« 地震予知成功! | トップページ | 鳩山・小沢に異変ありか? »

2010年6月 2日 (水)

眉唾モノの免疫療法に光明か! <iPS>抗がん細胞作成に成功! 理化学研

人工多能性幹細胞(iPS細胞)から強力な抗がん効果のある特定のリンパ球のみを大量に作成することに、理化学研究所のチームがマウス実験で成功した。作ったリンパ球をがんのマウスの体内に入れて活性化させると、抗がん効果を発揮することも確かめた。がんの免疫細胞療法での応用が期待できるという。1日付の臨床試験に関する米科学誌(電子版)で発表した。

リンパ球の一種「ナチュラルキラーT(NKT)細胞」には、他の免疫細胞にも働きかけ、がん細胞を直接または間接的に殺す作用がある。

理研免疫・アレルギー科学総合研究センターの渡会(わたらい)浩志・上級研究員(免疫学)らは、マウスのNKT細胞に4種類の遺伝子をウイルスに運ばせてNKT細胞由来のiPS細胞を作った。これをリンパ球に分化させると、すべてNKT細胞になった。

生まれつきNKT細胞を持たないマウスにがんを移植し、続いて作成したNKT細胞と活性化物質を静脈に注入すると、がんは大きくならず、マウスは1年後も生き続けた。一方、NKT細胞を持つが活性化させなかったマウスは、がん移植後平均約1カ月で死んだ。

チームは千葉大と連携し、これまでに人間の体内のNKT細胞を活性化させてがん細胞を攻撃する新たな免疫細胞療法を開発。末期の肺がん患者を対象にした臨床試験で、従来の治療法より高い効果を確認しているが、もともとNKT細胞が少ない患者では効果が低かった。事前に体内のNKT細胞を増やせば効果が高まると想定されるが、特定のリンパ球を大量に作る手法はこれまでなかった。

渡会上級研究員は「将来、患者のNKT細胞を基にiPS細胞を介して大量のNKT細胞を作り、患者に戻すことができれば、より効果的な治療法になる」と話している。

(毎日新聞)

この情報は、がんに悩まされる人たちには朗報ですな。

延命もしくは治癒まで期待されるかもしれません。

今までの免疫治療、免疫療法は眉唾モノが多かったですからね。

数年前にワタシの父親は、がんで亡くなったのですが、その時に免疫療法をずいぶん勉強しましたよ。

当時の結論として、免疫治療・免疫療法は眉唾モノであると思ったことですな。

保険もきかない体内免疫を高める高額な点滴をして、高額の医療費を払う。

その病院のホームページや書物には、当院でのがんで亡くなる方の割合は数パーセントとか書いてありました。

それもそのはず、治療を受けていても体調が悪化したら、今までかかっていた地元の病院に戻されるんですからね。

その病院では死なないわな。

当時は、なんとも眉唾モノの免疫療法・免疫治療でございましたな。

そういった経験もあってか、今回の情報には注目です。

ワタシ的には、仮にがんになってお迎えが近くなったら、痛みだけは無くしていただきたい。

痛みのない朦朧とした意識の中、今まで生きてきた中で楽しかった事の夢でも見ながら逝けたらよろしいのではないかと思っていますな。

« 地震予知成功! | トップページ | 鳩山・小沢に異変ありか? »

独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/48520573

この記事へのトラックバック一覧です: 眉唾モノの免疫療法に光明か! <iPS>抗がん細胞作成に成功! 理化学研:

« 地震予知成功! | トップページ | 鳩山・小沢に異変ありか? »