前の同志会と自民党支部に加え、新たに進次郎の資金管理団体「泉進会」と政治団体「小泉進次郎同志会」が、同じ前出のテナントビルの事務所に“同居”。

泉進会を除く3団体が、別々に家賃などの事務所費を計上していた。

内訳は政党支部が約609万円、同志会が約379万円、進次郎同志会が32万円。

総額約1020万円という“疑惑の三重計上”である。

日刊ゲンダイ本紙は進次郎の事務所に文書で質問したが、10日までに回答はなかった。

自民党が菅政権を攻撃するなら、小泉親子の事務所費疑惑を解明してから出直した方がいい。

(ゲンダイネット)

シンジロウ君も口の割にはやってる事は汚いな。

人の事言う前に身の潔白を証明してからだな。

シンジロウ君もシンジラレナイな。

**結論**

ニッポンはオワタ。。。。。

ワタスの親父バンドを聞いとくれ!

ワタシの参加しているオヤジバンドの練習成果なのデス。

とある素人親父バンドのコンテストにネット応募したのデス。

http://www.youtube.com/watch?v=zuMoRMu1zwk

(YouTubeでございます)

結成1年半。

このメンバーになって3ヶ月。

オヤジ達も頑張っています。

<車全焼>4歳と10歳の兄が連係プレー 1歳妹救うか・・・・・

10日午前6時40分ごろ、山口県周南市原の会社員、村本賢治さん(41)方で、庭に止めていた軽乗用車が全焼した。

炎が上がり始めた車の中には、三女の恵(めぐみ)ちゃん(1)がいたが、次男望君(4)の連絡を受けた小学5年の長男一輝君(10)が危機一髪で恵ちゃんを助け出し、けが人はなかった。

村本さんらの話によると、午前6時35分ごろ、兄弟の面倒見が良いという一輝君がいつものように、保育園に行く望君と恵ちゃんを車の後部座席に乗せた。

その数分後、車の中に煙が立ちこめ、望君が家へ。両親が近くにいなかったため、一輝君に知らせた。

「体が勝手に動いた」と、無我夢中になって家を飛び出した一輝君は、熱くなったドアを開け、車の中で泣き叫ぶ恵ちゃんを抱きかかえて家まで全速力で駆けたという。

一輝君は「車は焼けてなくなったけど、命は失わなくてよかった」と話した。

県警光署によると、出火当時、車は窓やドアは閉め切った状態で、エンジンはかけていなかった。

車内からライターなどは見つかっていないといい、出火原因を調べている。

(毎日新聞)

本当によい兄弟だねぇ~

オモチャでも買ってあげたくなるよ。

今、日本の国政に必要なのは、まさにこの兄弟愛のようなものだね。

私利私欲を捨てた行動。

党の利益や自分の利益、それが優先している今の国政。

この兄弟の爪の垢でも煎じて飲ませてあげたいよ。

2010年6月10日 (木)

中国に行ってきたのデス その2

2010060718070000 今回中国に行ってチャレンジしてきたのは「かき氷」デス。

これはマンゴーとタピオカ?のかき氷です。

30センチくらいの大皿にてんこ盛りのかき氷。

その上に沢山のマンゴーとタピオカがのっています。

そして練乳とマンゴーソースがかかっています。

この大きさで約300円。

大人4人でやっと食べられる感じです。

2010060718110000 これは豆の餡に練乳がかかったものです。

薄甘い豆の餡にさらっとした練乳がいい感じです。

中国の衛生事情も、ものすごい速さで良くなっています。

今回、それを実感しましたな。

1年前だったら絶対にかき氷なんぞ中国では食べません。

以前だったら、かき氷を食べたあと10分後には猛烈な下痢に見舞われますからね。笑

中国に行ってきたのデス

日々の慰安を兼ねて訪中してきました。

2010060715570000 今回は仕事なし!

慰安のみの訪中です。

今回は温泉にも行ってきました。

ドクターフィッシュでしたっけ?

小さい魚が肌の角質を食べるってやつ。

全身の体験もしてきましたがな。笑

やったらやみつきです。

2010060716470000 岩盤浴などもあって、一大レジャーランドでした。

イロイロな温泉があって、一日では足りないくらいでした。

そして夜は、2時間のマッサージ。

極楽極楽~

これでまた、この夏の激務に耐えられそうですわ。笑

2010年6月 4日 (金)

リフレッシュ

心身リフレッシュの旅に行って来るのだ。

9114

ハンガリーよ、お宅もか!

