« [最低賃金] 12都道府県で生活保護下回る | トップページ | 今週の為替は・・・・・ »

2010年7月17日 (土)

平蔵チャンは平成無責任男だったのか?

竹中平蔵元金融相 盟友・木村剛逮捕に知らぬふり

「答える立場にない」だって

●2人で日本をメタメタにしたクセに

「金融界の寵児(ちょうじ)」ともてはやされた男の末路は何とも惨めだった――。

金融庁の検査を妨害したとして、14日、警視庁に銀行法違反容疑で逮捕された日本振興銀行前会長の木村剛容疑者(48)。

かつて「金融分野では誰にも負けまい」と豪語していたが、すっかりメッキが剥(は)げた。

こんな男が一時でも金融行政の中心にいたなんてゾッとするが、「ブレーン」に据えたのは、竹中平蔵元金融・経済財政担当相(59)である。

「元日銀マンで、一介のコンサルタントに過ぎなかった木村は02年、当時の竹中大臣から『金融再生プログラム』(竹中プラン)を策定する『竹中チーム』のメンバーに起用されたことで一気に注目を集めました。金融庁顧問という肩書を得て、銀行に対して不良債権処理の厳格化を迫った。竹中はこれを全面的にバックアップ。“二人三脚”で金融再編の荒業に突き進んでいきました」(経済ジャーナリスト)

竹中・木村コンビは、経済が下降している中で不良債権処理を強引に進めた。

その結果、債権を安く買い叩いて暴利をむさぼるハゲタカ外資がはびこるようになり、中小企業はメタメタ、失業者が急増する最悪の展開になったのは周知の通りだ。

エコノミストの紺谷典子氏はこう断罪する。

「木村前会長は当時、峠を越えていた銀行の不良債権処理を必要以上に迫り、日本の金融不安を煽りました。このために一体、どれだけの企業が貸し剥がしにあって倒産し、失業者が増える事態に陥ったのか。リーマン・ショックの影響が世界でも少ないといわれる日本がいまだに低迷しているのも、当時のデタラメを引きずっているからです。振興銀行の問題は氷山の一角であり、そんな銀行の開設を認可した金融庁や木村前会長と一体だった竹中氏の責任は大きいでしょう」

いったい、竹中は“盟友”の逮捕についてどう考えているのか。

誰もが気になるところだが、日刊ゲンダイ本紙の質問には事務所が「コメントする立場ではございません」と答えるのみ。

本人は雲隠れしたままだ。

自分が政府の中枢に起用した男が捕まったというのにシラを切る――。

ホントに無責任な男だ。

(ゲンダイネット)

ワタシ達、極小企業経営者にとって一番許せない時代。

いや此の際、人物と言ってもいいでしょう。

小泉・竹中そしてこのクラッシャー木村。

あの時以来、会社経営がどうにも行き詰まって、廃業・倒産に至った同業者は少なくありません。

あの小泉・竹中路線が、再生不可能なほどにニッポンを疲弊させてしまった張本人達なのです。

誰が何と言おうと、極小企業経営の現場にいたワタシは身にしみてわかっているので断言しますわ。

7758 平蔵チャンがこの件につてコメントしないってのはねぇ。。。。

ここ2日ばかり、お中元営業に出ていてネットの出来る環境ではほぼなかったので、今から調べてみますが、『平蔵チャンに平成無責任男』の称号だけは与えたいと思いますな。

« [最低賃金] 12都道府県で生活保護下回る | トップページ | 今週の為替は・・・・・ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/48898895

この記事へのトラックバック一覧です: 平蔵チャンは平成無責任男だったのか?:

» 日本振興銀行事件、側近の部署が債権審査担当やって融資実績を上げていた [国内情勢の金融と政治の現代を喋る]
nbsp;融資実績を形骸化だけして金融業を行うつもりがなかったのかどうかはこれから捜査のメスがによってより実態が明らかにされていくことだろう。手数料収入目的に融資実績だけを積み重ねるなんて酷い話だ。日本振興銀行側だけでなく商工ローンSFCG等もこの甘っちょろいシステムを上手に利用して現金を受け取っていたという。殆どの売却した債権が回収不能に陥るものだったようだし、まあまともな債権は日本振興銀行よりも債権回収のノウハウに長けた自社で回収するはずなので売却するはずはない。もうどうにもなんないも... [続きを読む]

« [最低賃金] 12都道府県で生活保護下回る | トップページ | 今週の為替は・・・・・ »