« 今日は父の日だナイ | トップページ | 菅首相、消費税10%言及の件 »

2010年6月21日 (月)

サッカーは団体スポーツなり

MF本田圭佑(24)=CSKAモスクワ=が19日のオランダ戦後、整列せずにロッカールームに直行し、日本代表・大仁邦弥団長(65)からチームの和を乱す行動だとして“厳重注意”されていたことが20日、わかった。悔しさを抑えられなくなっての“暴走”だが、本人は深く反省。決勝トーナメント進出がかかる24日のデンマーク戦(ルステンブルク)で汚名返上を期す。

深く反省した。ただ終わったことを振り返っても仕方ない。次で取り返せばいい。前夜の仏頂面から一転、笑顔での再始動。肥料の香ばしいにおいを含んだベースキャンプ地・ジョージの風が、ささくれだった本田の心を癒してくれた。

「もっとやれた。まだ試合があるので、次に向けていい準備をしたい」

前日19日の試合後、言葉少なにバスに乗り込んだのには理由があった。代表関係者によると、チームの雰囲気を悪くする自分勝手な行動を取ったとして、“厳重注意”を受けていたのだ。

オランダ戦の終了の笛が鳴ると同時に、1トップを託された男は、ひとりで真っ先にロッカールームへ引き揚げた。数分後に日本協会スタッフに呼び戻され、他の選手と一緒に日本サポーターにあいさつしたが、岡田監督は感情的な振る舞いを問題視。チームを代表して大仁団長が、24歳の新エースに注意を与えた。

2009年まで2年間、武者修行を積んだオランダとの一戦に思い入れを持って臨んだが、これでオレンジ軍団には05年世界ユース選手権(現U-20W杯)、08年北京五輪に続き、世界舞台で3連敗。何もできなかった悔しさが募り、感情をコントロールできなかった。初戦のカメルーン戦では決勝ゴールをたたき込んだが、2戦目は“暴走”。自由気ままな異端児の善しあしの両面が出てしまった格好だ。

今や岡田ジャパンの核になりつつある存在。だからこそ、指揮官は「今は選手もショックを受けていると思う」と心情は理解しながらも、「下を向いている時間はない」と本田に厳しく対処することでチームを引き締めた。その意図はしっかりと伝わっている。

「もっと自分を磨かないといけない」。大一番のデンマーク戦にすべてをぶつける決意の金狼が、今度はピッチの中で暴れまくる。

(産経ニュース)

「ホンダ君」もまだまだ「あんちゃん」なんだな。

団体で戦うスポーツである事を忘れているようです。

異端児扱いであっても、特別扱いは許されないでしょうな。

そうでなきゃ、だたの「あんちゃんの脚蹴り集団」になってしまうよ。

「お~いナカムラ君」もいまいち精彩に欠けるし・・・っていうか「やる気なし」って感じに見えたな。

ちょっと残念なワールドカップ日本代表の一面を見てしまいましたな。

次回に期待ですな。

話は変わるが、ゴルフの「愛ちゃん」はすごいね。

外国に渡ってしばらく結果は出せなかったけど、ここにきて一気に花が開いた感じですな。

結果が出てない頃のインタビューも今のインタビューも受け答えは変わっていません。

これぞプロ!

ワタシ的には「さくらちゃん」が好みですが、「愛ちゃん」も応援してまっせ!!

« 今日は父の日だナイ | トップページ | 菅首相、消費税10%言及の件 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/48683909

この記事へのトラックバック一覧です: サッカーは団体スポーツなり:

« 今日は父の日だナイ | トップページ | 菅首相、消費税10%言及の件 »