2010年06月04日13時42分

短い報道記事だが大変気になるものがあった。

ハンガリー財政危機に火がついた模様である。

ハンガリー与党幹部によると、財政状況が予想以上に悪化しており、ギリシャと同じ運命になるのが避けられないという。

ハンガリーでは新政権が発足したばかり。

欧州委員会もハンガリーが非常に注意を要する状況にあることを認めている。

ギリシャを皮切りに次々とPIGS諸国に燃え広がった国家財政危機。

今度は、PIGS諸国の枠を越えて欧州全体に国家財政危機が拡散する段階に突入したようである。

事態の進行速度が非常に速い。

欧州はドイツを除いて国家財政危機で軒並み沈没する可能性すら出てくる。

報道の扱いからすると、この材料はもう少し後になってから使われる予定なのかもしれない。

(東海アマ・アイフェンス)

欧州諸国、何処も大変なようです。

明日はわが身。

ニッポンも同じ事。

「備えあれば憂いなし」ですぞ。。。。。

宮崎の怒りも頂点に達している



本って、中身の内容表示が、表紙になってるんですよね??

でもさ~~、

政界の本っよ~、コロコロ表紙が変わるがね~~~???

でも、いっつも、中身は一緒なんだよね

じゃ、表紙を変えても意味無いよね??

中身を変えなきゃ意味・・・・・無いよね??

腐った本は使い道無いよね??


だったら、いっその事、本自体を廃棄した方がましだよね!!


古紙回収に出すとか??いやいや、引き取り手がないかもね???

いやいや、シュレッダーで粉々にして焼却処分にした方が

ましかな・・・・

そっでよ~~、新しい本を持って来た方が

世の中が、ましになるんじゃないのかな・・・??

まっ、今よりは、少しは良くなるかもね!?!?



ところで、鳩山さん、あんた、宮崎に何しに来たんですか

もう8日も前から辞めるって決めてたそうですね???

県庁で、言いたい事、少しはましな事??言っといて・・・

言い逃げかよ~~、知らん顔なんですか????

宮崎県民、いや、全国の人は、驚いてますよ

いや、激怒してますよ

あの発言は、総理大臣としての発言だよね

って事は、次に誰が総理になっても、鳩山さん、あの発言は

生きてるんですよね????

総理の発言は引き継いでもらわなきゃね

あんた、分かってる????

そんくらいの覚悟はあって言ったんでしょう???

そのくらい、責任は持ってるんですよね???

でもな~~~、今までの流れを見てたら・・・聞いてたら

知りませんでした・・・・・???

理解してませんでしたって発言

そんな事ばっかりだもんね???


もう、こんな政府には、飽き飽きだぞ・・・・


テレビ報道も、まともな、報道をしないしね

あんたら報道も、スポンサーの顔色ばっかり気にしてたら

日本は、駄目になるよ

潰れちゃうぞ

分かってんの????

ちった~~、まともな報道したら~~~

ちっぽけな、一人の俺なんかに言われて悔しくないの???

まっ、そんな事考えないわな~~~~

目先の利益、視聴率が大事だもんね・・・・情けね~~~~!!


も~~~し、言われて悔しいなら

全国に、この口蹄疫の事を報道してみなさいよ

そして、口蹄疫を防疫しなきゃいけない大事な時期に

外遊してた、おバカちゃん、赤松大臣の責任も追及したら~~~

外遊中に、ゴルフしてたって疑われてるんだったら???

ちゃんと、日程を公開して、反論出来るなら、してくりゃいよ~~

それも、出来ね~~~~赤松大臣なのかな???

あっ、もしかして、明日、組閣があるが

まさか、農水大臣抗体ってか~~~~

薄汚れた、銭儲けの、抗体が出来てるんだろね???

抗体して、責任逃れ、赤松隠しを貴方のお仲間さんがして

あげるんかな~~~????

お優しい、お仲間さんだね

でもな~~~、あんた、赤松大臣

この宮崎で起こってる・・・いや、起こされた事・・・・

人災・・・・口蹄疫で苦しんでる農家

殺された、牛さん、豚さんは、

赤松大臣に、ワクチンを打たれて、今から殺されていく

牛さん、豚さんは

赤松大臣、貴方の行動は

み~~~~~んなが、許さないよ・・・・・

自由に行動出来る様になったら

国会議事堂にでも、見学に行かなきゃね

俺さ~~~~、まだ、国会議事堂には、行った事ないんだよね

あなたが、川南に来てもらえないから

こちらから、お伺いいたしますわ~~!!!




