« メロンにメロメロ~ | トップページ | 茨城空港、国内線運休ね »

2010年6月25日 (金)

またブラックマンデーきちゃうの?

再度上げは小さく下げは大きく(NYダウ)

【NYダウ】は146ドル安(-1.41%)の10,152ドルで終わり、1万ドル割れを視野に入れてきています。

ここで再度NYダウの動きを検証してみたいと思います。

6月22日 -149ドル
6月24日 -146ドル

上げは例えば23日には+4.90となっており、3ケタの上昇などいつにあったか?と思う程になっています。

ヨーロッパも下落が続いており、イギリス(-1.51%)、ドイツ(-1.44%)となっており、じわりじわりと売られています。

このようなじわりじわりという下落は相場的には悪い動きであり、何度も指摘しますが何かの切っ掛けで暴落をすることになります。

ブラックマンデーなどはまさにこの典型であり、近々にブラックマンデーが見られるかもしれません。

その際には日経平均で1000円安、NYダウで1000ドル安になるのでしょうが、この1000円安・1000ドル安が2~3日も続けば株式市場はメルトダウンの危機に直面します。

なぜなら年金ファンドなどは損を抱えて動きが取れなくなり、挙句の果てには投げ売りをすることになるからです。

この機関投資家の投げが入れば殆どの主要銘柄は売り気配となります。

今、BP株の暴落でアメリカの年金ファンドがBPを訴える動きを見せていますが、これが通れば株式投資の自己責任は消滅し会社は上場などできなくなります。

即ち、証券市場の【死】となります。

何がきっかけになるかわかりませんが、株式市場・為替市場の大変動時期が近付いてきているのは確かです。

1740万株の売り越し(外人:寄り付き)

今日の寄り付きの外人売買動向は1740万株の売り越しとなっています。

最近にない大幅な売り越しであり、金曜日は買い支えが入るために少しでも高く売れると踏んでの動きなのか、それともブラックマンデーを警戒しての動きかわかりませんが、警戒はしておいた方がよいかもしれません。

(Nevada)

ワタシも最近までの株式をはじめとした金融の楽観論に疑問を持っていたのです。

『このまま金融不安が去るわけはないだろう』ってな感じにです。

そう考えているうちに、案の定怪しげな気配が市場を包み始めているようです。

どう考えても金融不安を抱えている国々は、水面下で『臭いものに蓋』をするのに必死で、今まで生きながらえてきていたように感じます。

ブラックマンデーの再来。

あってもおかしくない今の状況ですな。

« メロンにメロメロ~ | トップページ | 茨城空港、国内線運休ね »

金融危機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/48716103

この記事へのトラックバック一覧です: またブラックマンデーきちゃうの?:

« メロンにメロメロ~ | トップページ | 茨城空港、国内線運休ね »