« やはりニッポンに将来はなかった | トップページ | 日本国内で働く場所が無くなる! »

2010年7月26日 (月)

愛が死す

映画「愛と誠」(1974年)のヒロイン役で知られた元女優の早乙女愛(さおとめ・あい、本名瀬戸口さとみ=せとぐち・さとみ)さんが20日午前3時51分(現地時間)、多臓器不全のため米国シアトルで死去した。

51歳だった。鹿児島県出身。葬儀は近親者で済ませた。

人気劇画「愛と誠」の映画版のヒロインに一般公募で選ばれ、役名と同じ芸名でデビュー。

テレビ、舞台でも活躍した。代表作に映画「北の蛍」「逃走地図」「女猫」、ドラマ「新ハングマン」などがある。

関係者によると、出産を機に女優業を引退し、8年前からシアトルで暮らしていた。

(時事通信)

早い死ですなぁ~

10代の頃、よくお世話になったモンです。

早乙女愛 吹雪ジュン・・・・・・・あの時はありがとうございました。

しかし、残念だな。

ご冥福をお祈りいたします。

合掌

« やはりニッポンに将来はなかった | トップページ | 日本国内で働く場所が無くなる! »

独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/48982044

この記事へのトラックバック一覧です: 愛が死す:

« やはりニッポンに将来はなかった | トップページ | 日本国内で働く場所が無くなる! »