山田副大臣、あんた、何言ってんの??

具体案は無いが、埋却方法は今のままじゃ駄目だって

モンクばっかり言ってて、じゃ、具体的な対応策を示しないよ

今後も、政治主導で口蹄疫対策にあたるってか~~~

その政治主導で、こなざまかえ~~

殺処分のペース
 
 牛・・・一日に300人
 豚・・・一日に2400~2500人

こんなに沢山の、牛さん、豚さんが政府に殺されてます

山田副大臣・・・

 このままでは、殺処分に半年かかるって、

 危機感を表明したって・・・・

 言われますがね、この数字って、もう、

 だいぶ前から分かってた事なんだよ

 それが、今頃・・・・なんだ~~~???

 危機感って、やっと、わかったんか????

 ま~~~あんたの、頭ん中もチマチマしてるんじゃな~~

山田馬鹿副大臣・・・

 ウイルスを出し続ける牛が、半年もこの地域にいることになって

 必ず飛び火するに違いない、だから、早急に、この一ケ月で殺処分

 出来ないか、これまでの対応じゃ駄目じゃないかな?

 ワクチンを打って2週間たった牛は、生きたまま埋却現場に

 運び殺処分する特例を出した

 人員増や自衛隊の機動的活動に言及したが

 埋却敏速かの抜本策を明らかにしない・・・・・


何なのそれって、急げ急げって言いながら、お前たち、自分達で

勝手にやれや・・・政府は、何もしないぞって言いたいんか~~~

ふざけんじゃね~~~~よ

少しは、てめ~~~も、頭があるんじゃったら、考えろや~~~

多分、山田馬鹿副大臣だから、よう考えんのじゃろ

だったら、県が要求する事を実現、実行してやれや~~~

それが、てめ~~の、仕事だろ

何しに、県庁にいるんか、わからんぞ~~~~

あ~~~~、ニュース見てて、腹立つわ~~~~

ハラワタガ・・・煮えくりかえるぞ


そんなに宮崎を潰したいんか~~~~????




今日、役場から電話があり

私の牛さんの、埋却地の周辺の同意が取れましたって連絡でした

もう、4~7日で処理に入るのかな・・・・・??

近所で、ユンボで、養豚農家の埋却地の穴掘りを始めたから

その後、うちに来そうだな・・・・・

あ~~~~、たまらんよ・・・・・・

こら~~~~、山田、俺んとこの牛さんを見に来い


政府の方々、この日記を、是非、大臣に伝えてくださいよ


あっ、今は、それどころじゃないか???

選挙の為の表紙の入れ替え作業が忙しいですからね



あ~~~~、もう、うんざりだね・・・・・・



昨日の日記は、凄く良かったのに

今夜は、悲惨な日記になり申し訳ないです。



すいません・・・・・

(川南町のムッチー牧場だよ~ん)

宮崎県の口蹄疫の現場の方々は、今の政界(民主党)の様子をテレビで見ていると、涙が出てくる思いなのでしょうね。

自分の事だけしか考えていない。。。。。

上記記事にもあるように、本当の現場の様子が知りたいですな。

マスゴミに情報操作されたような報道番組を見ても真実がわかりません。

現地の畜産関係の方々で、デジタルビデオで撮ってユーチューブにでも現実を公開してくれませんか?

ワタシは知りたいですな。

テレビやラジオではスポンサーが絡む関係で、風評被害とかのからみもあってどうしても報道できない事情もあるのかもしれません。

まぁ、それじゃあマスコミと言えずマスゴミになってしまうのですが。。。。

本当の事実を発信している情報先があったら教えてくださいませ。

2010年6月 3日 (木)

ギリシャをはるかに超えるかもしれないイタリア金融危機

イタリアでは 地方自治体がデリバティブのせいで破綻に瀬戸際 に追い詰められそうである。

イタリア中銀の報告によると、2010年3月末時点で地方自治体が被ったデリバティブ関連損失は約11億ユーロにのぼったという。

恐らくこれは氷山の一角であり、今後時間が経過するにつれてどんどん膨れあがってゆくだろう。

イタリアでは既に、デリバティブを巡っては刑事事件が勃発するなど穏やかな情勢ではない。

具体例としては、ミラノ市がバンカメなどを相手に刑事訴訟 に踏み切っている。

イタリア検察当局も動きだし、バンカメに対して2年間の取引禁止を求めている。

ウォール街勢に対する調査が進んでいるものの、もはや遅きに失した感が否めない。

イタリアの地方財政危機は、ギリシャのケースよりも深刻化する可能性が高いのである。

ミラノ市検察官・アルフレド・ロブレド氏

「イタリアの問題はギリシャよりも一段と深刻だ」

「バブルが発生し、今にも破裂しそうだ」

「惨事を回避するため、政府は地方当局にスワップ契約の再交渉を認めるべきだ」

ギリシャのGDPは、約3500億ユーロであるのに対して、イタリアのGDPは約2兆ユーロ である。

(アイフェンス)

欧州各国も自国の金融に対して、紙一重って感じで生き延びているようです。

そこにきて、

【イラン中央銀行】は今後4ケ月で【ユーロ】を450億ユーロ(5兆円)を売却し、ドルと金に転換すると報じられています。

現時点の【イラン】の外貨準備高に占めるユーロ比率は55%だったものが売却後は20~25%に下がるとされています。

また中国も噂ですが徐々に【ユーロ】を売却していると言われており、世界中の中央銀行が【ユーロ】売りに入っている可能性があります。

しかも仮需ではなく実弾売りとなりますので、売りとなれば一方通行になりますので、【ユーロ】は市場にジャブジャブになり、相場は必然的に下落することになります。

今後【ユーロ】は一ユーロ=1ドルにまで下落していき、その後は【ユーロ】必要なしとなり消滅することになるでしょうが、このスピードが今後加速していきますので、6月は今のところ金融市場は平穏となっていますが、大激震が走り金融市場崩壊にまで進むことになるはずです。

7月の夏休みはないかも知れません。

(Nevada)

どの道ユーロは崩壊って事になるのでしょうが、全世界が混乱することは間違いないでしょうね。

ワタシ達に明るい未来が待っているとは言い難いこのご時世です。

2010年6月 2日 (水)

OWATA 民主党 そして ニッポン

鳩山由紀夫首相は2日、民主党の衆参両院議員総会で「職を引かせていただく」と述べ、正式に辞意を表明した。また、小沢一郎幹事長も辞任することを明らかにした。

鳩山首相は冒頭、「国民の皆さん、本当にありがとうございました」「国民の(政権交代の)判断は決して間違っていなかった」と所感を述べた後、普天間問題や政治とカネの問題を上げ「私自身も職を引かせていただく」と述べ、辞意を明らかにした。

鳩山首相は普天間問題で米軍基地の沖縄県外移転への意欲を振り返る際、目をうるませる一幕もあった。

(産経新聞)

これで国政も混沌としてきましたなぁ~

かといって、トップに立てる者などいやしませんがな。

5897 誰かいる?

選挙だけしか頭にない与野党のなかに、国を任せられる奴なんで誰もいませんがな。

もうニッポン ハ オワタ・・・・・

為替も大変動のようデス。

鳩山・小沢に異変ありか?

蓮舫サンのTwitterにての情報です。

参議院本会議が延期。10時から急遽、両院議員総会が開かれるとの案内が8時過ぎに事務所に届きました。総理•代表より大事な話がある、との内容です。

アレアレ???

激変起こっちゃうの????

眉唾モノの免疫療法に光明か! <iPS>抗がん細胞作成に成功! 理化学研

人工多能性幹細胞(iPS細胞)から強力な抗がん効果のある特定のリンパ球のみを大量に作成することに、理化学研究所のチームがマウス実験で成功した。作ったリンパ球をがんのマウスの体内に入れて活性化させると、抗がん効果を発揮することも確かめた。がんの免疫細胞療法での応用が期待できるという。1日付の臨床試験に関する米科学誌(電子版)で発表した。

リンパ球の一種「ナチュラルキラーT(NKT)細胞」には、他の免疫細胞にも働きかけ、がん細胞を直接または間接的に殺す作用がある。

理研免疫・アレルギー科学総合研究センターの渡会(わたらい)浩志・上級研究員(免疫学)らは、マウスのNKT細胞に4種類の遺伝子をウイルスに運ばせてNKT細胞由来のiPS細胞を作った。これをリンパ球に分化させると、すべてNKT細胞になった。

生まれつきNKT細胞を持たないマウスにがんを移植し、続いて作成したNKT細胞と活性化物質を静脈に注入すると、がんは大きくならず、マウスは1年後も生き続けた。一方、NKT細胞を持つが活性化させなかったマウスは、がん移植後平均約1カ月で死んだ。

チームは千葉大と連携し、これまでに人間の体内のNKT細胞を活性化させてがん細胞を攻撃する新たな免疫細胞療法を開発。末期の肺がん患者を対象にした臨床試験で、従来の治療法より高い効果を確認しているが、もともとNKT細胞が少ない患者では効果が低かった。事前に体内のNKT細胞を増やせば効果が高まると想定されるが、特定のリンパ球を大量に作る手法はこれまでなかった。

渡会上級研究員は「将来、患者のNKT細胞を基にiPS細胞を介して大量のNKT細胞を作り、患者に戻すことができれば、より効果的な治療法になる」と話している。

(毎日新聞)

この情報は、がんに悩まされる人たちには朗報ですな。

延命もしくは治癒まで期待されるかもしれません。

今までの免疫治療、免疫療法は眉唾モノが多かったですからね。

数年前にワタシの父親は、がんで亡くなったのですが、その時に免疫療法をずいぶん勉強しましたよ。

当時の結論として、免疫治療・免疫療法は眉唾モノであると思ったことですな。

保険もきかない体内免疫を高める高額な点滴をして、高額の医療費を払う。

その病院のホームページや書物には、当院でのがんで亡くなる方の割合は数パーセントとか書いてありました。

それもそのはず、治療を受けていても体調が悪化したら、今までかかっていた地元の病院に戻されるんですからね。

その病院では死なないわな。

当時は、なんとも眉唾モノの免疫療法・免疫治療でございましたな。

そういった経験もあってか、今回の情報には注目です。

ワタシ的には、仮にがんになってお迎えが近くなったら、痛みだけは無くしていただきたい。

痛みのない朦朧とした意識の中、今まで生きてきた中で楽しかった事の夢でも見ながら逝けたらよろしいのではないかと思っていますな。

2010年6月 1日 (火)

地震予知成功!

5月30日に地震予知情報を出していました。

http://hiro556.tea-nifty.com/blog/2010/05/post-7c9c.html

これって、地震予知成功とちゃいますのん?

対応したと考えられる地震。

[ワシントン 31日 ロイター]

インド東部沖に位置するアンダマン諸島で31日午後7時51分GMT(日本時間6月1日午前4時51分)ごろ、マグニチュード(M)6.4の地震が発生した。

米地質調査所によると、震源の深さは79.4マイル(127.7キロ)。

太平洋津波警報センターは津波警報を発令した。

「この規模の地震は局地的な津波を引き起こし、震源から数百キロ圏内の沿岸地域に影響が及ぶ可能性がある」としている。

ビンゴ!とちゃいまっか?

もうひとつ心配なのは、アイスランドの火山の大規模噴火の懸念ですな。

これだけは目が離せません。

地球環境が激変します。。。。

どうなる?ポッポマウンテン

さあて、どうなるのでしょうかね。

ポッポマウンテンさん。

(ポッポ=鳩  マウンテン=山)

534 アナタが政権を投げ出す事は出来ないですよね。

だって野党時代、自民党の総理がクルクル変わった時、さんざん批判していたんですもの。

行くも地獄、帰るも地獄。

与党ってのは想像を超える責任・判断が必要なんだって事を、痛切に実感している事でしょう。

今の自民党を見てもわかります。

政権を持っていない野党のせいか、全て人事(ひとごと)。

腑抜け政党に成り下がってしまいました。

さあ、どうする?

ポッポマウンテンさん。

セージの花咲く

2010060108160000 ワタシの家に花壇では、セージの花が咲き始めました。

セージは生命力が強いのか、いくらでも大きくなります。

2年もそのままにしておいたら、2メートルくらいは広がってしまいそうです。

毎年、思い切って根元の枝だけに切り落とすのですが、それでも1メートル近くは花が広がります。

小さく可愛い花弁がいいですね。

ワタシ的には、牡丹や芍薬より好きなタイプの花です。

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »